SS速

2ch SSまとめ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


男「お前自分のことSっていうか?普通」

1VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 14:57:30.54 ID:wWSqLof1O
女「いや、だってSだもん」

男「自称Sですか」

女「自称Sとかじゃなくて本当だもん!ひっぱたくぞっ!!」

男「はいはい」

女「むぅ…」





2VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:03:18.48 ID:wWSqLof1O
この話が始まったのは、今日の学校のことだった

幼馴染(>>2の女)「 ねー」

男「ん」

幼馴染「SとかMってなぁにぃ?」

男「うぼぅっ」
男「一体どうした」

幼馴染「女友から聞かれたの。『幼馴染ちゃんはS?M?』て」

男「で?」

幼馴染「よくわかんないけどMって答えた」

男「じゃあMで」


3VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:05:56.59 ID:wWSqLof1O
幼馴染「いや、でもさ」

男「意味がわからないと納得できないのか」

幼馴染「うん」

男「端的に言うと、Sがいじめたい、Mはいじめられたい、て人のこと」

幼馴染「!?いっいじめるって!?」

男「ここは学校だ、ここでは言えん」

幼馴染「む…」



4VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:08:30.34 ID:wWSqLof1O
幼馴染「とりあえずいじめられたくないなぁ…む、むしろいじめたい!!」

男「なんか無理してないか?」

幼馴染「な、なにが?」

男「別にぃ。とりあえずお前はMって答えたんだな」

幼馴染「ちがう!私はS!!絶対S…うん、間違いない」

男「その女友とやらは?」

幼馴染「Sって言ってた」


5VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:11:51.59 ID:wWSqLof1O
男「じゃあその友達とやらに誤解を解いたほうが」

幼馴染「あっうん!ちょっと待ってー!!!」ズダダダダダ

男「あいつがSか…」







男「ねーよwwwww」


6VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:17:04.44 ID:wWSqLof1O
帰り道

男「で?」

幼馴染「うん」
幼馴染「あぁやっぱりって言われた」

男(友達…まぁ付き合いが浅いからな…)

幼馴染「これでわかったでしょ!私はSなんだから!」

男「それを俺の前で証明できる?」

幼馴染「え?」

幼馴染「よっよし!やってやろうじゃん!!今晩男の部屋行くからねー、綺麗にしとけよっ!」

男「えっ」


7VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:27:12.87 ID:wWSqLof1O
男「…掃除はこの前したから別にいいか」
ゴンゴン

男「ん」

幼馴染「」パクパク(開けて)

男「…」ガララッ

男「何をしにきた異国の者よ」

幼馴染「証明しにきたの!」

男「まだ言ってんのか、それで、どうやって証明?」

幼馴染「これ」

男「ん」
男「鞭?お前どこでこれを」

幼馴染「女友ちゃんからもらったー」

男(なんでこんなもん学校にもって来てるんだよ…)


10VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:33:01.98 ID:wWSqLof1O
幼馴染「これでね、人を打って、楽しかったらSなんだって」

男「ほう、だいたい察しがついた。」
男「俺を打つと」

幼馴染「そのとーり!いくよー」
幼馴染「えいっ」
パチッ

幼馴染「痛かった?」
男「いや?全然?」


11VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:36:06.84 ID:wWSqLof1O
幼馴染「これならどうだ!このMめ!!」バチッ

男「痛い!(棒)」

幼馴染「だ、大丈夫!?」

男「…」
男「ちょっと貸しなさい」ヒョイ

幼馴染「あっ」

ビシッ

幼馴染「あぅうッ!!?痛い!!痛いよ!!」

男「その程度でSとは…笑うに笑えんな」

幼馴染「私はSだって!!」

男「出直してきなさい」

幼馴染「うぅ~!」


12VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:40:02.25 ID:wWSqLof1O
翌日
登校中

男「ふぁ~あ…」
バチッ
男「!」

幼馴染「ふっふ~んだ!痛いでしょ!」

男「まだやってたのか」

幼馴染「まだって何!?まだって!私はいつでも…」

男「小学校の時だっけー…お前確か4年生のときに 幼馴染「あーーーッ!!!」

男「ん?」

幼馴染「聞こえなかったなぁ」

男「おやおや」


14VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:43:20.17 ID:wWSqLof1O
学校

パチッ

男「…またか」

幼馴染「帰るわよ!このバカ犬!」

男「バカ犬?」

幼馴染「それそれ!」

パチッバチッ

男「…」ヒョイ

幼馴染「あっ」

ビシィッッ!!

幼馴染「ぁひぃいいっ!!!痛いぃッ!」

男「…お前…いやなんでもない」

幼馴染「うぅ…」


15VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:46:21.60 ID:wWSqLof1O
下校

男「お前、Sの何がいいんだ?」

幼馴染「いじめるところ!」

男「ん?どういう事?」

幼馴染「Mの人を上から見れるっていうか…征服っていうの?」

男(あぁ…)




男(わかってないなぁ、このお嬢さんは)


16VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:48:05.00 ID:wWSqLof1O


男「ん、今日はこないみたいだな」
男「どれ」スッ


男「ん、あいつの部屋の窓になにか貼ってるぞ」

男「『修業中…につき…本日は休…み』」

男「修業とかwwww」


17VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:51:23.87 ID:wWSqLof1O
翌日

男「さぁ昨日はよく眠れたパウレタ」

ビシッ

男「……」

幼馴染「どーだ!!」

男「さ、学校学校」

幼馴染「え…えぇッ!?ちょっと待ってよ!!」


19VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:54:35.22 ID:wWSqLof1O
学校

女友「鞭は飽きた?」

幼馴染「ぜ、全然?楽しいよ?」

女友「あれ?Sなら普通飽きてきそうなもんだけど…」

幼馴染「!う、うん!そ、そういえば飽きたなぁ…」

女友「でしょでしょ!鞭…ときたら言葉責めだよね~」


幼馴染「ことば…ぜめ…?」


21VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 15:57:50.93 ID:wWSqLof1O
男「何故俺にきく」

幼馴染「だ、だってぇ…」

男「…」ニヤ
男「お前本当はSじゃないんじゃね!?」

幼馴染「私はSだってばーーー!!!!」

シー-…ン

クラスメイト「ざわ…ざわ…」

幼馴染「ぁ…ぁぅぅ…///」

男「どんまい」ニヤニヤ


23VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:00:49.39 ID:wWSqLof1O
男「まぁ、言葉責めってのはいわゆるキツイことばだな」

幼馴染「男のバカ!」

男「相手の特徴をなんというか…罵るというか…」

幼馴染「この根暗!!!」

男「そんな感じ」

幼馴染「お前の両親は可哀相だ」

男「そういう心にくるのはやめてくれ」


25VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:03:31.49 ID:wWSqLof1O
帰り道

幼馴染「えへへ、今日はねー」

男「来るのか?」

幼馴染「うんッ!!」

男「そうか…」

幼馴染「ふんだ!Sな私は男を言葉責めしちゃうんだからね」

男「手のうちあかしてどうする」


27VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:07:53.56 ID:wWSqLof1O


男「そろそろ来るか?」
男「あれ、また何か貼ってる」

『バーカ!!根暗!!このドMめ!』

男「そう来たか」シャッ(カーテンを閉める音)



男「…」

ピリラリラリ
男「ん?メール」

FROM:幼馴染

本文:カーテン開けてよ!!


男「…ん、よし!寝るか!」


29VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:13:59.31 ID:wWSqLof1O
翌朝
通学

幼馴染「ねぇねぇ、昨日のアレ、見た?」

男「…」
男「何のことかな?」

幼馴染「昨日カーテン開けてってメールしたのにー!!」

男「ゴメン、寝てた」

幼馴染「むぅ~」


30VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:16:16.16 ID:wWSqLof1O
学校

男友「なぁ、幼馴染ちゃんがSに目覚めたってのは本当か!?」

男「さぁ、どーだか」

男友「くぅ~あんな可愛い子に罵られるなんて男くん幸せ~」

男「おいやめろ」


31VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:20:13.72 ID:wWSqLof1O
女友「ふんふん」

幼馴染「うん…」

女友(あぁ…この子Sに向いてないわ…)

幼馴染「どーしたらいいの!?」

女友「うーん…」

男友「さぁ女友ちゃん!今日も俺に愛の制裁を!」


32VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:22:41.35 ID:wWSqLof1O
女友「今忙しいの」ニヤ

男友「そんな…」

男友「じゃ幼馴染ちゃん!」

幼馴染「こ、このノロマ!」

男友「!!」ズギュウウン

男友「こっこのエアガンで僕を!僕を撃って!!」

幼馴染「…ぁっ」
幼馴染「それだぁ!!」

女友「ッ!?」ビクッ


33VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:24:11.86 ID:wWSqLof1O
帰り道

幼馴染「ふふ~ん」

男「なんかご機嫌だな」

幼馴染「今日こそ私のSっぷりを見せつけてあげるんだから」

男「お前フラグたってるぞ」

幼馴染「?」


34VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:29:31.44 ID:wWSqLof1O


男「今日は何か秘策があるのか」

バッ

幼馴染「手をあげろー!!」

男「何そのエアガン」

幼馴染「男友くんから借りたの!」

男「…」

幼馴染「えーい!」パンパンパンパンパンパンパンパン

男「痛っ(マジで痛い)」

幼馴染「どーだ!私はSなん」

男「やめろってんだ!!」

幼馴染「ぁっ」ビクッ
男「目入った…」

幼馴染「…え…」

男「左目…真っ暗だ…」


35VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:32:18.14 ID:wWSqLof1O
男「左目…もしかして失明した…かも…」

幼馴染「え…?え…?」

男「どうしてくれんだよ…」

幼馴染「え?嘘!?ごめんなさい!!救急車呼ぶね!!」

男「意味ないよ、もう見えないんだもん…」

幼馴染「ご…ごめんなさい…本当に…」グスッ

男「おしおきだな」

幼馴染「…え?」


36VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:36:51.89 ID:wWSqLof1O
幼馴染「おしおきって…?」

男「決まってるだろ?こっちは失明させられてんだ。お前も失明しろとは言わないけど、それ相応の報いはうけてもらう」

男「まず、エアガンを貸せ」

幼馴染「…」スッ

男「手を壁につけ」

幼馴染「ぅぅ…」

男「まず手だな」スッ
幼馴染「え…?」

男「こうやって銃口を直接あてとけば、狙いは外れないな」ピシィッ!!

幼馴染「あぅうう!!!」


37VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:39:30.98 ID:wWSqLof1O
男「痛い?」

幼馴染「痛いよぉ!!だからもうやめて!!」

男「こっちは失明させられたのに…」ピシッビシィッ!
幼馴染「ぅっぅああ!」

男「どれ、もっと強力にしようか」

幼馴染「…!!!」
ビシッ

幼馴染「ひぁああッ!!痛い!!嫌ぁ!!」

男「ほらほら」
ビシビシ


39VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:44:35.25 ID:wWSqLof1O
男(いかん、ここでアクセル全開にするのはもったいないな)

幼馴染「…?」

男「お前に大切な話がある…」

幼馴染「ふ…ふぇぇ…?」

男「実は」

男「目には当たってません!左目健在でございます!」

幼馴染「ぇ…ええ!ッ?」

男(ふ、このまま隠していたら、あいつは罪悪感で大人しくなるからな。確かにMにしたてやすいけど、面白くない)
男(自称Sの幼馴染をMに調教することに意味がある)


41VIPがお送りします[sage]:2010/06/18(金) 16:47:20.15 ID:Ri3YNPyf0
やばいwww調教されたいwww

42VIPがお送りします[sage]:2010/06/18(金) 16:47:27.56 ID:Vcbx3BY30
それは予想外w


43VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:47:44.81 ID:wWSqLof1O
翌朝

幼馴染「むぅ…」

男「あらら、不機嫌だねぇ」

幼馴染「フンッ本気で心配して損した!!」

男「心配してくれてたのか。もしかしてお前、俺のこと…」

幼馴染「し…し、心配もしてない!!!」

男「ところで昨日のおしおきの感想は?」

幼馴染「…さ、最悪!!」

男「そーかそーか」


44VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:52:39.81 ID:wWSqLof1O
学校

後輩「幼馴染せんぱーい!」

幼馴染「あっなに?」

男「この子は?」

幼馴染「私の後輩!いいでしょー!!」

男「いつのまにそんなモン錬成した」

後輩「あの、この前の試合ことなんですけど…」

幼馴染「あ…うん、それはねー!えっとー」



男「なんだ水泳部の後輩か」


46VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 16:56:51.67 ID:wWSqLof1O
後輩「男さん…ですよね」

男「えっ」

後輩「先輩がいつも男さんの話してるので」

幼馴染「あッこら!!!」

後輩「よろしくお願いします」ニコッ

男「うん…」
男「ちょっとこの握り拳の上に手置いてみて」

後輩「?」ガシッ

男(S…ドS…)

男「お前は?」

幼馴染「ん?」ポムッ

男「………」


48VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:01:53.21 ID:wWSqLof1O
帰り道

幼馴染「どーしたのー?今日は静かだね」

男「ん?あぁ」

男(確かに幼馴染という自称SをMにするのは楽しみだ…だが)
男(それはあくまでも自称、真のSには及ばない)
男(あの後輩は真のドSみたいだけど…ん!?)
男(もしかしてそのドSの子を調教したらスゲー楽しいんじゃね!?)
男(幼馴染とくらべて骨がありそうだけど、やりがいはあるな)

幼馴染「今日、男ホンットに静かだよねー」


49VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:04:37.12 ID:wWSqLof1O


男「ん…今日は来ないみたいだな」

男「まぁ、昨日の今日だからな、冗談だったとはいえ反省しているはず」

ピンポーン

男「はーい」ガチャ

幼馴染「鍵…学校に忘れちゃった…」

男「はい?」


50VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:07:02.17 ID:wWSqLof1O
男「おじさんとおばさんは?」

幼馴染「海外旅行…」

男「なんと」

男「うちは熱海だ」

幼馴染「!?」

男「まぁ仕方ない、晩飯たべたのか?」

幼馴染「まだ…」

男「よし、ちょっと待ってろ」

幼馴染「え…」


51VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:09:32.05 ID:wWSqLof1O
幼馴染「ごちそうさま!男って料理もできたんだ!」

男「今更すぎる」

幼馴染「待って!食器洗いは私がやるよ」

男「ん?」

幼馴染「…せめてそれぐらいはさせてよ?」

男「わかった。じゃ、風呂いれてくるから、食器はまかせた」

幼馴染「うん」


52VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:11:09.81 ID:wWSqLof1O
男「風呂わいたぞ、入りなさい」

幼馴染「いいの?先入っても」

男「客を先に入れるのがマナーだ」


53VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:14:10.76 ID:wWSqLof1O
風呂

幼馴染「男んちの風呂入るの、久しぶりだなぁー」パシャッ

幼馴染「昔はよくここに泊まってたから、あんまり気をつかわなかったけど」チャプ…

幼馴染「ここでよく男と洗いっこしたなー」チャプ…

幼馴染「…洗いっ……こ…///」

幼馴染「………///」ブクブクブクブク


54VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:16:28.39 ID:wWSqLof1O
男「さて、寝るか、こんな事もあろうかと布団も実は用意していた」

幼馴染「ふぁあーあ」

男「電気消すぞ」
フッ



男「…」
幼馴染「…」


55VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:19:40.92 ID:wWSqLof1O
男「…なぁ…」

幼馴染「なーに?」

男「お前…実はMだよな…」

幼馴染「なっ!?私はSなの!」

男「でも本当は?」

幼馴染「Sだよ…絶対…」

男「フフ、この意地っ張りめ」

幼馴染「ちがうのーーー!!」


56VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:20:43.65 ID:wWSqLof1O
翌朝

男「まるで寝れんかった…」

幼馴染「…うん…」

男「学校いくぞ…ふぁあーあ」

幼馴染「ふぁあーあ」


58VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:23:42.20 ID:wWSqLof1O
学校

男友「なん…だと…?」

男「あぁ」

男友「幼馴染ちゃんが家に泊まったとか死ね」

男「いや」

男友「死ね」

男「いや」




男友「あ…あのさぁ…」

男「ん」

男友「ヤ…ヤッたの?」

男「死ね」


59VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 17:26:25.12 ID:wWSqLof1O
女友「なん…だと…?」

幼馴染「うん…」

女友「まだSとか言ってんのアンタ」

幼馴染「だ、だって!」

女友「ふぅ…仕方ない、教えよう!放置プレイを!!」

幼馴染「ほーちぷれい!」

女友「無視と解釈せよ。若干ちがうけど」

幼馴染「うん」


70チビッコ疲れて寝た[]:2010/06/18(金) 20:35:11.49 ID:wWSqLof1O
帰り道

男「今日は鍵もってきたか?」

幼馴染「…」シ、シレッ

男「聞いてる?」

幼馴染「…」プイッ

男「おーい」

幼馴染「…」

男(は、いっちょ前に放置か)

幼馴染「…」

男「脇腹がおるすだぜ」チョン

幼馴染「ひぁうッ!?」ビクンッ

男「アウト」

幼馴染「こ、このぉ~」


71VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 20:38:31.38 ID:wWSqLof1O


ピピ

FROM:XXXXXX@XX.jp

本文:後輩です!男友さんからメアド教えてもらいました!突然ですがよろしくおねがいしますっ!!

男「お」

男「これは…」

男「なんて返したらいいのかわからん」


72VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 20:42:15.84 ID:wWSqLof1O
ガララッ

幼馴染「きたよ」

男「きたか」

幼馴染「ん?何してるの?」

男「あぁ、後輩からメールが来た」

幼馴染「えっ…」

男「彼女はSだからな、気があいそうだ」

幼馴染「わ、私だってSだよっ!」

男「あ、すまん、言い間違えた。彼女はMだから、ホラ、SとMでピッタリじゃん。気があいそうだな」

男「お前はSって言うからなぁ…」

幼馴染「ぅ…ぅう~」


73VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 20:45:17.20 ID:wWSqLof1O
男(さぁ、どうする?)

幼馴染「わ、私だって…!」

男(M発言か!?)

幼馴染「私だって後輩ちゃんと気があうもん!!」

男(そうきたか!…ん?)

幼馴染…M?
後輩…ドS

男「あぁ…そうだな、その通りだよ…」

幼馴染「でしょ?」


74VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 20:48:33.08 ID:wWSqLof1O
翌朝

幼馴染「昨日後輩ちゃんとどんなメールしたの?」

男「…刺激が強すぎて言えん」ニヤッ

幼馴染「え?え!?」

男「教えて欲しい?どうしても教えて欲しい?」

幼馴染「ぅ…」

男「まぁMなら『教えてくださいっ!』ていいそうだけどな」

幼馴染「う…やっぱりいらない…ッ!」


75VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 20:53:49.56 ID:wWSqLof1O
学校

後輩「あ、男さん」

男「あ」

後輩「昨日は挨拶だけでメール終わっちゃったんですけどね」

男「そーだね」

後輩「ところで、突然なんですけど…」

男「ん?」

後輩「お、幼馴染先輩のこと…どう思ってるんですか…?///」

男「えっ」


76VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:00:19.17 ID:wWSqLof1O
男「べっ別にただの友達だけど…///」

後輩「そういうのじゃなくて」

男「へ?」

後輩「幼馴染先輩ってSっぽく振る舞ってるけど」

後輩「M入ってますよね」

男「そこに気付くとは…やはりドSか…」


77VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:07:10.04 ID:wWSqLof1O
後輩「ですよね」

男「あぁ」

男「ちなみに君は?」

後輩「さぁ?どっちでしょう?」

男「あぁSか」

後輩「よくわかりましたね」

男「同業者だからな」


78VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:09:42.53 ID:wWSqLof1O
帰り道

男(そろそろ行動を起こしたいなぁ)

男「なぁ」

幼馴染「なぁに?」

男「今日、俺の部屋来ない?」

幼馴染「なっ…///」

男「いや、変な意味じゃなくて、後輩のことだよ」

幼馴染「後輩ちゃん?」

男「とりあえずここじゃ話せない」


79VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:14:44.26 ID:wWSqLof1O
部屋

幼馴染「で、何?」

男「実は、昨日あんなこと言ったけど…」

幼馴染「あんなこと?」

男「実は俺、Mなんだ!!」

幼馴染「!?」

男「だから…遊ぼうか」

幼馴染「遊…ぶ…?」

男「うん、まぁ、幼馴染はやるよな、なんてったってSだもんな!」

幼馴染「う、うん!Sだからいじめてやる!!」

男「」ニヤ


80VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:17:20.15 ID:wWSqLof1O
男「まずはこの俺の足を鞭でぶってくれ」

幼馴染「こ…こう?」
バチンッ

男「違う違う貸してみ」ヒョイ

幼馴染「あっ」

男「こうするんだ」
バシンッ

幼馴染「ぅああ!?痛ぁいぃ!!!」

男「」ニヤニヤ


84VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:21:56.81 ID:wWSqLof1O
幼馴染「痛いよぉ…」

男「今の要領でもう一度」

幼馴染「…」
幼馴染「えいっ!」
バチッ

男「だから違うってこうだって」
ビシィッ!!

幼馴染「ぁはあっ!!痛いいぃ…!!」


86VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:24:52.30 ID:wWSqLof1O
幼馴染「ぅ…ぅぅぅ…」

男「じゃあ今度は尻を打ってみて」

幼馴染「…!」
幼馴染「こ、このぉッ!!!」

バチンッ!

男「…」
男「いまいちだな」
男「こうだよ、何度も言わせないでくれよ」

パチィインッ!!

幼馴染「ぁあいやあああッ!!!お尻痛いよぉぉッ!!!」


89VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:28:14.33 ID:wWSqLof1O
幼馴染「ぁぅ…あぅぅ…」ヒクヒク

男「あれ?どうした?」

幼馴染「痛いの…痛くて動けないのぉ…」

男「仕方ないなぁ、じゃ、俺がお手本見せてあげるから、しっかり学ぶんだぞ?」

幼馴染「え…?え…?」ドキッ


92VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:30:45.39 ID:wWSqLof1O
男「まず四つん這いになって」

幼馴染「え…」

男「…」

バチンッ

幼馴染「ひぐっ!!ぅ…」スッ

男「そうそう、お前はSだからな。しっかり学ばないとな」

幼馴染「うぅ…本当にこれでいいのぉ…?」

男「あぁ、大丈夫だ」


95VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:34:19.47 ID:wWSqLof1O
男「まずはさっきみたいに脚からな」

幼馴染「ぁ…ぁ…」フルフル

バチッ!

幼馴染「あぅッ!!」

男「どう?」

幼馴染「痛いぃ…」

男「次は尻だ。ほら、突き出せ」

幼馴染「ぁぅ…」グイッ…

バチィンッ!!

幼馴染「んぁああッ!!!」

男「どうだ?」

幼馴染「痛いよぉ…もう、もう覚えたからやめてぇ…」


98VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:38:03.27 ID:wWSqLof1O
男「やめて欲しい?」

幼馴染「う…うん…」

男「そうだなぁ…」
男「『私はMです』って言ったらいいよ」

幼馴染「えっ…」

男「どうする?」

幼馴染「私は…Sだもん、Mじゃないもん!」

男「そうか、じゃあ仕方ない、鞭行くぞ」スッ…

幼馴染「いや!それはいや!!」

男「じゃあどうする?」

幼馴染「………」




幼馴染「私は…Mですっ…!」


99VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:40:27.60 ID:wWSqLof1O
翌朝

男「ようM」

幼馴染「ち、ちがうもん!男に無理矢理言わされたからだもん!!」

男「はは、まぁそういう事にしておこう」

幼馴染「本当だよっ!」


103VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:44:17.32 ID:wWSqLof1O
学校

男「ふぁああーあ」

ドンッ

男「おっと、すみません」

お嬢様「いえ…」

男「あっ」

お嬢様「はい」

男(通称お嬢様!しかしその高貴な出で立ちとは裏腹に…)

お嬢様「もう少し強くぶつかってくださったらよかったのに…」

男(ドMなことで有名なんだ)


106VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:48:36.91 ID:wWSqLof1O
お嬢様「今からでも遅くないです!『いってーなブス』とか…」

男「もはやただの変態じゃねぇか」

お嬢様「変…態…」ドキンッ

男「あ、つい口をついて」

お嬢様「私…貴方のお近づきになってもいいですか…?」

男「変態だから駄目だ(本音)」

お嬢様「はぁぅう…」

お嬢様「もう駄目…ヤミツキになりそう…」


109VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:55:06.42 ID:wWSqLof1O
男「こい、もっといい場所につれてってやる」
男(始めからMの奴に興味はない!ガンプラの完成品に価値はない!作る過程が1番なんだ!)



後輩「あ」

男「おす」

後輩「この人は…?」

男「あぁ、ドMで有名なお嬢様だ」

後輩「私、出来合いの人に興味ないです」プイッ

男「後輩に放置か」

お嬢様「それはそれで…」ゾクゾク


112VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 21:57:38.38 ID:wWSqLof1O
幼馴染「あ…」

男「ん」

お嬢様「…」

お嬢様「貴方…私と同じ臭いがします」

幼馴染「だっ誰が!!」

男「まぁな、自称Sから自称Mになったからな」

幼馴染「だからあれは…!!」

男「まぁ、いいや行こう」

お嬢様「はい」


113VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:00:37.42 ID:wWSqLof1O
男「ここだ」

お嬢様「体育倉庫…?てことは…!」ドキンッ

男「おっと昼休み終わっちまう!授業だ授業」ニヤ

お嬢様「え…」

男「悪いな、時間がない」

お嬢様「ぁうぅ…」

男「まぁ今日会ったのも何かの縁だ、よろしく」

お嬢様「はいっ」


114VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:14:24.15 ID:wWSqLof1O
授業中

後輩「はぁー男さんかぁー…」

後輩「幼馴染先輩の様子からして、最近始めたんだろーなぁ…」

後輩「いいなぁ、参加したいなぁ」

後輩「私が男さんを調教…なんちゃって」

後輩「…」ウズウズ


115VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:16:46.44 ID:wWSqLof1O
帰り道

男「今日も来る?」

幼馴染「いやっ!」

男「昨日せっかく学んだのになぁーこのままだとMのレッテルを貼られたままなのになぁ」

幼馴染「上等だッ!!」

男「お前が単純な人間で嬉しいよ」


116VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:23:49.20 ID:wWSqLof1O
部屋

男「入りなさい」

幼馴染「…」

ビシィッ

幼馴染「あぁう!?」

男「お茶くらい出すよ」

幼馴染「…」



男「さ、始めるか」

幼馴染「また…私を打つの?」

男「え?てっきりお前が打つもんだと…仕方ない、そこまで打って欲しいなら仕方ないな」

幼馴染「ぇ?え!?違う!そんなつもりじゃないよぉ!!」


118VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:28:48.31 ID:wWSqLof1O
男「四つん這い」

幼馴染「もうやだぁ…」

男「四つん這い」

幼馴染「うぅ…」スッ

バチッ

幼馴染「んぅッ!!」

男「声、出していいよ。ドM」

幼馴染「ちっ違っ」
バチンッ

幼馴染「ふぁあああっ!!!」


119VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:35:33.57 ID:wWSqLof1O
男「お前、目がトローンってなってるぞ?本当は気持ちよかったり?」

幼馴染「ッ!」パチッ

男「ははっ、健気だねぇ」

バチィンッ!

幼馴染「あふぅう!!」

幼馴染「ふ…ふぇえ…」トロ-ン…

男「ほらほらまただぞ」

幼馴染「ぅ…ぅぁあ…」


120VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:35:57.31 ID:wWSqLof1O
男「ほら、次尻に打つぞ」ピトッ…

幼馴染「ぇ…」

男「しかも次はフルスイングだ。お前の尻、もう真っ赤だけどどうなるんだろな」

幼馴染「いやぁ…」

男「痛そうだな」

幼馴染「いやぁあああッ!!」

男「そうか」
男「そんなに嫌ならやめておこう…」

幼馴染「ぇ…」

男「これにて終了だ」

幼馴染「ぁ…あぅぅ…」ムズムズ


124VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:48:13.22 ID:wWSqLof1O
幼馴染「うぅ…」ウズウズ

男「…」
男「して欲しいの?」

幼馴染「ぅ…」
幼馴染「そっそんなことな
バッチィイインッ!!!!

幼馴染「あぁああッ!!!!!」

幼馴染「あっあーっ!あーッ!!ひぁあああ…!!」フーッフーッ

男「どう?」

幼馴染「あ…ぁあぁ…」


126VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:51:45.80 ID:wWSqLof1O
男「どれ」

スリスリ

幼馴染「あッ!?」ピクンッ

男「なんだこれ、パンツごしてもわかるくらい濡れてるじゃん、しかも鞭すりつけただけでこの反応か」

幼馴染「ぅ…んふぅ…ぁっ」ピクッピクッ

男「とんだ変態だね」

幼馴染「あ…ぁあ…」


127VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 22:55:12.74 ID:wWSqLof1O
幼馴染「もう…だめぇ…これ以上はだめなのぉ…」

男「なんで?」

幼馴染「だってぇ…」

男「こっちと」クチュクチュ
男「こっち」バチンッ!

幼馴染「ひぐっ!」

男「どっちが気持ちいい?」

幼馴染「どっちも気持ちよくなんて…

男「ど っ ち が 気 持 ち い い ?」

幼馴染「あぅ…あぁ…」





幼馴染「お尻…です…」


128VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:02:18.11 ID:wWSqLof1O
男「今なんて?」

幼馴染「お尻…」

男「何?きこえない。どこをどうして欲しいって」

幼馴染「………いじわるぅ…」

幼馴染「お尻を…もっとビシバシたたいてぇ…」

男「…」
男「えーめんどくさい」

幼馴染「うぅ…」

幼馴染「Mでいいからぁ」

男「Mでいい?違うだろ。お前はSの筈だけど。自分で言ってたもんな」

幼馴染「違うのぉ!!Mなの!Sじゃな
ビシイッ!!

幼馴染「ふぁああッ!!」


129VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:05:44.63 ID:wWSqLof1O
翌朝

男「ようドM」

幼馴染「…ぅぅ…」


130VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:09:17.47 ID:wWSqLof1O
学校

お嬢様「あら」

男「あ、お嬢、実は頼みたいことがある。」

お嬢様「なんですの?」

男「かくかくしかじか」

お嬢様「わかりましたわ」

男「さんきゅ」


132VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:15:36.24 ID:wWSqLof1O
女友「やっぱり調教されたのか」

幼馴染「…ぅん」

女友「相手が悪かったわねーでももともとMっぽかったしいいじゃない」

幼馴染「違うもん!Mなのは、男の前だけだもん!!」

女友「それ」ツーッ

幼馴染「ひぁうッ!!!」

女友「確定ね」


134VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:17:22.23 ID:wWSqLof1O
後輩「そうなんですか」

男「あぁ、ミッションコンプリートだ」

後輩「なんかつまんなくなっちゃったなー」

後輩(次は貴方の番ですよ…男さん)

後輩「うふふっ」

男「?」


136お、俺はSなんだからっ![]:2010/06/18(金) 23:23:52.81 ID:wWSqLof1O
体育

教師「よし、今日はここまで!解散」

男「んだよ校庭10週てなんだよマラソンかよ」ゼェ…ゼェ…

後輩「はい」つスポドリ

男「え?なんで君がここに?」

後輩「もう休み時間ですよ?」

男「なんだと」

男「とりあえずありがと」ゴクゴク

後輩「…」ニコニコ

男「うーん、あれ…疲れで…意識…が…」
ドサ

後輩「…」ニヤニヤ


139VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:26:57.28 ID:wWSqLof1O
廃校舎

男「む…」
男「ぬ」

後輩「無理ですよぉ~その拘束、すっごい固いですからッ!」

男「旧校舎か…」

後輩「ビンゴ!男さんも素敵なドSだったけど」

男「おい何するつもりだ、俺のチャック下ろすな」

後輩「もうすぐMになっちゃうんですよねー」

男「おい」


142VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:30:12.35 ID:wWSqLof1O
後輩「でもですね?そんなSな人を調教するのもいいかなーって」ジーーコ

男「チャック閉めろ」

後輩「スミマセン!こればっかりは我慢できないの…」


146VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:33:13.98 ID:wWSqLof1O
後輩「私…胸…けっこう大きいでしょ?」

男「おいまさか」

後輩「これを…ここに挟んで…と」

男「っ」

後輩「ほらほら」ムニュムニュ

男「くっ…」

後輩「どんどん大きくなってますよ?どうしたんですかぁ?ウフフ」ムニュムニュ


148VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:38:29.08 ID:wWSqLof1O
後輩「どう?気持ちいいですかぁ?」ムニュムニュ

男「あぁ、気持ちいい」

後輩「やけに素直ですね…うふふ、じゃあ先っちょ舐めて…と」チロチロ

男「う」

後輩「ん…はぁ…じゅる…んむ…じゅるじゅる…」ムニュムニュ

男「あ」

ビュッ

後輩「あぅッ!あ…」
後輩「いっぱい出しましたね…でもこれだけじゃ終わりませんから…」

男「あぁ、ここからは俺のターンだ」

後輩「へ?」

男「入ってこい」

SP「イエッサー!」ダダダダ


150VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:43:48.65 ID:wWSqLof1O
SP「動くな!」

後輩「なっ…」

男「お嬢様に頼んでお前を監視してもらっていた、まさかこんなに早く動きだすとはな」

男「しってるか?俺はお嬢様と仲がいいんだ」

後輩「私を…どうするつもりですか…?」

男「SP、この子を屋敷の『例の部屋』へ」

SP「イエッサー!」

後輩「いや!離して!!」

男「仕方ない、この子の持ってた睡眠薬使って」

後輩「あ…ぅ…」ガクッ


152VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:48:04.64 ID:wWSqLof1O
『例の部屋』

後輩「…ッ!」

男「やぁ、おはよう」

後輩「…!?何!?この格好…」

男「あぁ、今から君にはMになってもらうから、M字開脚で拘束なんてどうかなーって」

後輩「っ…」
後輩「いいんですか?こんな事をして、もし法にふれたら…」

男「あれ?数時間前に俺にしたことは?」

後輩「…っ…!!」
男「今からおしおきだ。この『調教部屋』でな」


153VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:52:43.75 ID:wWSqLof1O
男「といっても始めからMっ気のあった幼馴染とは違って根っからのSの君には、始めから鞭打ちでは効果が薄い」

男「そこでだ、君が俺に使った快感責めは非常に有効であった」

後輩「っ」

男「もうわかるな、特殊ローションの準備を」

後輩「いや…いやっ!!!」

男「ローション投下」トロォーン

後輩「ぁ…ぅ…」


154VIPがお送りします[]:2010/06/18(金) 23:55:03.84 ID:wWSqLof1O
後輩「ん…ぁっ」

男「ほらほら」ヌルヌル

後輩「んぁっ…くぅ…」
後輩(なんか変…いきなりこんなになるの…おかしいよ…)

男(このローションはビヤク入りだからな、楽C嬉P)


155VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:00:17.60 ID:wWSqLof1O
後輩「くぅ…やめ…て…」ビク…ビクッ…

男「よし、塗り終えたな」

男「じゃあ今度はバイブで胸を」

ヴヴヴヴヴヴ

後輩「うぁあっ…ふぅうい…」

男「大きいのになぁ、こんなに遊ばれて、気持ちよくなっちゃって」

後輩「き、気持ちよくなんて…」

男「知ってるか?」

後輩「ッ…っ…?」

男「Sが過ぎる人は、その反動でMになりやすいって話だぞ?」

後輩「…!!」


157VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:05:27.87 ID:YKREuO5gO
後輩「ぁはぁあ…」

男「気持ちいいか気持ちいいか」

後輩「くぅう…」

男「それ」コリッ

後輩「んあっ!!?」ビクンッ!

男「さて、このてっぺんの豆をいじるとどうなるのかな?」

後輩「ぁあ…いやぁ」

男「さて」コリコリコリコリ

後輩「あッだめぇぇえッ!!ひぁああッ!!」

コリコリコリ…

後輩「あぅ!も、もうだめ!ぁっ…あっ…」ヒクッ…ヒクッ…

男「…」ピタッ

後輩「あ…ぅう…」

男「そう簡単にイカせて貰えるとでも?」


158VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:10:36.51 ID:YKREuO5gO
男「次は下だな」

後輩「ぅ…ぁ…」

男「どれ」ズリッ…

男「おい、もう既に洪水じゃねぇか」

男「ここでイかせてやる代わりに」

男「おい、もっと開かせろ」

ウィイイン

後輩「あ…あっ!?駄目!!開いちゃ駄目ェ!!!」


160VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:13:10.20 ID:YKREuO5gO
男「そして」
ガチャガチャ

男「十数台のカメラでお前を撮る」

後輩「…!?」

男「もちろんアップで」

後輩「いっいやッ!!」

男「まぁ楽しめ」

ヴイイイイイインッ!!

後輩「ふぁあああ!!駄目!駄目ェエえエえ!!」ビクビクビク


161VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:18:35.19 ID:YKREuO5gO
男「イク直前に知らせてくれれば止めてやらんでもない」

後輩「あはぁあッ!あぅ…あっ」

男「プライドが許さんだろうが、絶頂を撮られる方が屈辱な筈だ」

後輩「…ぁっはっぁあ…!」

男「どうする」カチッ小→中

ビィイインッ
後輩「ひぁああッ!!もうだめ!イク!!イクから止めてぇええ!!!」

男「そうか」カチッ中→強

ヴイイイイイイイイイイッ!!!

後輩「アハァアアッ!!!あぁっ!あァアあーーーーッ!!!」ビクビクップシャァアアッ


163VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:20:52.55 ID:YKREuO5gO
後輩「ぁ…ぁぁぁ…」ピクン…ピクン…

パシャパシャパシャパシャパシャ……

男「撮られてるぞ」

後輩「いやぁ…撮らないでぇぇ……」

男「まだだ、まだ終わらんよ…!」

後輩「あぅ…いやぁあ…!」


166VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:26:26.63 ID:YKREuO5gO
男「次は放置だ」

後輩「え…」

男「ここに鏡とカメラだけを置いて、俺は出ていく」

後輩「…」

男「ただし」
男「3ヶ所にバイブ固定、そして俺は一時間後に戻る」

後輩「いやっ…いやぁっ!!」

カチッ
ビイイイイイイイッ!!
後輩「ふぁああああッ!!」

男「アディオス」ガチャ…バタン

後輩「あはぁあああッ!!!」ビクビク


167VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:30:31.92 ID:YKREuO5gO
一時間後

男「やぁ」

ビイイイイイイッ

後輩「…ッ…ッッ…ッッ…」ビクンッビクンッ

男「あらら、失神してるな」

男「起きなさい」

後輩「ん…ふぁあんッ…!」

男「まぁ、潮もさんざん吹いたみたいだし!水でも飲め」

後輩「ん…ごきゅ…ごきゅ…」

男「まぁ、ただの水だったらの話だけど」


168VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:35:54.71 ID:YKREuO5gO
後輩「ふぁ!?」ビク

男「どうした」

後輩「ト…トイレに行かせて…くださいぃ!!」

男「いーじゃん、ここですれば」

後輩「そっ…そんなのって…」

男(まぁあの水には利尿作用の薬があったけどな)

男「出ないのなら手伝ってあげよう」クチュクチュ

後輩「いやああ!触らないで!漏れちゃううう!!」

男「カメラの前でお漏らし?恥ずかしいね」

後輩「いやああ!出ちゃう!!出ちゃうーーーーッ!!!」

チョロ…チョロチョロ…
後輩「あっ…あっあっ…あっ…」ブルブル
男「カメラの前でやっちゃったね」


170VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:38:26.72 ID:YKREuO5gO
男「恥ずかしいね」

後輩「ぁう…う…」

男「これから一週間、君を調教する」


171VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:40:56.54 ID:YKREuO5gO
男「まぁ、今日までSでいられるかどうかだけど」

後輩「もう、やめてぇ…」

男「そろそろだな」
男「SP、この子を四つん這いに拘束して」

SP「イエッサー!」


174VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:46:23.81 ID:YKREuO5gO
後輩「ぁ…ああ…」

男「さ、胸、前ときたら次はお尻だね」

後輩「ぁ…ひぃあ…」

男「入れるよ」

ズッ…ズッ…

後輩「ああッ!?痛い!!抜いてーーーッ!!!」

男「大丈夫、これが気持ちよくなったら、君も晴れてMの仲間いりだから」

男「次は前に同時に」

ジュプッ

後輩「くぅううんッ!!」

男「ほら、前後で見事にくわえこんだね」

後輩「ぁ…あああ…」

男「君Sだったっけ?Sはこんな恥ずかしいことしないよね?ね?」


175VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:50:39.02 ID:YKREuO5gO
ビシィッ!!

後輩「あうう!!!?」

男「痛い?気持ちいい?」

後輩「いたい!!お願いします!もう、やめてぇ!」

男「尻と前に二本突っ込まれてる奴がそんなこと言っても喜んでるようにしか見えないな」

ビシィイッ!!!

後輩「ふぁっ!!痛いよぉぉお!!!」


176VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:54:14.05 ID:YKREuO5gO
一週間後

ビシィッ!!
男「どうだ」

後輩「気持ち…いぃ…もっと、もっと欲しいのぉ…」ブルブル

後輩「ぁぁ…早く私のココをぐちゃぐちゃにかき回して下さぁい…もう我慢できないのぉ…」

男「悪いな、今日は疲れたからここでやめておくよ」

後輩「ぁ…あはぁ…気持ちのいっぱいぃ…あぅ…」


おしまい


177VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 00:56:10.26 ID:mYu8VbgF0
あれ?
お嬢が後輩を攻めるシーンは???


198VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 08:42:35.93 ID:YKREuO5gO
男「修学旅行?」

幼馴染「うん」

男「そういえば、すっかり忘れていたぜ」

男友「いやぁ、楽しみですなぁ」

男「お前が言うとマトモな意味に感じられない」

男「…」




男「楽しみだなぁ」


200VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 08:45:48.80 ID:YKREuO5gO
女友「まぁ、修学旅行はけっこう雰囲気が大事だからねー」

男友「なるほど、ここで男女のカッポゥがたくさんできるわけか!」

男「カッポゥってなんだよ発音上手くねぇよ」

幼馴染(へぇ…カップルができるんだぁ…)


202VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 08:50:14.60 ID:YKREuO5gO
2週間後

男「さて、そろそろ集合場所にいくか」

幼馴染「うんっ!」

道中

男「ふぁあーあ」テクテク

幼馴染「…」テクテク
幼馴染「あっあのさ!」

男「ん」

幼馴染「こうやって並んでると、そ、その、カッ、カップルみたいだよね」

男「そーですねー(棒)」

幼馴染「むぅう~…」


203VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 08:53:45.55 ID:YKREuO5gO
飛行機

男「なぁ」

女友「ん?」

男「お前のことだ、なんか道具持ってるだろ?鞭とか」

男「俺忘れちゃってさぁ」

女友「向こうで木刀買えばいいかもネ!」

男「なるほど、木刀か」


男「いいなそれ…」ゾクゾク


206VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 08:57:27.42 ID:YKREuO5gO
現地

男「着いたな」

幼馴染「うわぁ~楽しそうだね~ッ!」

男「後輩がいないのが少し残念だが、まぁいいか」

お嬢様「男さ~ん…」スリスリ

男「あぁよかったお前がいたか」

幼馴染「ぅ…」


207VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:00:40.35 ID:YKREuO5gO


男友「海でございます」ムクムク

男「ムクムクってなんだよ、自粛しろ」

男友「安心しろ、俺はちゃんと双眼鏡を持ってきた」

男「くだらねぇ」

女「ワ-キャピキャピ」

男「…」

男友「うぉぉ~いいねぇ水着は」

男「…」



男「ちょっと双眼鏡買ってくる」


208VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:04:20.55 ID:YKREuO5gO
男「ん…」

男友「ぉぉ…」

男友「幼馴染ちゃんってあぁ見えて結構スゴイ体してんのな」

男「あぁ、お嬢様に負けず劣らずだな」

男友「味見したの?」

男「味見というほどでもないけどな」

男友「お前はもう死ねばいいのに」

男「いや」


209VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:09:26.32 ID:YKREuO5gO
夕食

男(お嬢様はもはや完璧に完成されたMだけど)パクパク

男(幼馴染は『私Sだよ!』から『私もしかしたらMかも…』になった程度だからな)

男(この修学旅行で『私はドMなのぉ!』にしたてあげてやるか)

男友「お前飯食ってる時静かとか…育ちいいよな」

男「そ…そう?」テレッ


212VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:15:27.12 ID:YKREuO5gO
男「俺たちの部屋はここか」

男友「くっ…『はーい、部屋割り決めてー!』て言われたときの絶望感ときたら…」

男「お前だけだ」

男友「くっそぉぉぉ」

男「今日は疲れたからな、明日のために寝るか」

クラスメイト男「あぁ、そうだな」


213VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:20:55.67 ID:YKREuO5gO
幼馴染(カップルか…)
幼馴染(男…)
幼馴染(よし!善は急げだ!)

幼馴染「ちょっとトイレいってくるね!」

女友「待ちな!!」ガシッ

幼馴染「わわっ」

女友「男に告白する前に、ちゃんと自分で白黒つけなきゃならないんじゃないの?」

幼馴染「?」

女友「自分がSかMか」

幼馴染「な、なんでそーなるの!?」

女友「大丈夫手伝ってあげるから…なぁ皆!」

クラスメイト女「オーーッ!」


214VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:26:54.55 ID:YKREuO5gO
幼馴染「私は…男にだけM…かもしれなくて、他の人にはSだもん!!」

女友「なぁ、どう思う?」

クラスメイト女「いけないと思います!!」

女友「らしいです」

幼馴染「本当だもん」

女友「よし、確かめてやろう」

幼馴染「離して、離してーー!!」


215VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:34:22.93 ID:eP/IBHdF0
すばらしい


216VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:34:39.82 ID:YKREuO5gO
女友「暴れるといけないからな、縛ろう」ギュッ

幼馴染「だ、ダメ…ッ」ギシギシ

女友「さぁどこを責めよう」

女友「じゃ、まず蝋燭だな。そこの鞄とって」

クラスメイト女「はいよ」

クラスメイト女「床に落ちるといけないから新聞紙ひいてっ…と」

女友「ごくろう」シュボッ…

幼馴染「え…?え…?」


217VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:43:12.31 ID:YKREuO5gO
女友「ほぉーら」
ドロ…

幼馴染「え!?ウソッ!?嘘だよね!?」

女友「ほれほれ」

ドロォ…

幼馴染「いやっいやああ!!」

ポタッ

幼馴染「んぁああっ!!熱い!熱いよぉぉーッ!!」

女友「声大きいよ。誰か来るかもね。それがもし男だったら」
女友「幼馴染のこんな変態な格好みてどう思うかなぁ」

幼馴染「む…んむぅ…」

ポタッ

幼馴染「んぐぅうッ!!」


220VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:48:45.21 ID:YKREuO5gO
幼馴染「はぁ、はぁ…」
幼馴染「もうだめ、許してぇ…」

女友「おおう…」ゾクゾク

ポタッ

幼馴染「んぁあッ!!熱いよぉぉ!!」

女友「じゃここはどうかな?」

幼馴染「いや…パンツずらしちゃ…」

トロ…
幼馴染「ぁ…」

女友「なんでこんなにトロトロになってんの?熱くて痛いことしかしてないのに…」


221VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 09:55:14.03 ID:YKREuO5gO
女友「幼馴染って、相当な変態さんだネ」

幼馴染「ちっ違っ」

女友「なにが違うって?」クチュクチュ

幼馴染「はっはうぅぅッ……!!」ピクッピクッ

女友「ほら、やっぱり」クチュクチュクチュクチュ

幼馴染「ぁ…んはぁあッ……んっあっ…」ヒクッ…ヒクッ…


222VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 10:05:35.67 ID:YKREuO5gO
女友「そうだ写真撮ろう」

クラスメイト女「はい」つカメラ

幼馴染「いや…撮らないで!」

女友「そうだこの紙も貼ろう。『私はドMの変態のメスです。もっといじめてください』…と」

女友「ペタっとな」

幼馴染「ぅ…うぅ…」

女友「大丈夫、他の奴に見せたらお前、洒落にならないからな」

幼馴染「…」ホッ

女友「男だけに見せるよ」

幼馴染「いやっ!!それだけは!それだけはいやああ!!」

パシャッ

幼馴染「いやああッ……」


223VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 10:15:08.14 ID:YKREuO5gO
女友「大丈夫、しっかりイかせてあげるから」

幼馴染「ぇ…いやぁ…」

女友「それそれ」クチュクチュクチュクチュ

幼馴染「んぁッ!ダメ!!ダメェエっ!!」

女友「あれ?男以外にはSだったんじゃないの?」クチュクチュクチュ

幼馴染「んはぁあ!!ダメ!!もうダメ!!」ヒクッヒク

女友「おっと」ピタッ

幼馴染「ぇ…」ヒクヒク


225VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 10:25:25.22 ID:YKREuO5gO
女友「さ、明日も早い!寝よ!」

クラスメイト女「おやすみー」

幼馴染「え…ふぇえ…」ヒクヒク

女友「幼馴染もおやすみぃー」

幼馴染「ま…待って、待ってぇ…!!」

女友「何?」

幼馴染「ぅ……」

女友「用がないなら寝るよぉ、じゃーねん!」

幼馴染「待ってぇ、イ…イかせて…私を…イかせて…ください…」

女友「もう、うるさいなぁ」

キュッ
幼馴染「んっぁはぁあアアぁッッ!!!」ビクビクビク

女友「豆さん摘んだだけでイクんだね」
幼馴染「…はぁッ…ッあはぁぁあッ…」ビクッ…ビクンッ…

女友「何か言うことは?」

幼馴染「ぁ…あぅ…ありが…とう…ございっますっ…ぅ…」ビクッビクッ


226VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 10:35:26.40 ID:YKREuO5gO
翌朝

女友「今日君にはこれをつけてもらうっ!」

幼馴染「…それなに?」

女友「リモバイ」

幼馴染「りも…ば…?」

女友「まぁつけてみればわかる」

女友「私がいいって言うまでとっちゃ駄目だぞ」

幼馴染「ぅ…うん…」

女友「あ、そろそろ集合だな」


228VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 10:44:36.52 ID:YKREuO5gO
教師「今日は博物館ッッッッ!!」

男友「博物館だってよ」

男「なのの博物館だよ、木刀買いたいなしかし」

男友「木刀ってお前、誰殴るんだよ」

男「殴る?はぁ…」
男「わかってないなぁ、お前は…」


幼馴染「ねぇ、男」

男「ん?」

幼馴染「博物館、一緒にまわろっ!」


女友「リモバイがなんなのか本当に知らないみたいだな…幼馴染…」


229VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 10:49:00.32 ID:YKREuO5gO
幼馴染「あはは、それでね、それでね!」

男「展示品見たまえよ…」

幼馴染「ぅう~…だってぇ…」

男「…まぁ、こういうのもいいか!」

幼馴染「うんッ!!」ニコッ


ヴヴッ

幼馴染「んぁッ!?」

男「ん」

幼馴染「な…なんでもない」
幼馴染「…?」


231VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 11:00:41.46 ID:YKREuO5gO
幼馴染(何…今の…)

ヴヴッ

幼馴染「ぁぅっ…」

男「なんか言った?」

幼馴染「な、なにも言ってないよ?」


女友(幼馴染ー頑張れー)ニヤッ

男「変なやつ。次のコーナー行こうか」

幼馴染「う…うんっ」


232VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 11:13:38.15 ID:YKREuO5gO
幼馴染「うぅ…」

男「お、あれ見てみろよ、あんなのあるんだな」

幼馴染「う、うん本当だ!!すごいねっ!」

ヴゥゥゥゥゥン
幼馴染「ん…ぅぅぅ…」
幼馴染「早く、違うところに行こう」

男「お、おいおい急かすな急かすな」


女友(なかなか粘るわね…じゃ「中」で)

ヴヴヴヴヴヴッ

幼馴染「うっぅああッ!?」

男「おいおいどうした」
男(まさか…)チラッ

女友「…」ニヤニヤ

男「!!」

男(ナイス)Σb


233VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 11:20:53.74 ID:YKREuO5gO
男「うーん、なんだいきなり変な声出して」

幼馴染「出してないよぉ…!」

男「周りの人、皆お前のこと見てるぞ?」

幼馴染「ぇ…」
幼馴染「そんな…」

男「う~ん、もっと人気のあるとこいこうか」

幼馴染「…うん…」


234VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 11:30:43.33 ID:YKREuO5gO
男「さぁ、これからどうしようか」

ヴヴヴヴヴ
幼馴染「はぁ…ぁぅ…」ブルブル
幼馴染(声出しちゃダメ…声出しちゃダメ…!)

男「おいどうした」

幼馴染「なッ…なんでも…んッないからぁ…ッ!!」

女友(とどめだ!「強」)カチ

ヴイイイイイイッ!!!

幼馴染「んっ!!~~~~~~~ッ!!!」ビクビクッ…ペタンッ…

男「おい、皆見てるぞ、どうした」

幼馴染「ぁ…はぁぁぅ…」
幼馴染(皆の前で…イっちゃっ…た…)


235VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 11:38:08.02 ID:YKREuO5gO
お嬢様「あらあら…この子」

幼馴染「う…ふぇえ…?」

お嬢様「私の部屋に連れていって看病してあげなくちゃね」

男「まて、何故そうなる」

女友「ねぇ男」

男「ん?」

女友「あんたも相当のSだね」

男「知らんがな」


236VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 11:41:36.53 ID:YKREuO5gO
夜 ホテル

男「う~ん…」

男「そろそろ女友でも調教するかねぇ」
男「いやそれにしても飽きたなぁ」
男「ん?誰かの声がする」

女教頭「だめですよ…あっ…」

校長「いいじゃないですか…うっ」


男「…」

男「今日は月が綺麗だ…」


239VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 11:48:37.82 ID:YKREuO5gO
ドンッ

男「おっと」

ツンデレ「お、男…ち、ちょっと邪魔!」

男「ん、あぁスマンスマン」

ツンデレ「全く、このノロマ!同じクラスじゃなかったら蹴っとばしてるわよっ!」

男「かく言う俺もクラスにお前がいたことを忘れてたんだが」

ツンデレ「なっ!?このバカッ!覚えときなさいよね!それくらい!バカーッ」タッタッタ

男「…」



男「ターゲット、ロックオン」


240VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 11:54:13.57 ID:YKREuO5gO
部屋

男「かと言っても今日はもう遅い、明日だな」

男友「何が」

男「さぁな」

男(女友の協力も必要になりそうですなぁ…)

男「……」Zzz…


245Mは満足のM SはサービスのS[]:2010/06/19(土) 12:05:28.47 ID:YKREuO5gO
翌朝

男「お前に聞きたいことがある」

女友「なにさ」

男「ほれ、あの子のことだ」チョイチョイ

女友「あぁ、あの子か。どうしてアンタはいつも、こうピンポイントっていうかなんて言うか…」

男「?」

女友「鈍い…」
女友(あの子も男のこと好きなんだよねー)

女友「まぁいいや、教えたげる」

男「しのびねぇな」

女友「かまわんよ」


248VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 12:14:52.20 ID:YKREuO5gO
女友「うん」

女友「だからぶっちゃけあのコはSかMかわかんないなぁ~…」

男「そうか…」
男「まぁそれはそれで面白いけど」
女友「今度は私も参加していい?」

男「ことわる」

女友「ぬ…」



ドンッ

ツンデレ「わっ」

男「おっと」

男「またか」

ツンデレ「またとはなによ!!あんたがぶつかってきたくせに!!」

男「あーそーだねー」

ツンデレ「くぅう~!!」ポカポカ

男(う~ん確かにわかり辛い)


249VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 12:21:30.20 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「とっ…ところでっ…」

男「ん?」

ツンデレ「すっ…好きな人とか…いるのっ…?」

男「いい質問だね」

男「いるけどいない」

ツンデレ「どういうこと?」

男「さぁね」

ツンデレ「む…」

ツンデレ「もう知らないっ!!」ダッダッダ

男「意味深だろう…ふははは、特に意味はない」


252VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 12:24:19.60 ID:YKREuO5gO
女友「あ、そうだ!」

男「ん?」

女友「今日が修学旅行最後の夜だからさ」

女友「私の部屋に皆集まるじゃん!」

男「うん……あっ!なるほど」

女友「その時にタイミングをだな…」

男「サンキュッ」




男「さ、そろそろ女友達の部屋に行くか」

男友「俺もイクーーッ!」

男「…」


253VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 12:26:18.05 ID:YKREuO5gO
グイッ

男「ん?」

幼馴染「…えへへ…」

男「あれ?お前女友達の部屋じゃなかったっけ??」

幼馴染「うん、…あのね?」

男「ん?」

幼馴染「大事な…話があるの……」

男「…あぁ」


254VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 12:28:23.40 ID:YKREuO5gO
男「なにかね」

幼馴染「いやぁ、今日が修学旅行最後の夜だからね、えへへ」

幼馴染「一緒にいたいなーっ…て…」

男「ほほう」

幼馴染「海…見にいこ」

男「…」
男「やれやれ…」


256VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 12:38:22.78 ID:YKREuO5gO


幼馴染「わー気持ちいいなぁ~」

男「…で、話って?」

幼馴染「ぁうっ…!じっ実は…そのっ…あのっ…」

男「?」

幼馴染「男が…そのっ…すっすすす…」

男「『好きなんです』?」

幼馴染「そう、それそれ」

幼馴染「あ」

男「当たった…だと…?」

幼馴染「わーーーーーッ今のナシ!!今のナシ!!」

男「なんなんだ」

幼馴染「ちゃんと、私の口から言わせてよ…」


257VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 12:41:27.06 ID:YKREuO5gO
幼馴染「やっぱりダメ!!また今度言う!!!」

男「おいおい…」

幼馴染「その時…男が私のことどう思ってるか、教えてね?」

男「…」

幼馴染「おやすみっ!!」

男「あぁ…おやすみ」



男「なんというフラグクラッシャー俺ェ…」


259VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 12:53:40.00 ID:YKREuO5gO
翌朝

女友「おい」

男「すみません」

女友「どうすんだ」
男「まだだ…まだ終わらんよ…!」

女友「?」

男「今日はもう家に帰らなければならない、普通はな」

男「そこでだ」

お嬢様「私の別荘があるんですよ」

女友「読めた」

男「そう、そこにそのツンデレとやらを誘います」

女友「いいの?そんな学校に断りもなく勝手に」

お嬢様「大丈夫、お金の力は偉大ですから」

女友「…」


262VIPがお送りします[sage]:2010/06/19(土) 13:03:55.56 ID:pV7H28IJ0
お嬢様可愛い


264VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 13:17:39.03 ID:YKREuO5gO
幼馴染「大丈夫?無理しちゃダメだよ?」ショボーン

教師「そうか、具合が悪いなら仕方ないな」ニコニコ

お嬢様「うふふ」

男「はい」

ツンデレ「ちょっと?なんで私まで…」

男「そうか、来たくないのか…じゃ、俺はお嬢様と素敵なバカンスを送るよ。二人で」

お嬢様「そ…それはそれで…///」

ツンデレ「だ、誰も行かないとは行ってないでしょ!!!早く行くわよ!!」

お嬢様「別荘はこっちですよ」

ツンデレ「ぅ…」


265VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 13:24:40.80 ID:YKREuO5gO
お嬢様「つきました」

男「お…おぉ…ホテル(笑)みたいに思えてきた」

ツンデレ「う…わ…」

お嬢様「ここは私のお気に入りの別荘ですから」
お嬢様「もちろん『あの部屋』…もありますよ?」チラッ

男「すばらしい」

ツンデレ「あの部屋?」

お嬢様「とりあえず、昼食をとりませんか?」

男「ご馳走になります」


267VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 13:29:07.48 ID:YKREuO5gO
お嬢様「いれますか?」ボソッ

男「何を」

お嬢様「睡眠薬…」ボソッ

男「夜でいいよ、俺はあのコと少し話をする」
男「お前はまた今度可愛がってやろう」

お嬢様「は…はぅ…ぅ…」ゾクッ


269VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 13:32:47.38 ID:YKREuO5gO
昼食

男「俺の頬っぺたが事実上落ちた」

ツンデレ「おい…しぃ…」

シェフ「このイベリコ豚は約3日ほど漬けこんだあと、更に専用の赤ワインで…」

男「…よ、よくわからんが美味しい…」

お嬢様「よかったです」ニコ




男「ところで君に話がある」

ツンデレ「?」


271VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 13:42:18.50 ID:YKREuO5gO
テラス

男「単刀直入に聞く、君はS?M?」

ツンデレ「S?M?」

男「早い話、いじめるのが好きなのか、いじめられるのが好きなのか」

ツンデレ「いじめられて嬉しいわけないたでしょ!!」

男「じゃあいじめるのは?」

ツンデレ「いじめるのも…好きじゃない…」

ツンデレ「でもいじめられるくらいなら…」

男「なんかズレてる気がするが、とりあえずMではないんだな、ありがとう」

ツンデレ「私からも聞きたいことが…」


272VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 13:45:36.79 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「幼馴染ってコの事なんだけど…」

男「申せ」

ツンデレ「どう思ってるの?」

男「なんか前にも聞かれた気がするが、ただの友達だ。今のところは」

ツンデレ「!」パァアッ

男「どうしたの?急に嬉しそうな顔して」

ツンデレ「し…してない!!誰が嬉しそうな顔!?変な事言わないで!!」

男「…」

男「地味に手ごわいな」


273VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 13:55:04.42 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「あ、あのさ!」

男「ん?」

ツンデレ「ちょ…ちょっと散歩したいな」

男「どうぞご勝手に」

ツンデレ「アンタもくるの!」

男「なんでだよ!」

ツンデレ「うぅ…」

お嬢様「女の子ですものねー」ヒョコッ

ツンデレ「わわっ!」

男「いつからそこにいた」

お嬢様「最初からでーす」
お嬢様「男さん、女の子を一人で行かせるのは危ないですよー」

男「しかし…」

お嬢様「その間に準備しておきますから…」ボソッ

男「よし、散歩行くぞ」

ツンデレ「う…仕方ないわね…」


275VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 13:59:14.76 ID:YKREuO5gO
散歩中

ツンデレ「…」

男「…」

男「何?こっちチラチラ見て」

ツンデレ「見てない!」

ツンデレ「…ぅ…あ…」

男「ん?」

ツンデレ「て…て、…手つなぐ?」

男「なんで?」

ツンデレ「だっ、だって、ここ山道で危ないし!アンタがどじったら危ないし…!!」

男「…なんか引っ掛かるけど、まぁいいでしょう」ギュッ

ツンデレ「あ…//」


277VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:03:01.44 ID:YKREuO5gO
別の海

ツンデレ「わ…綺麗…」

男「おお…」

ツンデレ「こんな所に住みたかったなぁー」

男「そうだなー」

ツンデレ「…」
ツンデレ「!?」
ツンデレ「いつまで手つないでんのよ!!この変態!!」

男「自分から言い出したのに俺を変態呼ばわり…だと……?」

ツンデレ「変態!!変態!!エッチバカ変態!!」

男(こんなコが後で調教されるとか、胸が熱くなるな)


279VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:08:38.77 ID:YKREuO5gO
男「さぁ、そろそろ晩飯だ、帰るか」

ツンデレ「え…」

男「ほら、もうこんな時間だぞ?」

ツンデレ「うん…」

男「お嬢様も待ってるからな」

ツンデレ「わかったわよ!」

ツンデレ「…」ギュ

男「おや?手をつなぐのはエッチバカ変態じゃなかったっけ」

ツンデレ「!!」バッ

男「あーはっはっ」


280VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:12:05.91 ID:YKREuO5gO
男「えーと、ただいまというかお邪魔しますというか…」

お嬢様「お帰りなさいませ、ご主人様…///」ポッ

執事「お、お嬢様…!」

お嬢様「今日くらい、いーの!!」

執事「ぅ…」

お嬢様「夕食の前に、お風呂を用意してありますわ、もちろん男女別なのでご心配なく♪」

男「じゃ、お言葉に甘えて」

ツンデレ「あ、ありがとうございます」


281VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:15:50.13 ID:YKREuO5gO
男湯

男「ふぅ…」

男「なんだここ、広すぎて逆に落ち着けん」

男「泳げるだろこの広さ…」

執事「失礼」 ガラッ

男「うぉあっ!ど…ども…」

執事「ははは、風呂場では裸の付き合いですぞ、ははははは」

男「はい…そうですね…(なんかこの人以外にフランクだなぁ」


283誤字多過ぎすまない[]:2010/06/19(土) 14:20:30.72 ID:YKREuO5gO
女湯

ツンデレ「ん…」

ツンデレ「すごく…ひろい…」

お嬢様「失礼しますわ」ガララ

ツンデレ「あっ…ありがとう、お風呂まで借りちゃって…」

お嬢様「いいんですのよ、ふふ」プルン

ツンデレ(うわ…すごい体…)
ツンデレ「貧乳でわるかったな…」ボソッ

お嬢様「?」

ツンデレ「な、なんでもないです」

お嬢様「小さくても大きくても同じこと、気にしなくていいですよぉ」
ツンッ

ツンデレ「んひゃッ!!」

お嬢様「感度はいいんですね」

ツンデレ「も…もぉ…///」


284VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:29:18.09 ID:YKREuO5gO
夕食

お嬢様「さぁ、召し上がってください」ニコッ

男「う…うぅ…一庶民の俺がこんなモンたべられるとは…」
男「いかん…目から汗が…」

ツンデレ「わ…美味しそう…」

男「いただきます…」ウルウル

ツンデレ「いただきます!」

お嬢様「いただきます」

シェフ「ふふふ」(ドヤ顔)


285VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:31:46.56 ID:YKREuO5gO
男「ふぅ、この世の産物とは思えない料理だったぜ…」

お嬢様「うふふ、それはよかったですわ」

ツンデレ「ごちそうさま…ふぁあ…」
ツンデレ「ごめんなさい…眠く…なっ…グーッ…」

お嬢様「…」ニコニコ

男「いかん、感動のあまり忘れていた」


男「ここからが本番か」


287VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:40:02.98 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「ん…ぁ…」パチッ

ツンデレ「え…」ジャラジャラ

お嬢様「おはようございます」ニコニコ

男「おはようございます」

ツンデレ「ここ…どこ…?なんで動けないの?」

男「君には、Mになってもらう」

ツンデレ「!?」
ツンデレ「なんで!?」

男「確かになんでだろう」

お嬢様「うーん…」

男「まぁいい、始めよう」

ツンデレ「な、なにするの?いや!いや!」


289VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:46:22.51 ID:YKREuO5gO
男「よっ」グイ

男「君の両足を持って今からなにすると思う?」

ツンデレ「…なにするってのよぉ…」

男「電気アンマさ!」

グリグリグリ

ツンデレ「んッ!あっダメ!ちょっとストップ!!」

お嬢様「電気アンマ…そういえばまだされたことないですぅ…」ゾクッ

男「ほらほらぁ」グリグリ

ツンデレ「やっ…くすぐったいから……んぅっ…」モゾモゾ


290VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:54:33.37 ID:YKREuO5gO
グリグリ

男「どう?気持ちいい?」

ツンデレ「きもちいいわけないでしょッ!!はやくこれ解きなさいよ!」

男「大丈夫、その内気持ちよくなるよ」グリグリグリ

ツンデレ「こ、このぉ…許さないからっ…!!」

男「涙目でそんな事言われたらなぁ」
男「もっとしたくなるな」グリグリグリグリ

ツンデレ「あ、あぁ!ストップ!待って!待っ…あっ!?」ピクンッ

男「お、そろそろか」


291VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 14:59:56.44 ID:YKREuO5gO
男「ほらほら、ここか?ここなのか?」

ツンデレ「ぅ…あっ…離せ、離せー!ひぁッ!」ピクッ…ピクンッ

お嬢様「ぁぁ…私も男さんにあんなことされたいんですの…」ジュン…

男「ほーらほーら」グリグリグリ

ツンデレ「ふぁあああ!!ダメ!!お願い!やめてぇ!!」ビクッビクンッ


292VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 15:08:40.31 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「ぅ…ぁああ…」グスッ

男「泣いちゃって、まぁ可愛い」

ツンデレ「うぅ…ゆるさないから…」

男「そうか」グリグリグリグラ

ツンデレ「ひぁあああっ!!」

男「何がいいってスパッツごしなのがいいんだ」
男「ん?なんだこの染み、どんどん広がってるぞ?」

ツンデレ「ああっやめて!ダメ!それ以上やってみろ!!許さ、んんッ!!」

男「もしかして濡れるほど気持ちいいのかな?」グリグリグリ

ツンデレ「濡れてない!濡れてない!!んぁああッ!!」


294VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 15:14:53.02 ID:YKREuO5gO
男「そろそろイキたい?イクの?」

ツンデレ「イ…ク…?」

男「あぁ、ものすごく気持ちよくなることだよ。こんな風に」グリグリグリグリ

ツンデレ「んぁあああッ!!」

男「これでとどめだ!!」

ツンデレ「いゃァあアァぁあッ!!!」ビクッ!!

ツンデレ「あっ…ぁあ…ああ…!!」ビクッ…ビクンッ

男「背中すごい反らせてる」

ツンデレ「あぁ…あああ…」ジワァァ……

男「失禁までするか。ねぇ、足で気持ちよくされて、おしっこ漏らしちゃって今どんな気持ち?ねぇどんな気持ち?」

ツンデレ「ぅ…ぅああ…」ヒクッヒクッ

お嬢様「大丈夫ですよぉー」
お嬢様「すぐにヤミツキになりますからねぇー」ペロッ…

ツンデレ「うる…さいぃ…」


295VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 15:18:27.30 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「はぁ…はぁ…」

男「さて、ドMのお嬢様に聞きたい」

お嬢様「はいっ」ニコ

男「何か新しいことはないだろうか。設備的に」

お嬢様「そうですねぇ…1000程ありますけど…」

男「おぉ…結構アレなんだな…」

お嬢様「じゃ、とりあえず洗濯ばさみで」

男「庶民的だなおい」


297VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 15:24:14.98 ID:YKREuO5gO
男「じゃ、この洗濯ばさみをだな…」

男「ほい」パチ

お嬢様「んぁあッ!!」ビクンッ

男「胸の先につけるとこんな風に気持ちよくなるらしいんだけど」

ツンデレ「…え…?え…?いや…」ギシギシ

男「君にも気持ちいい思いを是非して欲しい一心でいま万感の思いを込め…」

パチ

ツンデレ「いやあ!!痛い!!痛いぃい!!とって!!早くとって!」

男「あ、『撮って』欲しいらしいです。カメラを」

執事「かしこまりました」ジー…

ツンデレ「ちがっ、!!外して!外してよ!!」

男「まぁ待て、まだ片方がだなぁ」
パチ
ツンデレ「いゃああっ!!痛いぃい!!」


300VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 15:35:33.86 ID:YKREuO5gO
男「ごくろう、さがっていいよ」

執事「かしこまりました」

ツンデレ「うぁあ…痛い…とってぇ!コレとってぇ!!」

男「はいよ」
ピンッ

ツンデレ「あぅう!!もっと…優しく…」

男「えっ?」ピンッ

ツンデレ「あはぁっ!!くぅぅ…」

お嬢様「意地を張らなくていいんですよぉ…」
お嬢様「気持ちいいでしょう?もっとして欲しいでしょ?ん…ちゅっ…」ペロペロ…チュパ

ツンデレ「ん…んぅ…む、ちゅっ…」ポロポロ…


301VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 15:44:52.47 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「んちゅ…はぁ…はぁ…」トローン…

お嬢様「男さん…そろそろ私にも…」

男「まぁ待て、お前はこの木刀で充分だろ」

お嬢様「そんな…」ゾクッ
お嬢様「ん…ぅ…」ジュブ…

お嬢様「あっ…気持ち…っいぃ…!」ジュブジュブ

男「…」
男「君もあんなことして欲しい?」

ツンデレ「え…」
ツンデレ「い…嫌っ!!」

お嬢様「男さんのこと…ぁぅッ!すっ好きっていったら……許してもらぇるかも…んっしれませ…んよ…ぁあっ」ビク、ビク

男「そいつはいいな、どうする?」

ツンデレ「ぁ…あうぅ…////」

男(え、てかマジで好きだったの?このコ)

男「入れるぞ?入れちゃうぞ?」

ツンデレ「ぅ…ううう…///」


302VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 15:54:50.12 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「私は…」

ツンデレ「男が…す、すす」

ツンデレ「好きでもなんでもないッ……!!////」

ツンデレ「あ…」

お嬢様「あらあら…」

男「そうか、じゃ、仕方ないな」

お嬢様「待ってください」

男「?なんだ変態」

お嬢様「ぅっ…あの…特別な器具をご用意しておりますので…」

男「…何?」


303VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 15:58:34.75 ID:YKREuO5gO
お嬢様「ちょっと待っててくださいね!」ドタドタ

男「?」

お嬢様「これです…!」

男「氷製の…棒?」

男「なるほど」

ツンデレ「な…なにするの?いや!?好きだから!!好きだからやめて!!!」

男「そうかそんなにコイツが好きなのか」

男「それ」ズブッ

ツンデレ「違っ…やぁああああっ!冷たいぃいいいいッ!!」

男「お前もだ」
ズッ

お嬢様「あはぁああッ!!」


304VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 16:09:54.79 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「はぁ…はぁ…抜いて…これ…」

男「どれ」ヌポッ

ツンデレ「んっ…」

お嬢様「うふふふ」

ツンデレ「ぁ…あ…」ウズウズ

お嬢様「冷たいの気持ちよかったでしょ?急に熱が戻ってきて寂しいでしょ?」
お嬢様「それがヤミツキっていうの」ニコ

男「これはここに置いておくし、お前の拘束は右手だけなら解いてやるから、俺とお嬢様は別の部屋で楽しんでくるわ」

お嬢様「キャッ」

男「じゃ、欲しくなったら自分で氷突っ込めばいい」
ガチャ…バタンッ

ツンデレ「ぁ…」
ツンデレ「…」
ツンデレ「うぅ…」ウズウズ…

スッ…

ジュプ

ツンデレ「ふぁあ!きもちッ…いぃ…ッッ!!」


305VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 16:14:16.80 ID:YKREuO5gO
別の部屋

ビシィッ!!
お嬢様「ぁあ…ッ!!」

男「いやぁ…さすがに完成されてるな」

お嬢様「ふふ…」

男「あのツンデレがどうなってるか気になるな」

お嬢様「見ます?」

男「…隠しカメラか?」

お嬢様「ご名当ッ」

男「どれ…」



『ツンデレ「んぁあああッ!!気持ちいいッ!駄目ェ…!!手が…手がとまらないよぉぉぉッ」ジュポジュポジュポジュポ』

お嬢様「堕ちましたね」

男「想像以上だった」


309VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 16:29:11.19 ID:YKREuO5gO
ガチャ

男「こんにちわ」

ツンデレ「あ…ぅ…」

男「あれ?ここに会った氷は?」

ツンデレ「ぁ…ぅ…」

男「溶けちまったのかなぁ、新しい氷持ってくるか」
――

男「ほら、ここに置いておくからな」コト…
男「じゃあな」
ガチャ…バタンッ…

ツンデレ「ぁ…うぁ…」ムズムズ
ヌ゛プッ…
ツンデレ「んっ…くぅう…ッ!!」ジュポジュポ…

ガチャッ!!!

ツンデレ「あッ!?」

男「…これはこれは」

お嬢様「とうとうヤミツキになったんですね」

ツンデレ「あ…ぅぁあ…」ガタガタガタガガタ


310VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 16:33:02.70 ID:YKREuO5gO
男「あーあ…」

お嬢様「ゲームオーバーですか」

男「俺たちがいないときに隠れてやっちゃう変態さんだったとは…」

ツンデレ「こ、これは…興味本位で……ッ!!」

男「じゃあちょっとビデオ見てみようか」

ツンデレ「え…」

男「この部屋の隠しカメラの」

ツンデレ「え…いやぁ…いや!」


311VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 16:36:20.78 ID:YKREuO5gO
男「君にも見えるようにビデオを設置して…と…」

男「どれ」ポチッ


『ツンデレ「んぁあああッ!!気持ちいいッ!駄目ェ…!!手が…手がとまらないよぉぉぉッ」ジュポジュポジュポジュポ』

男「これはこれは」

ツンデレ「いやああああッ!!見ちゃだめぇええ!!見ないでえええッ!!!」

男「すごいすごい、変態どころの騒ぎじゃないよ」

ツンデレ「い…いやぁ…!!」


314VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 16:45:16.76 ID:YKREuO5gO
男「ほら、脚拡げて」

ツンデレ「う…うぅぅ…」

男「今更あがいてもあんな映像みられたんだから意味ないだろ」

ツンデレ「う…ぅう…」カパッ…

男「この氷が欲しいのか?」

ツンデレ「ほ…欲しくなんか…ない…ッ!!」

男「本当に?」ツンツン

ツンデレ「ぁあ…ぅぅ…」

ヌプッ

ツンデレ「んゃああッ!!!」
スポッ
ツンデレ「ぁっ……」

男「残念そうな顔だねぇ」

ツンデレ「ん…くぅうう~……ッ!」


315VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 16:47:55.63 ID:YKREuO5gO
男「そうだ!俺のをあげよう!!」

ツンデレ「ぇ…ふぇえ!?」

男「よし」ズイッ

ツンデレ「え…?え…?」

男「行くぞ?」

ツンデレ「待っ…待っ」

ジュブッ

ツンデレ「んぁあああ!熱いぃ!!」

男「冷たさに慣れた後だからな、さぞ熱かろう」


316VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 16:52:18.89 ID:YKREuO5gO
ツンデレ「ぁ…あぁああ…ッ!!」ビクッビクッ

男「入れた程度でイッちゃう女の人って…」

男「ほら」ズン

ツンデレ「んあっ!!」

男「ほらほらぁ~」ズンッズンズンズン

ツンデレ「んっあふぁッ!!あぅぅ~ッ!!」


317VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 16:57:28.99 ID:YKREuO5gO
10分後
男「これで3回目だな、イッたの」

ツンデレ「ぁ…ああぅ……」ガクガク

男「そろそろ出そうだな…中がいい?外がいい?」

ツンデレ「ぁ…ふ…?」

男「どっちに出して欲しい?」

ツンデレ「…かに…」

男「?」

ツンデレ「な…なかに…なかに!奥に来てぇ!!お願いぃ!ぐちゃぐちゃにしてぇ!!」

男「ほれっ」ドクドクドクッ

ツンデレ「ぁッはあああああッ!!お腹の中が!中が熱いよぉぉおッ!!あぁああ!!!」

男「ふぅ…」

ツンデレ「ぁ…熱いの…いっぱい…ぁ…ん…」

男「ミッションコンプリートだな」


320VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 17:01:37.41 ID:YKREuO5gO
翌朝

お嬢様「そろそろ出発しましょうか」

男「そうだな、おいいくぞ、ドM」

ツンデレ「わ、私はMでもなんでもないんだからねッ…!!」

男「嘘つけドM。なんか違和感だなぁ」

ツンデレ「う…ぅ~…」

お嬢様「あ、自家用ジェットの準備が出来ましたわ!」

男「よし、乗るか」
こうして俺のちょっと長めの修学旅行は幕を閉じた


番外編おわり


321VIPがお送りします[sage]:2010/06/19(土) 17:02:17.88 ID:t1OnaADO0
早く!
早く女友ルートに

322VIPがお送りします[sage]:2010/06/19(土) 17:02:46.50 ID:pV7H28IJ0
いいや次はお嬢様だね!


361VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 22:38:16.83 ID:YKREuO5gO
男「あん?」

男友「おう」

男「おいおい、修学旅行はいつだった?」

男友「先月だな」


男「来週体育祭とか聞いてないってばよ…」

男友「仕方ない、急な予定変更がこの学校唯一の特徴だもの」

男「特徴ってなんだよ迷惑なだけじゃねぇか」


364VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 22:41:11.01 ID:YKREuO5gO
男「マジかよ…」

男友「体育祭だぞ?体育祭といえば」

男「はいはい、喜ぶのは小学生くらいのもんだ」

男友「走る女の揺れる胸」

男「少し黙ろうか」

男「ん…?」

男「ちょっと面白いこと思いついた


366VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 22:46:13.69 ID:YKREuO5gO
男(体育祭中でのプレイはすごい燃える)

男(しかし、その反面、ばれた時のダメージはでかい)

男(そこで!バレた時の(俺への)ダメージが1番小さいのは…!)


男「お嬢様、ちょっと話があるんだけど」

男(俺の言うことを1番聞いてくれるお嬢様だ)

男(まぁ、普段言うことを聞いてもらってるから、ちょっとは構ってあげないと申し訳ないしな)


367VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 22:49:09.09 ID:YKREuO5gO
男「実は体育祭のことで…」

お嬢様「まぁ!何かプレイをしてくれるんですか!?」

男「そうそう。…何故わかった」

お嬢様「男さんの事だから、きっと…。首を長くしてお待ちしておりましたぁ…」

男「お前…ちょっと嫌がるかなって思ったけど、真性だな、真性の変態だ…」

お嬢様「はぁぅ…」


369VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 22:52:31.07 ID:YKREuO5gO
当日

お嬢様宅

お嬢様「あぁ…夕べから一睡もできませんでしたわ…」

お嬢様「今日が楽しみで…」

お嬢様「男さん、どこで、いつ、どんなプレイを…」

お嬢様「いやんっ朝から私ったら…」ポッ


371VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 22:55:37.20 ID:YKREuO5gO
男宅

男「じゃ、行くか」

ピンポーン

幼馴染「おはよっ」

男「おはよ」

幼馴染「今日は体育祭だよっ!楽しみだなぁ!!」

男(小学生みたいに楽しんでるのは日本ではお前ぐらいのもんだぞ…)


372VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 22:58:25.53 ID:YKREuO5gO
学校

女友「おっはー」

幼馴染「おっはよーっ!」

ツンデレ「…おはよう…」

男「おはよう」ニコ

ツンデレ「///…アンタに言ったんじゃないわよっ!!」

男友「おはよう、同胞よ」

男「誰が同胞だ誰が」

お嬢様「あ…おはようございます…!」

男「おはよーさん」


373VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:01:56.47 ID:YKREuO5gO
男子トイレ

お嬢様「まさか…今始めるつもりですか?」

男「あぁ、厳密にいうと今からだな」

お嬢様「…?」

男「お前にはこのリモバをつけてもらう」

男「あっ安心しろ、これは中にいれるタイプだから、外からは絶対わからない」

お嬢様「…!」キュンッ…

男「よし、入れてくれ」

お嬢様「はいっ!!…んっ…」ツプ…


374VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:06:55.98 ID:YKREuO5gO
『今から、ラジオ体操を行います。皆さん、体操隊形になってください』

ザッザッザッザッ

『♪~~♪~~』

『いち、にっさんしっごぉ~ろく』

お嬢様「…」ドキドキ

―――
――


『以上で体操を終わります、次の競技は、100メートル走です』

お嬢様「…?」

お嬢様「なにも…なかった??」


375VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:10:41.91 ID:YKREuO5gO
男「よし、行ってくる!」

幼馴染「ふぁいとぉーッ」

お嬢様「頑張ってくださいねっ!」

男友「私もおともしちゃうんだからッ」ダキッ

男「離せ」
―――
――

お嬢様「男…あ、ほら!あそこに並んでるよっ!!」

お嬢様「あら、本当ですわ」
お嬢様(今回は男さんの競技だから、多分来な

ヴヴッ

お嬢様「ふぁッ!?」

お嬢様(き…来た…っ…)


377VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:12:21.28 ID:YKREuO5gO
お嬢様「男…あ、ほら!あそこに並んでるよっ!!」



幼馴染「男…あ、ほら!あそこに並んでるよっ!!」

すまを


380VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:16:59.11 ID:YKREuO5gO
男友「ぬぉぉあああっ」ダダダダッ

『おーっと!これはすごい!!本大会記録更新の9秒8です!!』

男「嘘だろ…」

男友「はぁ…はぁ…」
男友「はぁ…」ニカッ

男「どや顔でこっちを見るな」

男「次は俺か」


幼馴染「勝てよー!男ーー!」

お嬢様「ふ、ふぁいとー!」

パンッ


382VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:21:41.25 ID:YKREuO5gO
男「むんっ」ダッ

男(さりげなく) カチッ
ヴヴ
お嬢様「ふぁんッ!?」ビクッ

幼馴染「?」

お嬢様「なっなんでもあ…りません…んくっ…」ピクッ

お嬢様(このタイミングで…ぁぅぅ…)

男「ふぅ…とりあえず一着でよかった」

幼馴染「やったー!」


男友「ふん…だが俺には及ばん」ゼェ…ゼェ…

男「お前いつまで息切らしてんだ無理すんな」


383VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:27:01.67 ID:YKREuO5gO
『次は、綱引きです、参加者は、今すぐに整列してください』

男「今回は誰も出ないな」

お嬢様「あの…男さん…?」

男「ん?」ポチ

ヴヴッ
お嬢様「ぁうっ!…そっ…その…終了は…いつ…まで…ですっ…か?」

男「閉会式までですよ」

お嬢様「う…ぁ…はいっ」キュンッ…

幼馴染「?」


384VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:30:23.77 ID:YKREuO5gO
『次は、騎馬戦・男子の部です。参加者は、整列してください』

男「また俺達かよ…」スクッ

男友「おうっ」スクッ

男「お前が上って腹立つな…」

幼馴染「男子の部は私たちだから、応援してね!!」

男「はいよ」ポチッ

お嬢様「んふぅっ!!?」

お嬢様「頑張って…くだっ…さい…」

男「ありがと」


385VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:33:11.02 ID:YKREuO5gO
パンッ

男友「よし!出陣じゃ!!」

男「へいへい」ダッ

男友「うっ!?」

男友「ああ!イケない所が擦れて、ら…らめぇえええ!!」

クラス男・男「KIMEEEEEEEE!!!」

バタバタバタッ

女友「自爆したわね」

ツンデレ「あーあ…」

お嬢様「あらら」

幼馴染「んもぉーっ」


386VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:37:45.26 ID:YKREuO5gO
『次は女子の部です。参加者は整列してください』

男「すまん、全力は確かに尽くした」

男友「俺ももう少しで限界だった…ふぅ…」

男「お前は死ね」

ツンデレ「もう…ばかっ」スクッ

幼馴染「じゃっ行ってくるね」スクッ

お嬢様「私達の番ですか」

女友「やっとか」スクッ

男「あれ、お前ら全員?」

後輩「私もですよっ!」

男「わっ…なんだいたのか」

男友「基本うちの学校は競技に学年とか関係ないからな」


387VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:44:30.34 ID:YKREuO5gO
パンッ

ツンデレ「おりゃあーーーッッ!!」シュパパパッ

男「すげぇ…目にも留まらぬ速さでハチマキを…」

クラスメイト女「えいっ!」

幼馴染「きゃー!」

女友「お前らしくて安心したよ」

幼馴染「ぅ…悪かったなー」


男友「おいアレ見ろ」

男「ん?」

男友「後輩ちゃんとお嬢様の一騎打ちだ」


388VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:48:16.61 ID:YKREuO5gO
後輩「先輩だからって容赦はしませんからね…」ジリジリ…

お嬢様「私はそう簡単には取られませんわ…」ジリジリ

後輩「や!!」

お嬢様「甘い!!」

男「甘いのはお前だ」ポチッ

ヴヴヴッ

お嬢様「はぁうっ!!?」ビクンッ

後輩「すきあり!」

お嬢様「はっ」

お嬢様「くっ」バシッ

後輩「しぶといですね」

お嬢様「…ふ…ふふ…んっ…」ガクガク


389VIPがお送りします[]:2010/06/19(土) 23:53:52.50 ID:YKREuO5gO
男「しぶといな…リズミカルにいくか」ポチッポチッポチッポチッ

ヴンッ ヴンッヴンッヴンッ

お嬢様「ひぁッ!?あっ!!あっ!んっ!!」ピクッビクッビクッビクンッ
お嬢様(これ…すごいぃ…)

後輩「覚悟!!」

クラスメイト女「待ちな!!後頭部がお留守だぜ!!」

後輩「あッ!?」

ヒョイ

クラスメイト女「スキだらけだったようねーふふっ」

後輩「ぅう~…」

お嬢様「た…助かった…」ヘナヘナ

『女子の部は、赤組が勝ちました。今から、昼食に入ります。再開は、1時30分からとします』


390VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:01:12.73 ID:pNVsowNeO
幼馴染「お弁当…作ってきたよっ!」

男「おっ!マジか!ありがとう」

お嬢様「私…男さんに…サンドイッチを…」
男「あ、ありがとう、いただくよ」

後輩「私、男さんに作ってきましたよ!お弁当つくるの、男さんのためだけですからねっ」
男「あ、ありがとう」

ツンデレ「お弁当、余っただけだから…」
男「?」
ツンデレ「あんたのために作ったんじゃなくて、余っただけなんだからねっ!!」スッ

男「お…おお、ありがとう」


男友「……」

男「…」
男「……」ニヤッ

男友「俺にどや顔するとかてめぇ、それでも親友か」


392VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:06:36.81 ID:pNVsowNeO
昼食後

男「あぁ」
男「予想の通り、動けん」

男友「自業自得だ」

男「ばか、どれだけ多かろうが食べるのが礼儀だろうが」
男「たとえ幼女が作ろうが、おばぁちゃんが作ってもだ」

男友「なんだろう、すげぇ納得した」

男「だろ?」

『次は、障害物リレーです。参加者の方は、整列してください』

男「ふぅ、よかった休める」

お嬢様「じゃ、行ってきますねっ」スクッ

男友「行ってらっしゃぁ~い」


393VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:14:14.99 ID:pNVsowNeO
パンッ

お嬢様「やっ」ダッ

男友「おっお嬢様意外に速いじゃん」

幼馴染「頑張れ~ッ!!」

男「さて、平均台か」

お嬢様「ん…よっと…」トテトテ

男「…」ポチッ

お嬢様「んぁ!?」ビクンッ

コテンッ
『平均台落ちた場合は、始めからやりなおしです』

お嬢様「む…」
お嬢様「…」トテトテ

男「…」ポチ

お嬢様「ふぁああッ!!」ビクンッ

お嬢様「ん…ふぅ…んくっ…あ…」トテ…トテ…
お嬢様「平均台クリア!」グッ

男「ほほう」


394VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:20:08.05 ID:pNVsowNeO
男「つぎは網くぐりか」

幼馴染「頑張れー!」

女友「網ってなんか蜘蛛の巣みたいで嫌い…」ゾッ


お嬢様「よっ…んしょ…」

男「イエス」ポチッ

お嬢様「んくぅうッ!!」ビクッ
お嬢様(やっぱり来たぁ…)

お嬢様「ん?」
お嬢様「え??」

『おっと、お嬢様が網に絡まってしまったみたいです!無事に抜け出すことはできるのでしょうか!?』


395VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:23:34.89 ID:pNVsowNeO
幼馴染「ありゃりゃ?」

男友「網に絡まるとか…エロい…」

男「…」ポチッ

お嬢様「はぁうっ…!」ビクッ
ギュッ…
お嬢様「あッ!?」ピクンッ

お嬢様(あっ…網が…食い込んでる…!)

男「…」ポチ

お嬢様「あぁあんッ!!」
グイッ

お嬢様「んくぅッ!!」
お嬢様(どんどん食い込んで…はぁう…)


396VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:31:12.18 ID:pNVsowNeO
男「それ」ポチッポチッポチッ

お嬢様「あぁあッ!!」ビクッ

ギュギュギュ…
お嬢様「あんッ…!」
お嬢様(お尻に…すごい食い込んで…ぁああ…)

男「……」ポチ

お嬢様「んくぅ!!」

ギュッ
お嬢様「はぁうッ!!」
お嬢様(中と…外から同時に…!私もう…おかしくなっちゃいそう…)

男「えい」小→中

ヴイイイッ
お嬢様「んぁああッ!!」
ギュ~~ッ
お嬢様「あはぁあッ!もう…もうダメッ…」

お嬢様「あアあァあんッ!!!!」ビクンッ!!

男「イッたか」

『え~…時間がかかりすぎているので、今委員が網を解きに向かいますね』

お嬢様「はぁ、あっ…」ピクンッピクンッ


397VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:37:05.07 ID:pNVsowNeO
トイレ

男「どうだった?皆の前でイった気分は」

お嬢様「……///」

男「最後にクラスのリレーがある訳だが…」

お嬢様「…」ゴク…

男「今つけてるのと同じのを後ろにも入れて欲しくてな」

お嬢様「!?」

男「できるよな?」

お嬢様「よ…よろこんでっ」ドキンッ…

男「じゃ入れて」

お嬢様「ん…ふぁあ…」ズブッ…

男「後ろもしっかり開発されてるのか」


400VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:45:38.63 ID:pNVsowNeO
『次は最後の種目!対抗リレーです!この種目は全員出席ですので、ご注意ください』

男「じゃ、行こうか」

お嬢様「ぅ、あ、はい!」

男「てすと」ポチ

お嬢様「あぅ!!」
男「よし、後ろもOKだな」


402VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:53:33.35 ID:pNVsowNeO
『位置について…あ、実況の私は順番は先の方ではないのでご心配なく!皆のアイドル・ユリちゃんはちゃんと参加しますよぉ~!』

男「いいから始めたまえよ…」

『ゴ…ゴホンッ 位置について…よ~い!』
パンッ

男友「ヒィーーハーーッ!!」ダッ

幼馴染「うぁ…」

ツンデレ「うわ…」
お嬢様「…」

女友「あちゃぁ…」

男「あいつ、走ってる時の顔が…顔が…」

男「残念すぎるだろ…」


403VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 00:58:56.16 ID:pNVsowNeO
男「そうか、始めとアンカーは一周だったっけ?」

ツンデレ「てことは?」

男「あぁ、次に受けとるのはお前だ」
男「あ、来た」

男友「うぉぉぉあ!!ツンテレちゃあああん!!」

ツンデレ「ひいいああッ!!!くるなーーーーッ!!」

『おっとぉ!?赤組、なかなかバトンを渡せないようです!!ん?あ、私の番はもうすぐですよ!ユリちゃんの活躍!乞うご期待!!』

男「早く渡せよ…」


405VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 01:03:37.60 ID:pNVsowNeO
―――
――

『はぁ、ひぃ、私、走るのは、苦手で、ですねぇ』ゼェッゼェッ

男「決死のマイクパフォーマンスだな。走る途中でもマイクを離さないとは」

男「え…次俺の番か」

幼馴染「男ーーッ!!受け取ってーーッ!!」

男「速っ!多分俺より速いかも…」

幼馴染「行くよーーーッ!!後は任せたッ!!」

男「おう!まかせろ!!」

パシッ


406VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 01:10:14.75 ID:pNVsowNeO
男「幼馴染のおかげで前は一人だけ…て、後輩かよ!」

後輩「ん?…あッ!!いつのまに!!」

男「悪いが幼馴染に後を任せられたんでな、抜かせてもらう」

後輩「私だって!脚は速いほうなんですよ!!」

男「馬鹿め、俺は100一等賞とったんだぜ!(4人中)」グンッ

後輩「あッ!?」

男「はは、見たk…」ガッ

男「あっ」

ドテッ

男「ぐああっ!!」

幼馴染「あーーーッバカーーッ!!」

後輩「助かったぁ~」

男「後輩の奴…また今度可愛がってやるとするか」ダッ


407VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 01:15:05.00 ID:pNVsowNeO
男「次はお嬢様か…」

お嬢様「ぅ…」ドキッ…

クラスメイト女「お嬢様!任せた!」

お嬢様「はい!」パシッ

男「ここで押すのは野暮だよなぁ…」

男「でも事故なら仕方ないよな」
男「おっと手がすべった」ポチッ

お嬢様「んぁッ!!?」ビクンッ
お嬢様「ぅ…ふぅう…」ガクッ…ガクッ

幼馴染「どっどうしたのかな!お嬢様!」

男「…」強

お嬢様「ふぁああッ!!んぁあああッ!!」
お嬢様(両方はダメ!!おかしくなっちゃうう…)


408VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 01:24:06.32 ID:pNVsowNeO
お嬢様「はぁ…はぁ…」

『おーっと!ゼェッどうしたんでしょうか!!赤組!ゼェ…立ち止まってしまいました!ゼェ…ゼェ…』

お嬢様「ふぅああッ!!ああ!!やァあーーッ!!」ビクビクッ…ドサッ

幼馴染「どうしたの!?」ドタドタ

ツンデレ「大丈夫?」

女友「…」
女友(男の仕業ね)

お嬢様「はぅ…あぁぅ…」
お嬢様(恥ずかしい…言えない…)


男「…お嬢様、きっと障害物の網に絡まった時に、足をひねったんだろう。うん、間違いない。無理しなくていいぞ」

幼馴染「そうだったんだー…大丈夫…?」

お嬢様「ぇ…」

後輩「無理しなくていいですよ?」

お嬢様「ぁ…」

男「さ、とりあえず休んどきな」

『な…なにやら感動的なシーンが演出されております!大変涙もろい私、ユリちゃんは涙を禁じえません!!』ウルッ


409VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 01:29:39.06 ID:pNVsowNeO
帰り道

幼馴染「本当今日は大変だったねー」

お嬢様(男さんに…おんぶされてる…//)

男「まーな、勝敗はおあずけって事でめでたしだったかもな」

後輩「そーですねー」

男友「あー疲れた…」

女友「ねー男」

男「?」

女友「ただのSってだけかと思ったけど、ちゃんと場はわきまえたのね、見直した。やるじゃん」ボソッ

男「…なんだ知ってたのか」
男(いや、場は明らかにわきまえてなかった)

女友「ふふっ」

男「じゃ、ここらへんで」

幼馴染「ばいばーい!」


410VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 01:33:48.96 ID:pNVsowNeO
お嬢様宅

お嬢様「はぁ」ポケーーッ

ピピピ
FROM:男

本文:ごめん、今日はちょっとやりすぎたかも。本当にごめんな…

お嬢様「…」

お嬢様「ふふっ」ポチポチ

男宅

男「はぁ…今日はやりすぎたかもなぁ…」

ピピピ
FROM:お嬢様

本文:ふふっあれぐらい刺激がないと物たりません。次はもっとキツいの期待してますねっ!!

男「これは…」

男「お嬢様ェ…」

おわり


412VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 01:41:27.56 ID:pNVsowNeO
後は女友だけか…


418VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 01:54:38.10 ID:pNVsowNeO
女友「あーあ」

男友「もっと!もっと叩いて!!」

女友「五月蝿い」バシッ

男友「ひいいんっ!!」

女友「男羨ましいなぁ…私も色んなプレイしたいなぁ…」

女友「よし」

女友「明日お嬢様に聞いてみるか」


419VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 01:57:45.27 ID:pNVsowNeO
学校

女友「ねぇ」

お嬢様「はい?」

女友「男ってどんなプレイしてくるの?」

お嬢様「それは…」ゴニョゴニョ

女友「……!!」

女友「くそ、同じSとしてなんたる屈辱だ…」

女友「じゃ、今日お嬢様に試してもらうから、私と男、どっちがすごいか教えてくれ」

お嬢様「あぁ、そういうことならいいですよ」ニコ


420VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:09:31.23 ID:pNVsowNeO
調教部屋
女友「いくよ」
ビシッ!

お嬢様「ぁうっ!!」
女友「どう?」

お嬢様「んーもう一度お願いします」

女友「それいっ」
ビシィッ!

お嬢様「はうぅ!!」

お嬢様「んー男さんに比べたら…」

女友「なにぃ~くそ…まだまだぁ!!」
―――
――

女友「はぁ…はぁ…どうだ…」
お嬢様「全然足りないです…」
女友「マジですか…ごめん、今日はちょっと休憩、付き合ってくるてありがと」

お嬢様「だめ」
ガチン
女友「え…」
女友「何これ…鎖…」
お嬢様「私を満足させてくれるまで帰しませんよ…うふふっ」


422VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:13:34.13 ID:pNVsowNeO
女友「どういうことよ…」

お嬢様「そのままの通りですよ」

お嬢様「私を満足させてくれたら、帰してあげます」

女友「な…」
女友「お、面白いじゃない!」

ビシィッ!!

お嬢様「うぁっ!!」
お嬢様「ん…まだまだですねー」

女友「うう…まだまだ!!」


423VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:17:08.76 ID:pNVsowNeO
一時間後

女友「まだ…なの…?」

お嬢様「えぇ…痛いだけです…」

お嬢様「痛いだけで…その…ゾクゾクッてするのがないんですよぉ」

女友「むぅ…」ムッ

お嬢様「そろそろ夕食の時間ですね」

お嬢様「夕食にしましょう」


425VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:23:48.06 ID:pNVsowNeO
執事「ご夕食、持って参りました。テーブルと一緒に」コンコン

お嬢様「あら、ありがとう」

女友「うわ…満漢全席…!」

お嬢様「今日は中華なのね…おいしそう…」

執事「光栄でございます」

お嬢様「いただきます…」

女友「い…いただきます…」

女友(なんかシュールだなぁ)


426VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:29:41.35 ID:pNVsowNeO
お嬢様「さ、食べ終えたことだし、続きを始めますよ」

女友「う…」
―――
――

5時間後
女友「お願い…もう休ませてぇ…」ヨタヨタ

お嬢様「駄目ですよ!男さんの時は三日三晩ぶっとおしが当たり前ですもの!」

女友「もう…男みたいにならなくてもいいからさぁ…」

お嬢様「私が満足できません!」


427VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:34:12.67 ID:pNVsowNeO
女友「ぜぇ…ぜぇ…もうだめ…」バタッ

お嬢様「あ」

お嬢様「寝ちゃ駄目ですよぉ!!」

執事「失礼」コンコン
執事「冷水をどうぞ」ザバアアッ

女友「冷たぁい!!」

お嬢様「寝ちゃダメですよ!」ニコッ

女友「う…ぅぁぁ…」


429VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:41:42.52 ID:pNVsowNeO
女友「こ…こんなことなら…Mの方がよかった…」

お嬢様「え?」
お嬢様「今なんて言いました?」

女友「Mの方が楽だなぁ…て」

お嬢様「今からでも遅くないと思いますよ?」

女友「え?」

お嬢様「男さん呼んで」

執事「かしこまりました」

女友「待て!待ちなさいッ!!」

ピッポッパ


430VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:47:00.31 ID:pNVsowNeO
男「呼んだか」

お嬢様「はい」

女友「あっ!」

男「何の用かな?」
お嬢様「女友さんが、Mになりたいとか…」

女友「こらぁ!!」

男「ほほう」 キラッ…

女友「目、目光らすな!!ただの冗談だから!」

男「言っていい冗談と悪い冗談がある!!」

女友「なんで悪い冗談みたいになるのよ!!」


431VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:50:27.22 ID:pNVsowNeO
男「しかもご丁寧に拘束済みとな?」

女友「いや…これは…このコを満足させないと帰してくれないって…」

男「それで弱音を吐いたわけか、よろしい、Mの素質充分だ」

女友「なっ…」

男「さぁ…始めよう…」

お嬢様「スイッチ入っちゃいましたね」


432VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:55:34.74 ID:pNVsowNeO
男「とりあえずこんな拘束はまだまだだ」
男「ギッチギチにしないとなギッチギチに」

女友「うぁ…やめるなら今の内よ!やめなさい!!」

男「やだなぁ、そんな言い方されたら、マジで血が騒ぐ。大騒ぎだ。祭だ祭」

お嬢様「テンションが…」

男「あぁ、これで俺の知り合い全員Mにできるからな。コレクターの血が祭だ」

男「じゃ、ギッチギチに」

女友「や、やめて…やめろ!離してっ…!!」


433VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 02:58:07.28 ID:ua5xD3wn0
ふぅ・・・よろしい続けたまえ。ビクンビクン。


434VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:00:07.59 ID:pNVsowNeO
女友「うう…」ギッチギチ

男「さて…始めるか」

男「ツンデレと後輩は快感、幼馴染は鞭で一通りやり尽くしたからなぁ…」
男「…」
男「筆持ってきて、筆」

お嬢様「まぁ!」

執事「かしこまりました。最高級のものを」


435VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:04:50.67 ID:pNVsowNeO
男「ほぉら」サワッ

女友「んっ」

男「ほらほら」サワサワサワサワサワ

女友「あっあはははははッ!!やめて!!くすぐったい!!あはははははッ!!!」

男「大丈夫、その内気持ちよくなるから」コチョコチョ

女友「やめてーッ!あはははははッ!!」


436VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:09:49.36 ID:pNVsowNeO
男「ほぉらほら」ズル

女友「脱がさないでぇ!!あはははははッ!!」

男「どれ」サワッ

女友「んぁッ!?」ピクンッ

男「おっとすまない、乳首にあたってしまったか。いつまでも甘い痺れがとれないだろう?」

お嬢様「なんか聞いたことあるフレーズですねぇ」

男「気のせいだ」


437VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:17:46.76 ID:pNVsowNeO
男「そうかそうか、じゃあ太ももは?」

女友「やっやめっ…!」

サワッ

女友「んっ…!」

男「やっぱり素質あるな」

お嬢様「いつも疑問に思うんですけど、男さんの他にSに向いてる人っているんですか?」

男「俺は世界中の女は全てMになれると思っている」

男「女友、お前も例外じゃないからな」

女友「……!!」ゾクッ


438VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:18:57.11 ID:ua5xD3wn0
やだ・・この男かっこいい・・


439VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:24:38.49 ID:pNVsowNeO
男「あ」
男「いい事思いついた」

ピポパ
男「今からあいつらに来てもらおう」

女友「あいつら…?」
―――
――

ガチャ
幼馴染「こんにちわ―ッ」

後輩「お邪魔します」

ツンデレ「…女友!?」

男「あぁ、聞いてくれ、今からこいつをMにしたいんだ」

男「だからさ、こいつにMのよさを教えてあげて欲しいんだ」

女友「そっそんな事…」

幼馴染「うん…わかった…///」

ツンデレ「仕方…ないわね…///」

後輩「女友さんもこっちの世界に来ちゃうんですね…Sなんかよりよっぽどいいですよぉ…?」

女友「ぅ…来ないで!教えて欲しくなんてないからーッ!!」


441VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:29:51.90 ID:pNVsowNeO
男「じゃ、俺は散歩でもしてくるよ」ガチャ…バタン

女友「なっなによ!何見てんのよ!」

後輩「私も最初はこんなんだったなー…なんて…」

ツンデレ「…うん…」

幼馴染「女友ちゃんってかわいい…んちゅっ…」

女友「むっんむぅうッ!?ちゅ…んちゅ…」

女友「ぷはっ!はぁ…はぁ…女の子同士で…こんなの…」

幼馴染「大丈夫だよ、私が好きなのは男だからぁ」

お嬢様「始めましょうか!」

女友「いや…なにするの…?」


443VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:35:34.97 ID:pNVsowNeO
後輩「ん…」

サワッ
女友「あぅ、そんなとこ触らないで…」

後輩「まだ濡れてないんですね…」ズル

後輩「見て…私、男先輩と話すだけで、こんなにトロトロになっちゃう変態さんなんです…」くぱぁ…

女友「……!!」
女友「こんなのって…!」

ツンデレ「大丈夫、すぐにアンタもそうしてあげるから…」ペロッ

女友「ふぁんっ!!」

幼馴染「男が帰ってくるまで、私たちが相手するね…」スリスリ

女友「ん…くぅ…」ヒクッヒクッ


444VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:43:41.51 ID:pNVsowNeO
5分後

女友「あぅ…ぅんッ…」

幼馴染「うふふ、大分濡れてきたね…」

お嬢様「ふふっ…」ペロッ

女友「うぁああッ!そんなとこ舐めないで…」

お嬢様「こんなに濡れてるんですもの」チュウウウ

女友「吸うのはもっとダメェ!」

ツンデレ「じゃ、私と後輩は胸を」

幼馴染「私は口だね」

女友「何を…んむ!ッ?」

幼馴染「ん…むちゅっ」

ツンデレ「ん…ちゅ」ペロペロ

後輩「ん…」チュゥウウ…

お嬢様「ん…む…」クチュクチュペロペロ

女友「んぅうう…ちゅ…む…」ビク…ビクンッ…


447VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:50:04.25 ID:pNVsowNeO
女友「ん…んむぅう…!!」
女友(もう…イキ…そ…)

パッ

女友「…え…?」

お嬢様「仕上げはやっぱり…」

後輩「男先輩が…//」

ツンデレ「…うんっ…」

幼馴染「それまでイカせてあげないよぉ」

女友「う…うぅ…」


448VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 03:57:00.08 ID:pNVsowNeO
3時間後

男「ふぅ…よく歩いた」

お嬢様「あ…おそいですよっ」

男「?」

幼馴染「女友ちゃん、ずっと男のこと待ちわびてたんだからっ!」

男「?」

ガチャ

ツンデレ「あ…帰ってきた」

後輩「お帰りなさいっ!」

女友「あぅ…これでイカせてもらえるの…?早く…早くイカせてぇ…?」ヒクッヒクッ

男「これはこれは」


450VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 04:04:13.69 ID:pNVsowNeO
男「よくも俺の楽しみを奪ったな」

お嬢様「えっ…」

男「ガンプラで例えると、あとはもう銃をもたせるだけって感じだな」

後輩「うぅ…」

幼馴染「ごめんなさい…」

ツンデレ「…」ショボンッ…

男「よし、おしおきだな」

男「お前ら、その場で四つん這いになれ」

幼馴染「…ぅん…」スッ

後輩「はぃ…」スッ

お嬢様「…」スッ

ツンデレ「ぁぅぅ…」スッ

女友「!?」

男「よし」


451VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 04:08:25.87 ID:pNVsowNeO
女友「そんな…本気で…」

男「さて、まずは一人ずつスパンキングだな」

バシイッ!
幼馴染「ひぁあッ!!」

ビシィッ!
後輩「んぁああッ!!」

バチンッ!
お嬢様「あはぁあッ!!」

バシッ!
ツンデレ「あぅううッ!!」

四人「はっ…ぁ…はぁ、はぁ、…」

男「まだだ…」

四人「はいぃ…」ゾクッ


452VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 04:13:54.88 ID:pNVsowNeO
男「つぎは一人一個ずつリモバを入れろ」

後輩「はぁ…う…」ツプ…

お嬢様「ん…ぁ…」ヌプッ…

ツンデレ「ぁぅ…あ…」プチュッ…

幼馴染「ひぃ…ぅ…」クチュ…

男「よし、入れたな」
男「このリモコン一つはその4つと連動している」
男「最初にイッた奴をもっとおしおきしてやる」カチ

ヴゥゥゥン

四人「ふぁあああッ!!」ビクッビクビク

女友「ぁ…ぅああ…」


455VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 04:19:23.78 ID:pNVsowNeO
ヴゥゥン…

男「君ももうすぐこの5人目になるからな」

女友「ぃ…ぅ…」ゾクッ

男「大丈夫だよ、SからMになるなんてよくある話だ。現に後輩がそうだった」

女友「ぅ…うう…」

男「恥ずかしいことなんてないさ」ポチ中→強

四人「あはぁああッ!!」


458VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 04:24:18.03 ID:pNVsowNeO
後輩「ぁあッ!んぁあああッ!!」ビクッビクッ

男「後輩が一番か…」ピタッ

男「お前みたいな変態はあとでおしおきもっとしてやる」

後輩「え…へへ…」ビクッビクン

男「女友、お前も仲間になるか?」

女友「……」





女友「………」コクッ


460VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 04:28:51.37 ID:pNVsowNeO
一週間後

五人「あはぁあああッ!!」ビクンッ

男「ダメだな…幼馴染が一瞬遅れた」

幼馴染「ふぇえ…ごめんなさいぃ…」

男「いいか、同時だからな、五人同時にイカないと駄目だぞ」カチ

ヴゥウウウンッ!

五人「んぁああああああッ!!」



おわり


461VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 04:30:23.86 ID:ua5xD3wn0
ふぅ・・・・ふぅ


508VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 17:14:35.74 ID:pNVsowNeO
幼馴染「ねぇ」

男「なんだ?」

幼馴染「ほら、今放送でDJみたいなのやってるでしょ?」

男「あぁ、今みたいな昼休みは毎日やってるな」
男「なんか、校内放送なのに、凄い人気があるとかないとか」

幼馴染「うんっ!特に男の子のファンが多いらしいよっ!」

『さ、次は1年B組の女の子からのリクエストをいただきましたっ!!いやぁ~私もこの曲好きなんですよねぇ~♪』

男「確かに人気あるみたいだな」


512VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 17:19:04.02 ID:pNVsowNeO
『お~っと、もうすぐ午後の授業が始まってしまいますねぇ。じゃ、リスナーの皆さん、今日も聴いてくれて、ありがとネ!バイバ~イッ!』

男「なるほど、そういえば去年あたり前から流れてたっけ?」

幼馴染「う~ん」

男「それが続いてるのも人気がある証拠かな。よし、そろそろ授業行くぞ」

幼馴染「うんっ」


520VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 17:41:30.57 ID:pNVsowNeO
授業中

幼馴染「…」ツンツン

男「なんだ」

幼馴染「思い出した!あのDJの子、確か前の体育祭で実況してた…!」ボソッ

男「あぁ、ユリちゃん…だっけ?」

男友「ユリちゃんがどうした、ユリちゃんのことなら俺にまかせろ」

男「お前はいいや」

男友「んな…俺は彼女をこんなにも愛しているのに…!!」

教師「男友、お前その口に縫い針突っ込んでやろうか…」

男友「ひっ…」
男友「なんでもありません」

男「やっぱいらねぇ…」


522VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 17:44:51.43 ID:pNVsowNeO
帰り道

男「うーん、なんかあそこまで話をされたら気にならざるをえない」

幼馴染「ユリちゃんのこと?」

男「あぁ」

幼馴染「ぅ~……」

後輩「ユリちゃん?」

男「ん?」


523VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 17:50:24.06 ID:pNVsowNeO
男「これでますます、わからんようになった」

幼馴染「そーだねー」

男「まぁいいや、調べるのは明日にしよう。今日は疲れた」

幼馴染「じゃ、バイバーイ!」

後輩「さよならーっ」

男友「ばいばーいっ!」

男「お前…いたのか…」


524VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 17:52:37.30 ID:pNVsowNeO


男「あれ…?」


男「結局後輩の奴、なんかいいたそうだったよな…」

男「あー…でも『さよならーっ』とか言ってたし、まぁいいや、明日明日」

男「…」Zzz…


525VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 17:58:04.34 ID:pNVsowNeO
学校

男「あ、後輩、昨日何かいいたそうにしてなかったか?」

後輩「そうなんですよ!男先輩が勝手に話すすめて解散の流れにしたから、つられて帰っちゃったんですよ」

男「あぁ、すまんすまん」
男(調教の影響が思わぬところで出た…だと…?)

後輩「あのですね」

後輩「ユリちゃんっていうのは本名じゃないです」

男「え?」

後輩「私も詳しくは知りませんけど、ファンが殺到して、それで本名を隠してラジオネームにしたとか…」

男「それがユリちゃんか…くそ、体育祭の時にもっとしっかり顔を見ておけば…!!」

後輩「どんだけ悔しがるんですか…」


527VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 18:02:42.83 ID:pNVsowNeO
男友「ユリちゃんっていいよな~声がすごい可愛い…」

男「確かにいい声はしてるな」

幼馴染「む…」
幼馴染「に…にゃーッ」キャピッ

男「はいはい」

幼馴染「むぅ~」

男友「あぁ…俺もあんな声で罵倒されて調教されたいなぁ…」

男「……!」
男「…」スクッ

男友「ん?どうした?」

男「男友、こうしてお前はまたしても俺のやる気スイッチをオンにしたか」

男友「え?」

男「ユリちゃんとやら、首を洗って置くがいい…」


528VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 18:09:46.50 ID:pNVsowNeO
男「まずは情報収集だな」

男「すいません、いかなりすみませんが、ユリちゃんってコがどんなコか…」

クラスメイト女「あぁ、彼女いいよねぇ~、なんか嫉妬する気も失せちゃうくらい」

男「あ…はい…そうですか…はい…」

男「あの…いきなりですみませんが…」
―――
――

男「あぁ、100人近く調べたが」

男「収穫はゼロだ」

男「お前らも…手伝って…くれ…」ガクッ

幼馴染「りょ―かい!」

お嬢様「わかりましたわ」

ツンデレ「しっ仕方ないわねっ…//」

男友「私も頑張っちゃうんだからっ」キャピッ

女友「うわぁ…」


530VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 18:15:33.45 ID:pNVsowNeO
女友「すみませーん」

ツンデレ「あの、ちょっと聞きたい事が…」

男友「ねぇねぇ君、ユリちゃんって知ってる?てか僕と付き合わない?」

静女「え…い、遠慮しときます…」

男「さりげなくナンパしてんじゃねーよ、しかもそんな明らかに知らないですみたいなコに…」

男友「いやっ…タイプだったから…」

男「」ゴッ

男友「ぶたないでぇ!いや、むしろもっと!!」

男「死ね」


後輩「あの…ユリちゃんのことなんですけどぉ…」

お嬢様「ちょっとそこの殿方?失礼…私少々聞きたいことが…」


531VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 18:18:46.81 ID:pNVsowNeO
―――
――

男「はぁ…まるで手掛かりがないな…」

幼馴染「疲れたぁ…」

後輩「全然ですねぇ…」

男「誰だよユリちゃんって。どっかの誰かが作った架空の人物なんじゃねぇのかってんだ」

男友「おいやめろ」

男「?」


535VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 18:24:30.94 ID:pNVsowNeO
数日後

男「…よし!」

男友「何か手掛かりが?」

男「ギブアップ!!」

男友「…は?」

男「いやだって疲れたし」

男友「お前、全ての女をMにするんじゃなかったのか!?」

男「いや、Mにならない女はいないって言っただけで…」

男友「私は?(裏声)」

男「お前は死んでいいよ」

男友「ぐ…」

幼馴染「次は化学の授業だね」

男「あ、いけね、クラス全員発表しなきゃいけないんだっけ」


539VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 18:30:15.40 ID:pNVsowNeO
授業

お嬢様「…であるからして…」
お嬢様「…これによりゴム状硫黄が形成され…」
お嬢様「…以上です」

教師「私の知らなかったことまで網羅している…だと…?」

男「流石すぎる」

教師「次は幼馴染」
幼馴染「ごめんなさいッ忘れちゃいましたぁッえへへ…//」

教師「可愛いのでよし、次、男友」

男友「ごめんなさぁい!忘れちゃったぁッえへへ…///」

教師「可愛くないから放課後残れ」

男友「なん…だと…?」


541VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 18:35:51.05 ID:pNVsowNeO
教師「次、静女」

静女「…」スクッ
静女「…」ウズウズ…
教師「どうした?早く」

静女(だめ…抑えきれない)プルプル








静女「はぁいッ!今から私の化学のコーナー、始まるよぉ~ッ!!」

男「!?」
男友「!?」
幼馴染「!?」
お嬢様「!?」
ツンデレ「!?」


542VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 18:36:38.44 ID:4FNXEPWk0
やはりそういうことか


545VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 18:54:28.67 ID:pNVsowNeO
静女「おっとぉ。わたくしそろそろネタがなくなって参りましたッ!ではこの辺で…おしまい!」

教師「な…内容は完璧だ…座ってよろしい…」

静女「ぅ…またやっちゃったぁ…」ストンッ
教師「次…次…次…

教師「男、次はお前だ」

男「!」

男「…えっと、レポートはやったけど…」

教師「ほう…やったけど?」

男「夢の中に置いてきました」

教師「居眠りをカッコよく言うな!立っとれ」

教師「んもぅっ…次は君だ」

ツンデレ「はい…」…
ツンデレ「以上」

教師「よろしい、頑張ったな」

ツンデレ「っ!!点数が欲しかっただけです!!一晩かけて一生懸命とかやってませんからね!!」
教師「あ…あぁ…よくわかった…」


548VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 19:00:07.22 ID:pNVsowNeO
休み時間

男友「あの静女ってコに凸だ」

男「その喋り方なんとかならんのか」
―――
――

静女「う…ごめんなさい…皆の前で発表するとき…つい張り切っちゃって…」

女友「張り切るとか言うレベルじゃなかったわね」

男「あぁ、完全に人格が変わってた」

静女「う…」ジワ

男「いや、悪い意味じゃないから!泣かなくていい、泣かなくていいから!!」

男友「MOE」

男「お前は泣かすぞ」

幼馴染「もしかして…静女ちゃんが、DJのユリちゃん?」

静女「う…」

静女「はい…。誰にも言わないでくださいね…?」

男(いやいや、さっきの授業でこのクラスの奴らにはバレただろ…)


549VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 19:05:24.93 ID:pNVsowNeO
男友「しかしアレだな、こんなコがあの天真爛漫なユリちゃんだったなんて」

男「灯台下暗しとはこの事だな」

お嬢様「私の諜報部を1000人ほど出しても見つからなかった訳ですわ…」

静女「………」グスッ

男「まさに性格が180度変わるんだな」

男友「こち亀の誰かさんみたいだね」

ツンデレ「うん」

男「こち亀知ってんのか」

ツンデレ「全巻もってる」

男「そうですか」


550VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 19:08:38.04 ID:pNVsowNeO
帰り道

男「いやー、今日はたまげた」

幼馴染「びっくりしたよね」

後輩「…何がですか?」

幼馴染「あのね…」
男「ストップ」

幼馴染「…あっ」

男「言わないでって言われただろ」

幼馴染「ゴメンね~、今のナシ」

後輩「な…なんですか、ソレ…気になるなぁ~」


552VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 19:18:04.94 ID:pNVsowNeO
自宅

ガララッ
幼馴染「えへへッ久しぶりに来ちゃった」

男「おう」

幼馴染「いきなりでアレだけどさ…あのコの事…気になるの…?」
男「ある意味気になる」

幼馴染「あららら…」

男「まぁ、今日は疲れたな、寝よ」

幼馴染「私もここで寝ていい?」

男「え…なんで?」

幼馴染「あ、変な意味じゃないよっ!?ただ単に寝たいだけ!」

男「あぁ、ご自由にどうぞ」グデェ…

幼馴染「えへへへ」ゴソゴソ

男「同じ布団で寝るのは何年ぶりか」
幼馴染「そうだねぇ…」

男「Zz…」

幼馴染「Zz…」


553VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 19:23:54.69 ID:pNVsowNeO
翌日

学校

男「おはよーさん」

静女「ぁ…ぉはょ…」

男「今日も昼休み、放送するの?」

静女「う、うん…あの放送室に行くのが、私、学校の楽しみだから…」

男「へぇ…じゃ、今日一緒に行ってもいいかな?」

静女「うん…いいよ…」


女友「おいまさか…」

男「焦るな、今日は本当に見てみたいだけですよ」

女友「今日はって…」


554VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 19:33:40.25 ID:pNVsowNeO
昼休み
放送室

静女「あの…笑わないでくださいね…」

男「うん」

ブツッ
『はぁーいっ!皆元気してるーッ!?今日のお弁当は何かなァ?たこさんウィンナー?ハンバーグ?』

男「うぉ…」

『じゃ、今日もステキなランチタイムを皆にお届けするよぉ~ッ!まずは、私の今日のお弁当の紹介で~す!なんじゃそりゃー』

男「はははっ」
男(いやぁ、本当に楽しそうだなぁ…)
男(まぁ、明日には別の楽しさも教えてあげちゃおうかなっ)
――

『ん?そろそろ時間ですねー…じゃ、今日はここまでだよっ!聴いてくれてありがとねーッ!バイバイッ』

静女「…」
静女「…ふぅ…」

男「お疲れさん」

静女「ぁ…」
静女「は…恥ずかしいッ……!」ダッ

男「あららら」


555VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 19:49:13.84 ID:pNVsowNeO
男「あ、あのさ」

静女「ぅ…」

男「さっきの奴、間近でみたけど」
男「すごく楽しかった」

静女「え…」

男「また、明日も一緒に行っていいかな?」

静女「…はい…」ニコッ

男「ただ、もっと楽しい放送の仕方思いついたんだ!」

静女「な…なんですか?それ…」

男「ん…明日教えるよ」

静女「…わかりました」


556VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 19:53:49.51 ID:pNVsowNeO
自宅

男「さーてと、明日は忙しくなるぞ」ゴソゴソ

男「これでよしっ…」

男「明日は結構…いやかなり楽しみだなぁ…早く寝よう」

男「…」Zzz…


561VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:06:20.41 ID:pNVsowNeO
翌日

幼馴染「おはよーッ!!」

男「おう」

女友「おは」

男「よう」

ツンデレ「…う…おはよ…」

後輩「おはようございますっ」

男友「おはよう!男くんっ」ピトッ

男「ええい離れろ。お前、なんかホモな気がしてきた」

男友「俺は三度の飯より女の子だ」

男「安心した」


562VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:07:46.66 ID:pNVsowNeO
学校

男「おはよ」

静女「お…おはよう…」

男「今日も一緒に行くよ」

静女「うん…で、楽しいことって…」

男「だーめ、放送室でのお楽しみ」


563VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:10:15.99 ID:pNVsowNeO
昼休み

男「じゃ、行こうか」

静女「…うんっ…」


放送室

静女「で…どうするの…?」

男「ん?あぁ…これこれ」スッ

静女「…?布…?ハチマキ…?」

男「これで目隠しして放送してみて」

静女「?」


565VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:15:38.60 ID:pNVsowNeO
男「別にテキストとか用意してる訳じゃないだろ?」

静女「…うん…全部アドリブ…」

男「君のDJのよさは、その尽きないネタなんだ」

男「逆に言えば、日頃なんでもない事や、ささいな事をなんでもネタにできることがすごいんだ」

静女「……//」

男「そこで!ほら、目を閉じたらイメージが浮かびやすくなるって言うだろ?」

静女「うん…」

男「その要領でいけば、多分もっと面白くなるよ。さ、やってみて」

静女「…うん…」ギュッ


570VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:28:50.17 ID:pNVsowNeO
静女「…」コホンッ…

『ヤッホーーッ!!あははっビックリした?じゃ、今日もユリちゃんのレイディオ!!始まるよぉーーーッ!!』

男「よし…」

『じゃあ今日はねー、恒例のユリちゃんの日常トークをしまーす!!
昨日は…あ!そうそう!昨日はねー』

静女(す…すごい…本当にイメージがスラスラ出てくる…)

『でね!噛み付かれるかなーって思ったの!!でも私のチョコ(愛犬)はねー、』

ムニュッ

静女「んっ…!?」ピクッ

静女「…?…?」


573VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:34:57.37 ID:pNVsowNeO
静女(気のせいかな…)

『じゃあ、皆の大好きなミュージックタイム!今日は3年A組の男の子からリクエストもらってまーす!では…この曲!』
『~~♪~♪♪~』

ムニュッ
静女「ぁっ…ちょっと…」
静女「男君…変なとこ触らない…で…」

男「…え?」

静女「えっ?」
静女(遠いところから…声…?)

男「触るって何を?俺、こんなところにいるから君には触れないよ?」

静女「え…」

モニュ
静女「んっ…!」
静女「じゃ…これ…は…?」

男「これ…?」

静女「触られてる…感じがっ…んっ…」

男「ははっそんなの気のせいだって」

静女(そうかなぁ…)


576VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:41:20.58 ID:pNVsowNeO
男(ナイスだツンデレ)

ツンデレ(こんなことするの…別にそんな趣味ないんだからね!)モミモミ

静女「ふっぁっ!」ピクンッ
静女(なんで…?どうして…?)

男「ん、曲終わったよ」

静女「はっ」

『う~ん…イイ曲だったねぇ~!今の曲で思い出したんだけど、このバンドのライブチケットを私ゲットしましたァ!!どうだ!羨ましいか~っ!』

スリスリッ

『んひゃぁッ!?』

男「どしたの?変な声出して」ボソ

静女「な…なんでもっ…ないっ…」


577VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:45:52.81 ID:pNVsowNeO
スリスリモミモミ

『えっ…えーと、次は、んくぅっ…ぁ…次はぁ…』

静女(どう…しよ…頭が真っ白になって…離せないぃ…)

教室

クラスメイト女「どうしたのかな?今日、具合悪いのかなぁ…」

クラスメイト男「なんてこった!具合が悪いのなら俺が変わってやりたい!!」


578VIPがお送りします[sage]:2010/06/20(日) 20:46:52.89 ID:FGyjqt3H0
んはぁっ・・・・んっはぁはぁ


580VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:52:31.51 ID:pNVsowNeO
静女「んっ…ふぅっ…」ピクッピクッ

男「ね」ボソ
男「今もしかしてやらしい事考えてる?」

静女「ぇ…」

男「目隠しされるだけでそんな事考えるなんて、とんだ変態さんだね」ボソッ
男「まぁ…静女ちゃんに限ってそんなこと、ないよね?」

静女「ぅ…うん…」
ツーッ…

静女「んぅっ!…」ピク

男「放送しなくていいの?」

静女「ぁ…」

『そ…それじゃあ、今日は何の日?のコーナーでーッす!!』

スリスリッ
『きっ、今日…は…あの有名大型…俳優っ…の…ぁうッ…誕生…日…ひぁッ…』ピクッピクンッ

男「…」ニヤニヤ

ツンデレ(結構ビンカンなんだね…このコ…)


582VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 20:59:27.07 ID:pNVsowNeO
『そし…て演歌歌手の誕生日でも…ふぁ…あってぇ… ビミョ…ーな組み合わせですよねぇ…!』

男「…ね」ボソッ
男「気持ちよくしてあげようか」

静女「…ぇ…」

クチュッ

『ひぁああッ!?』ビクンッ

男「…駄目だぞ、ちゃんと番組続けないと」ボソッ

クチュクチュ
『あっひぅう…ッ!んふぅう…』


教室

クラスメイト女「ユリちゃんの具合が悪化した!?」

クラスメイト男「ユリちゃあああん!!神様ぁああああ!!どうかユリちゃんを…!!」


583VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 21:03:55.33 ID:pNVsowNeO
男「全国生徒にこんなやらしい声聞かれてるんだぞ」ボソッ

静女「……!!」

男「ほら、そんなんで興奮しちゃうなんて、静女ちゃんはやっぱり変態さんだったのか」クチュクチュッ

『ぅぁ…んくっ…ぁああ…ッ!?』

静女(嘘…私…私…変態さん…だったんだ…)

男(目隠しすることで暗示効果が抜群にあがるからな、調教にはもってこいだ)


585VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 21:06:57.94 ID:pNVsowNeO
男「そうだ、このやらしい音を皆にも聴いてもらおうか」ボソッ

静女「ぇ…」

グイッ
『ヌチュ…』

男「ほら」

『グチュ…グチュ…』

静女「ふぁあ!!何か入ってくる!入ってくるぅぅ…ッ!!」ビク…ガクガクッ


588VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 21:12:22.78 ID:pNVsowNeO
『グチュッ…グチュグチュグチュグチュッ!』

教室

クラスメイト女「何これ…ノイズ…??」

クラスメイト男「俺は神を憎む!!何故!何故ユリちゃんを見捨てたぁあああ!」

クラスメイト女「死んでないって」

放送室

ツンデレ「うわぁ…」ゾクッ

男「大丈夫、マイクがしっかり中に入ってるから声は聞こえない。思いっきり声出していいよ」

グチュグチュッ
静女「ん…ふぁああッ!!あッ!?んぁあッ!!」

男「とどめだ」

グチュグチュグチュグチュ

静女「あッ!?ぁああッ!!ひぁああああッ!!!」ビクッ…ビクンッ!


589VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 21:17:23.92 ID:pNVsowNeO
静女「ぁっ…ぁっ…」ビクンッ…ビクッ…

ツンデレ「失神しちゃったね」

男「仕方ない」ヌチュ…
静女「ぁ…」

教室

『グチュ…』

クラスメイト女「ノイズが止んだ…」

『番組の途中失礼します。今日は、機器の調子が悪いので、調整のため、お休みとさせていただきます』ガチャ

クラスメイト女「なーんだ」

女友「男の声だ…」
放送室

静女「ぁっ…ひぁぁっ…」

男「君の性癖は?」

静女「皆に…えっちな声…を…んっ…聞かれて興奮しちゃ…うぅ…変態さんで…す…」ピクッピクッ

男「よし、いい子だ」


592VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 21:24:29.25 ID:pNVsowNeO
一週間後

静女「…つけました…はぁぅ…んっ」ピクンッ

男「よし…放送開始」

ヴヴヴ…

『こん…にちはぁ…んッはぁ…今日も…ユリちゃん…のっ…ぁぅっ…レイディォッ…始まるよぉ…んぁうっ…』

教室

クラスメイト女「なんか先週あたりからユリちゃんの放送スタイル大人っぽくなったよねー」

クラスメイト男「あぁ、なんというか、エロいっていうか…」

放送室

男「ほら、気持ちよすぎて集中できないか?ちゃんとしないとイカせないぞ?」ボソッ

『あはぁッ…ご、ごめんなさぃぃ…ッんッ』

おわり


593VIPがお送りします[sage]:2010/06/20(日) 21:25:36.49 ID:AhO4q5Po0


596VIPがお送りします[]:2010/06/20(日) 21:28:08.20 ID:ua5xD3wn0

この変態が!








はじめに
いつもコメント
ありがとうございます(`・ω・´)

アイテム
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
カウンター
アクセスランキング
info
フィードメーター - SS速
ブログランキング・にほんブログ村へ


PING送信プラス by SEO対策



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。