SS速

2ch SSまとめ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


唯「ぷれすて!」

1 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 00:54:59 ID:mSw35dpX
じゃじじゃーん どどどん!!

律「おーし、最後決まったし、今日は終わりにするかー」

澪「律は相変わらず走りすぎてたけどな……」

律「なんだとー!!」

紬「うふふ、さ、鍵締めますよ」

唯「ふぇー、ムギちゃん待ってよー。ギターが仕舞えないー」

梓「唯先輩、ギターのストラップ、引っかかってますって」

唯「あ、ほんとだ~、あずにゃんありがとー!!」

梓「あうう、そんな引っ付かないで下さい!」




2 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 00:57:35 ID:mSw35dpX
律「今日からもう3月か~」

澪「そうだな」

紬「はやいですね~」

梓「部員増やさなきゃ……」

唯「あー、そうだ、ねぇねぇ皆!」

澪紬律梓「?」

唯「あのさ、今日、皆帰ったら時間あるかな……」

律「ん?私はあるけど」

澪「わ……私は今日は、ちょっと……」

紬「11時くらいまでなら……」

梓「私も、ムギ先輩と同じくらいなら……」

律「なんだよ?」

唯「じつはさー、正月に引いた、駅前の福引の当選番号見たら、プレステ3が当たってたんだー!」

澪「え?本当?凄いじゃないか、唯!」

梓「なんと言う強運・・・凄いですね、先輩!」


3 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 00:59:48 ID:mSw35dpX
唯「えへへ~。それでね~、今まで出来なかったネットにも繋げたの!
だから、アドパで皆とお喋りできるかなって……」

律「お、そっか!!ヘッドセットも買ったのか!」

唯「うん!良くわかんなかったから、憂に教えてもらって……」

紬「……」

梓「プレステ3、家にもありますから、参加しますよ!でも久しぶりだな、起動するの」

律「携帯と違って、みんなで同時に喋れるのが面白いよな!ま、パソコンでも出来るけどさ、
私、パソコン苦手でさ……」

唯「私もー、でもゲームだと簡単だし!」

梓「自分のお部屋に居ながら先輩達と話するの、なんかわくわくします!」

唯「でしょでしょー!あずにゃん、わかってるねー!」

律「高校生だし、深夜に集まるなんて無理だからな!おし、弟のプレステ3
借りて、私も参加するよ!」

唯「澪ちゃんは駄目なのか……淋しいな~」

澪「あ、うん……。又今度参加するよ、ごめんな、唯」


4 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:04:21 ID:mSw35dpX
唯「あ、ムギちゃんは??」

紬「へ?ぷ、プリンセス3なら家にあるから、さ、参加するわ!」

梓「ぷりんせす?」

紬「え・・えと、プリンプリン3だったっけ……」

律「プレステ3だろ、てかさ、ムギ、ゲームなんかするの?」

紬「や、やるわよ、私だって!」

梓「紬先輩、どんなゲームやるんですか?」

紬「えーと……あれよ、いっきとか」

唯「へ?どんなゲームなの、それ」

紬「えと、間違えたわ、あれよ。えーとシェンムーとか」

澪「それはドリキャスだろ」

律「怪しいな、ムギ。ほんとにプレステ3あるのか?」

紬「あ、あるわ!あるから私も参加する!」

唯「うん、楽しみにしてるよ!じゃ、今日アドパで部屋作るから出来たらメールするね!」

律「楽しみにしてるよ」

梓「待ってます!」

紬「わ、私も!」

澪「……」

唯「うん、じゃ、あとでねー!!」


5 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:09:15 ID:mSw35dpX
と言う訳で、皆それぞれ家に帰りました! by唯(キリッ


唯宅

唯「ぷれすてー、ぷれすてー!よし、このボタンを…ぽちっとな!」

唯「おお~、最新型は凄いね!大きさもスリムになったし……」

憂「お姉ちゃん、ゲームするの?」

唯「うーうん、お喋りするんだ!」

憂「あ、アドホックパーティね。やり方わかる?」

唯「分からなくなったら教えてー!」

憂「やれやれ……」


律宅

律「と、言う訳で、プレステ借りるぞ!」

律「いいけど、姉ちゃん、データ弄るなよ!汗と涙と苦労の結晶だし、
バックアップとって無いんだからな!」

律「アドパするだけだから心配ないよ。しかし、これ、結構重いな……」

律「今のは軽そうだけどな。初期型だから仕方ないよ」

律「今のは薄いんだっけ?ま、これはこれでまだ使えるんだから我慢だな。
じゃ、終わったら返すよ」

律「うん」


6 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:09:59 ID:mSw35dpX
梓宅

梓「えーと、久しぶりだなー、これ起動するの。暫らく動かしてないから、
アップデートになるんだろうな……唯先輩からメール来る前にセッティング
しなきゃ!」

梓「あ、その前にまず、コントローラーの電源の残りがあるかな……」


7 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:10:58 ID:mSw35dpX
紬宅

紬「斉藤!ちょっとすぐ来て!」

斉藤「なんでしょうか、お嬢様」

紬「あれよ、ゲーム機を買ってきてネットにつなげて欲しいのよ!」

斉藤「ゲーム……かしこまりました、お嬢様。して、どのゲームを?」

紬「えーと……」

紬「(しまった!名前をメモするの忘れた……なんだっけ?プ……プレーリードッグ???)」

斉藤「お嬢様、今はこのようなゲーム機が販売されておりますが……」

紬「三種類あるのね、えーと……」

斉藤「お嬢様、ネットといえば、あの白いディスクの音が五月蝿いゲーム機ならネットに繋げているはずですが?」

紬「あ、あれは駄目なのよ。内蔵電池切れてるし、そもそもネットが違うし」

斉藤「左様ですか、私にはどれも同じように見えますが……」


8 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:12:00 ID:mSw35dpX
「(しまったなぁ、今更唯ちゃんに聞けないし。でもネットできるんだから……これかな?」

斉藤「どうしますか、お嬢様」

紬「斉藤、これを買ってきて!そしてすぐにつなげて欲しいの!」

斉藤「かしこまりました、それで、いつまでにすれば……」

紬「今夜よ!唯ちゃんからメールが来るまでに!」

斉藤「なんと!今日ですか……うむむ、しかし、お嬢様がお困りとあらば、斉藤、すぐに店に向かいます!」

紬「お願いよ、斉藤!」

斉藤「このえっくすぼっくす三百六十でよろしいのですね?」

紬「ええ、それよ!お願いね!」

斉藤「かしこまりました。もし斉藤が帰る前にメールが来たら、上手く引き伸ばしてください、では!」

紬「ごねんね、斉藤。まってるわね!」

紬「(……何年かぶりに我侭言っちゃった……ごめんね、斉藤。でも、私だって皆とお話したいの……)」


9 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:12:56 ID:mSw35dpX
澪宅

澪「えーと、エフ……」


10 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:14:57 ID:mSw35dpX
唯宅

唯「よーし、何処に部屋を作ろうかな~、ま、どこでもいいや」

唯「あはは、この人型、可愛いな!」

唯「よしっと。一応、部屋を閉じておいてと……憂、これでいいのかな?」

憂「そうそう。あとは先輩と梓ちゃんにメールだね!」

唯「うふふ、楽しみだな~」


11 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:22:08 ID:mSw35dpX
律宅

律「よし、準備完了っと。では、スイッチオーン!ぽちっとな!」

ぴぴぴぴぴ

律「ん?何か変だぞ・・・もう一度再起動だ!」

律「ありゃ、エラー8001050Fって何だよこれ、壊れてるじゃん」

律「おーい、聡ー、だめじゃん、大事に使わなきゃ」

聡「へ?」

律「ゲーム、壊れてるよ エラーとかって出て来た エラー8001050Fだって」

聡「エラー8001050Fだって! あああああ!何てことすんだよ姉ちゃん!」

律「わ、私じゃないよ!私は聡が繋げてくれたのに、電源入れただけだよ!」

聡「これ、基盤壊れたってエラーなんだよ!見せてみてよ」

律「そうなのか?」

聡「うわー……駄目だ、日付がおかしくなってる」

律「ありゃ、元旦になってる。あけましておめでとう!」

聡「酷いよ姉ちゃん、おめでたくないよ……あ、ゲームが起動しない!
は、破損データ……、ト、トロフィーも……うわぁぁぁぁー!!」

律「おい、聡、落ち着けよ!」


12 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:23:02 ID:mSw35dpX
梓宅

梓「それじゃ、スイッチオン!」

梓「あれ?なんだろう、エラー8001050F?」

梓「ああ、カスタムテーマまで壊れちゃってる!何でよりによってこのタイミングで!!」

梓「折角、唯先輩とお話できると思ったのに……日にちもおかしいや」

梓「このエラー、何だろう?まずはネットで調べてみようかな?」

梓「う……なんだかアクセスが重いよ。これじゃ調べられないよう……」


13 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:25:07 ID:mSw35dpX
澪宅

澪「エフ……」


14 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:28:48 ID:mSw35dpX
紬宅


斉藤「お嬢様、お待たせいたしました!」

紬「斉藤!ありがとう、大変だったでしょう……」

斉藤「ははは、なに、お嬢様の為ならこの斉藤、何処でも行きますよ!
ですが……お嬢様、一つ問題が」

紬「何?」

斉藤「いえ、店が時間が時間で閉まっておりまして、開いていた店も中古しか在庫が無く……
中古となってしまいました」

紬「中古……そうですか、でも動けば構いません。早速接続を!」

斉藤「かしこまりました、お嬢様」


15 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:32:15 ID:mSw35dpX
律宅

聡「うわー、駄目だ。データーが壊れてるし、いくら日付を治しても
正確な日付にならない……」

律「ごめんな、聡。私、本当に電源を入れただけなんだよ……」

聡「うん、姉ちゃんを信じるよ、取り乱して悪かった。バックアップ取らなかった俺が悪いんだ。
一応、初期化してみるよ。これで治るかもしれないし」

律「そ、そうなのか?でもデータ消えちゃうぞ?」

聡「うううう……姉ちゃん、それは言わない約束だろ……」

津「そ、そうだな。(てか、ゲームもいいけど勉強もしろよな……人の事は言えないけど)」

聡「さよなら……俺の戦果の証、さよなら……俺の勲章」

律「大げさだな!それより、そろそろネット繋げたいからサクサク初期化してよ」

ピッ

聡「あああああああ!ひどいよ!せめて初期化のスイッチは俺が押したったのに!!」

律「ごめんごめん……」


16 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:35:33 ID:mSw35dpX
梓宅

梓「うーん、やっぱり駄目。他のサイトで検索を……
ん?うるう年のバグ?あらら……私のも旧型だ。今日は電源を落として
明日立ち上げてみるしかないかな」

梓「バックアップがあるし、少し様子見かな。お喋りできないのは悲しいけど
ネットも繋げられないんじゃなぁ……」


17 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:37:59 ID:mSw35dpX
紬宅

斉藤「よし、出来ましたよ、お嬢様」

紬「有難う、斉藤!では早速電源を……あら???」

斉藤「ど、どうしましたお嬢様?」

紬「斉藤、これ、なんかおかしいわ」

斉藤「ほほう、スイッチが赤く光ってますな。これは……
お待ちください、少し調べてまいります」

紬「お願いよ、斉藤。唯ちゃんからメールが来ちゃうわ」

斉藤「む……斉藤、一生の不覚!お嬢様、このえっくすぼっくすは壊れております」

紬「なんですって!今日買ったばかりで……あ!!!」

斉藤「済みません、お嬢様、中古品でした故……すぐに店に行き、交換致します!」

紬「いえ、いいわ、もう間に合わないし、その店も閉まるでしょう、ご苦労でした斉藤」

斉藤「うううううう申し訳ありません、お嬢様。……斉藤、切腹いたします」

紬「介錯は逆刃刀でいいかしら?」

斉藤「お嬢様、せめてジョークで返してください!!!!!!!」

紬「(折角のお話タイムだったのに……悲しい……)」


18 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:39:56 ID:mSw35dpX
唯宅


唯「よし!メールもしたし、楽しみだな~早く来ないかな~」


ヴィーヴィー

唯「ほえ?メールだ。誰だろ?」

唯「律っちゃん?ムギちゃん、あずにゃんまで??」

憂「どうしたの、お姉ちゃん」

唯「憂~、私嫌われてるんだよ、うわぁぁ~ん」

憂「ちょっと、どうしたの、お姉ちゃん!しっかりして!」

唯「だってだって!家のプレステはこんなに元気なのに、皆急に壊れたって言うんだよ、
私とお話したくないんだよぅ~えーん……電話もしにくいよ……」

憂「え?そんな……お姉ちゃん、メール見てもいい?」

唯「グスングスン……いいよ……」


19 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:41:05 ID:mSw35dpX
fromりっちゃん

ごめん!

何か家のプレステ壊れちゃったんだ。エラーとか言うの。
弟が半狂乱だよ。初期化?したけど駄目みたい。だから今日は参加できないよ、
ごめんね。



fromあずにゃん

唯先輩へ

唯先輩、こんばんわ!楽しみにしていたんですけど、エラーがでて
プレステ3が動きません。ネットも繋がらなくて。どうしてこんなことに
なっちゃったんだろう……悲しいです。他の先輩方にもメールしておきます。
ごめんなさい。


fromムギちゃん

今日はごめんなさい。ゲーム機が壊れてしまって。
頑張ったんだけど今日は無理みたいです。
ごめんなさい。また誘ってね!


20 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:42:25 ID:mSw35dpX
憂「うーん」

唯「酷いよ酷いよ……」

憂「よしよし、泣かないでお姉ちゃん。でも、これ何かおかしいよ。
本当に故障したのかもしれないよ。ちょっと調べてあげるから待ってて」

唯「うん……」


21 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:43:23 ID:mSw35dpX
澪宅


澪「エフ……何人たりとも、おらの前を走らせないってあったなぁ」


22 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:44:22 ID:mSw35dpX
唯宅


憂「お姉ちゃん、安心して。どうやら本当に壊れたみたいだよ」

唯「本当なの??」

憂「うん、うるう年のバグみたい。今日を2月29日と勘違いしてるんだね。
先輩方のプレステ3は多分、旧型だと思うよ。お姉ちゃんは新型でしょ、
旧型で起るトラブルみたい」

唯「ほ、本当だ。こんな事もあるんだ……良かった、嫌われてると思ったから……」

憂「大丈夫だから、電話してみて。」

唯「うん!」


23 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:45:40 ID:mSw35dpX
ぴぴぴぴぴ・・・


律「ほーい、あ、唯。ごめん、なんかさーエラー8001050F
とか言うのがでてさ。うん、日付も元日になってて。うん、
え?古い奴だよ、家のは。発売当時に買った奴。うん。
弟が初期化して、セーブデータが真っ白け。凄い落ち込んでるよ。
うん、うん。あ、唯の所のは大丈夫なんだ。新型はいいやね~。
うん、ごめんね。修理に出すとか言ってるからさ。うん。
え?バグ?あー、そうなんだ。うん、分かった、伝えとく。
唯、ごめんね?うん。じゃ、明日ね!」


24 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 01:47:54 ID:mSw35dpX
ぴろぴろりん


梓「あ、唯先輩!聞いてくださいよ、家のプレステ、壊れちゃって。
え?エラー?家は弄らないですぐ電源落としたんですけど。ええ、あ、日付はおかしかった
ですね。セーブ?あ、それはバックアップが…あ、えと、つまり、控えが取ってあるんで。
ええ、そうです。今日、楽しみだったんですけど……あ、古いんですよ、家のプレステ3。
ええ、あ?律先輩のもですか?あらら……。ええ、なんか、明日には直るみたいです。
はい。御免なさい、先輩。又誘って下さい!はい!それじゃ、お休みなさい……」


25 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 02:10:10 ID:mSw35dpX
ぴぴっぴぷー

紬「あ、唯ちゃん。ごめんね、家のゲーム機、壊れちゃったの。
赤いランプが点いてて。え?え…ええ、そうそう!バグなの。
うん。え?古いといえば古いかな……ち、中古なの。
うん。やっぱり海外メーカーは駄目ね。椎茸みたいなマーク
で。外見は白くて綺麗だけど。え?日本製?え?黒?黒い色??
あ……あれ、電波が…あれ?ゆ、唯ちゃん、聞こえないから切るわね。」ぴっ


26 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 02:14:06 ID:mSw35dpX
斉藤「お嬢様、お屋敷内はバリ3ですが」

紬「斉藤、この箱はすぐ売ってきて下さい。」

斉藤「は?もう不要ですか?」

紬「ええ。それでプレステ3と言うのを買ってきて下さい。
明日でいいですから。」

斉藤「畏まりました。では、箱は売却します。」

紬「(危なかった……なんか分からないけど、結果オーライみたいね!)」


唯宅

唯「憂の言う通りで、何かみんなおかしいみたいだよ。良かった。
私、嫌われてるんじゃなかった。皆を信頼出来ないなんて、駄目だね」

憂「仕方ないよ、お姉ちゃん。世界的にも大騒ぎみたいだよ。」

唯「うー、そうなの。ま、いいや、今日はもう寝ようっと。」

憂「お姉ちゃん、アイス食べたんだからちゃんと歯を磨いてね!」

唯「はーい」

憂「(さすがだわ……こんなタイマーを仕込むとは恐ろしい……)」


27 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 02:16:57 ID:mSw35dpX
澪宅

澪「疲れてきたよ……」



そんなこんなで翌日になりました!By唯(キリッ


律「おーす、唯、昨日はごめんな」

唯「仕方ないよ、律っちゃん。それにしてもゲーム機
も大変だよね うるう年が分からなくなるなんて」

梓「私はバックアップとってて、無事に復帰できそうですけど、律先輩の所は、
初期化しちゃったんですか?」

律「うん。弟が死んだような目をしてた」

唯「ムギちゃんとこも、大変だったね~」

紬「え、ええ。そ、そうね」

律「ところで、澪は?」

唯「あ、澪ちゃんなら、腱鞘炎で病院に行くって言ってたよ~指がおかしいって」

梓「腱鞘炎?練習しすぎたのかなぁ。澪先輩」

律「澪がいないんじゃ仕方ないか。今日はゲーム談義でもするか!」

梓「あ、ところで紬先輩の言ってたシェンムーってゲーム、プレステ3では無いみたいなんですけど、
海外のゲームですか?一揆って言うのもないんですけど」

紬「こ、紅茶入れてくるわね~」

律「梓、もう許してやれよ」


おはり



 こんばんわ!皆さんの所はどうですか?家は何とか平気です。二期楽しみですよね!
ではでは、良い夢を!


31 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:41:27 ID:mSw35dpX
第二幕

ゆううつ!


32 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:42:18 ID:mSw35dpX
ぎゃーん、っぎゃんぎゃん

唯「違うよ~、あずにゃん。こう、此処のリフでネックを上げ下げするんだよ。そうそう!。」

梓「唯先輩~。何か恥ずかしいですよこれ・・。」

澪「あれ、二人とも早いね。」

梓「あ、澪先輩!。」

唯「澪ちゃん!。」

澪「?二人とも何してるんだ?。」

梓「聞いてくださいよ、澪先輩。唯先輩ってば、ギターソロのところで・・・。」

澪「?。」

梓「ネックバンキングしようって言うんです。」

澪「!!!!。」


33 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:43:09 ID:mSw35dpX
唯「んとねー、この前、律っちゃんから借りたPVのDVDを借りたら、何かかっこよくてさぁー。」

唯「二人でソロの時に揃ってやったら、きっと決まると思ったんだよ~。」

澪「ああ・・まぁ、そう言うパフォーマンスもいいかもな、うん。」

梓「澪先輩も・・・・・あっ・・・・・。」

唯「あ・・・・あずにゃん・・・。」

澪「あ・・・・はは、私はレフティだから。揃わないもんな。二人ですればいいじゃないか。

きっとかっこいいと思うよ・・。」

唯梓「・・・・・・。」


34 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:45:11 ID:mSw35dpX
律「おいーっす。なんだ、もう練習始めてんの?気合入ってるね~。」

紬「あらあら、じゃ早速合わせましょうか。」

唯「おおー!!じゃあ、あずにゃん、さっきのタイミングでね!。」

梓「ええ~・・・本当にやるんですか??。」

律「?何だよ、二人して。」

唯「えへへ~。まぁ見ててよ律っちゃん!。」

律「?じゃ、行くぞー、ワンツースリ―フォっ!。」


どんだだどんだだ・・・

唯「(よーし、ギターソロ、行くよ、ギー太!、あずにゃん!。)」チラッ

梓「(恥ずかしいなぁ・・・でも、えーい、やっちゃえ!。)」

ぎゃーん、っぎゃんぎゃん


35 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:47:12 ID:mSw35dpX
律「!」

唯「(まぁ!。)」

澪「(・・・・・。)」

じゃーん、どどん!

律「おいおい、何だよ二人ともー。カッコいいじゃん、いいじゃん!。」

紬「ぴったり合ってましたよ!素敵~!。」

唯「でしょでしょー!ねー、やって良かったでしょ、あずにゃん!!。」ニパー

梓「・・え。えぇ、ま、まぁまぁじゃないですかね。」

唯「もうー、あずにゃんったら、照 れ 屋 さ ん !。」スリスリ

梓「もう、引っ付かないで下さい!。」

律「いやいや、でも、いい感じだったよ!ステージのアクセントにもなるしさ、いいんじゃないかな!。」

唯「でしょ!律っちゃん隊員のDVD参考にしてみたの。」

律「!おお、あれか!早速取り入れたんだな!。」

唯「まぁ・・後は、あずにゃんが良いって言ってくれれば・・・演奏会でやってみたいかなー、なんて・・・。」チラ

梓「!・・べ、別に私は・・いいですよ!唯先輩がやろうというなら、やりましょう。」

紬「梓ちゃん、素直じゃないのね~。」

梓「に、にゃ!・・・。」

律「あははは、梓もまんざらじゃなさそうだしな!いいんじゃない!是非入れようよ!。」

澪「・・・・・・。」


36 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:50:01 ID:mSw35dpX
澪「(いいなぁ・・・唯と梓。)」

澪「(私も、歌以外ならいろいろやってみたいんだけどな・・・でも私、左だから、

一緒にネックを上げ下げしても決まらないよな・・・。)」

ぼっ、ぼぼ~・・ん

澪「!あぁ!。」

どんどど・・・だだん。

律「おいおい、み~お~。何ミスってんだよ~。」

紬「澪ちゃん、珍しいですね~。」

澪「!!あ・・ご、ごめん。ちょっと手元が・・・。」

澪「ご、ごめん。もう一回、・・・やろう。」

律「ん~。じゃ、もいっかい、2フレーズ目からね!。」


37 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:50:47 ID:mSw35dpX
どんだだどんだだ・・

澪「(まずいまずい!余計な事考えちゃ駄目だ!集中集中!・・・。」

律「ストップ、ストーップ!。」

どどん!

澪「?律、なんだよ?。」

律「澪!今日おかしいぞ!全然弾けてないじゃんか!。」

紬「・・・・・。」

唯「・・澪ちゃん・・・。」

梓「・・・。」

律「澪、そこ、フレーズ変えるんじゃなかったのかよ!。2フレーズ目って言ったじゃん。」

澪「?・・・あ!。」

律「あ!じゃないよ・・・如何したんだよ、澪。らしくないよ・・。」

澪「あう・・ご、ごめん・・・その・・・。」

紬「・・まぁまぁ、少し休憩にしない?今日はシュ―クリームなの!。」

唯「わーい、おやつおやつ~!。」

律「現金なやつだな、唯。」


38 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:52:55 ID:mSw35dpX
こぽぽぽぽ・・・

律「ずずー。」

唯「ちびちび」

澪「こくこく」

梓「くぴくぴ」


律「まぁさー。唯もアクション入れれる位、余裕もって弾けるようになった訳だ。

感慨深いな。」

唯「ん~。でもまだまだだよ~。あずにゃんに教えて貰ってるし・・・。」

梓「でもいいと思いますよ、先輩。」

紬「ええ、とっても。」

澪「・・・・・。」


39 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:54:23 ID:mSw35dpX
がたっ

律「?澪、どったの?。」

澪「わ・・悪い、ちょっと用事思い出した・・・今日は先に、帰るよ・・。」

唯「えー!えー!澪ちゃんだけずるーいー!。」

律「澪、具合でも悪いのか?。」

澪「い、いや、そうじゃないけど。ごめん、明日は自主練しておくから。じゃあ・・・。」

がちゃん。

律「?なんだあいつ・・・。」

紬「・・・・・シュークリーム、美味しくなかったのかなぁ・・。」ショボーン

律「(・・・澪の奴、殆ど食べて無いじゃん・・・・。)。」


40 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:55:37 ID:mSw35dpX
律「ま、さ。取り敢えず残りのパート、一通り合わせてみるか!。」

梓「はい!。」

唯「えー、律っちゃん、今日はもう終わりにしようよ~。」

律「駄目だ、唯。唯は一つ覚えると一つ忘れちゃうんだから。通しでしっかりマスターしないと、

ギターソロ、梓と合わなくなるぞ!。」

唯「おおぅ、それはまずいよね!よーし、頑張る~!!。」

梓「もう、先輩、意気込みだけじゃ駄目ですよ!。」

紬「うふふふ・・・。二人とも息ぴったりですね。羨ましい・・・。」

律「(・・・・澪・・・・。)」


41 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:57:45 ID:mSw35dpX
翌日

唯「あ~!!ムギちゃん、それー!!。」

梓「紬先輩、そのキーボード・・・。」

紬「うふふ、私もね、持ってたの!ショルダーキーボード!。」

唯「じゃさ、ムギちゃんも一緒にやろーよ!!。」

紬「ええ、そのつもりで。」

律「(・・・・ムギ、空気読めよ~・・・・澪がいじけちゃうじゃん・・・。)」

紬「?律ちゃん、どうしたの?険しい顔して・・・。」

律「(まぁ、ムギは天然だからなぁ・・他意はないんだろうな~。)」

梓「三人であわせるのって、何か凄いですね!わくわくします!!。」

唯「よーし、早速練習しようー!。」

紬梓「おー!。」

がちゃ

澪「ごめん、遅れた・・・・・。」

紬「あ、澪ちゃん!。」

澪「あ・・・ムギ、それ・・・・・。」

律「(あーあ・・・・澪、顔に出ちゃうからなぁ・・・。)」

紬「?。」

唯「澪ちゃん、ムギちゃんも一緒にソロパートできるように持ってきたんだよ~。」

澪「あ・・・・ああ、そうだな・・・それだと三人で出来るもんな・・・。」

律「(ほーれ。テンション落ちてきた・・・・。)」

律「でもさ、ムギ。横置きで練習してて、いきなりハンディで出来るのか?。」

紬「昨日練習したの!寝たのは今朝の4時!。」

律「(なんでそんなに気合入れちゃうんだよ、ムギ~・・・。)」

律「ああ、そうなんだ。じゃ、通しであわせるか。ムギ、それで合わないようなら横置きに戻すしかないぞ。」

紬「望むところよ、律っちゃん!。」

唯「おお~。やる気まんまんだー!。」

律「(やれやれ・・・・。)よーし、いくぞ、ワンツースリーフォ!。」


42 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 16:59:20 ID:mSw35dpX
どんだだどんだだ・・・


律「(ぼちぼちか~。合うかな?ムギ。)」

ぎゃーん、っぎゃんぎゃん

澪「!!。」

律「(流石だな、ムギ。ばっちりだ。)。」


じゃーん、どどん!

唯「いえーい!!。」

梓「紬先輩、凄いです、キーボード、ばっちりじゃないですか!。」

紬「ええ。ちょっと自信なかったんだけど・・・・良かった!。」

律「いやぁ・・・やるな、ムギ。じゃ、これで行こうぜ!。」

紬「ええ!。」

澪「・・・・・・・。」

律「み、澪・・・いいよな、これで。」

澪「・・・何だよ、良いに決まってるだろ。軽音部の部長が良いって言ってるんだから・・・。」

紬「・・・・あ!!。」

唯梓「?」


43 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:06:23 ID:mSw35dpX
律「(・・・ムギ・・・今気が付いたか・・・。)」

紬「あ。律っちゃん、あの、私・・・・・。」

律「・・・。」

紬「やっぱり、いつものキーボードで演奏するわ。」

唯「え~。なんでなんでー!!ムギちゃんもやろうよー!!。」

梓「(しまった・・・・私も浮かれてた!この曲・・・澪先輩が独りぼっちになっちゃう・・・。)」

梓「あ、唯先輩!これ、やっぱ辞めましょうよ、恥ずかしいし。」

唯「ええ~!なんであずにゃんまで!さっきあんなにばっり決まったじゃない!。」

律「(・・・ま、確かに。さっきのは三人とも、ばっちり合ってたなぁ~。唯も天然だからな。)」

澪「いいんだよ、ムギ。梓。遠慮しなくて。私は、自分の演奏で精一杯だからさ。」

唯「あ!。」

律「(唯・・・・遅いけど一応気が付いたか・・・。)」

唯「あ・・・あの~。私も、やめようかな、これ。」

紬梓「・・・・・・・。」

澪「いいって言ってんだろ!なんで遠慮するんだよ!私は気にしないよ。」

唯「み、澪ちゃん・・。」

澪「気を使われたら、もっと惨めになるからさ、唯。やろう!三人でさ。」

唯「・・・・みおちゃん・・・・・・。」ショボーン

律「(うう・・やばいな。空気が重い。ま、唯も良かれと思って提案したんだし・・・

唯にとっちゃ、進歩だよ。それにすぐ合わせる事の出来る梓のスキル、ムギの努力、流石だよ。)」

律「(でもなぁ・・澪・・・・・。)」


44 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:07:54 ID:mSw35dpX
翌日

律「おいーっす!。」

紬「あ、律っちゃん。」

唯「あのね・・・律ちゃん・・・澪ちゃんが・・。」

律「?。」

梓「練習、休むって・・・・用事があるからって。」

律「(あらら・・澪の奴・・・。)」

唯「律っちゃんどうしよう、私の所為だよね・・・。」ショボーン

律「いや~、そんな事無いだろ。ま、取り敢えず、通しでチェックするか。」

紬「澪ちゃん無しで?。」

律「ん~・・・ま、日にちないし。取り敢えずね。」

梓「・・・・・。」


45 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:08:47 ID:mSw35dpX
楽器店

うぃーん

店員「いらっしゃいませー。」

澪「あ、あの・・・。」

店員「あ、これは紬お嬢様のお友達の!。先日はどうも。」

澪「あ・・どうも・・。」

店員「レフティフェア、近々、またやりますから是非ご来店なさってくださいね!。」

澪「あ・・いや、あの~・・。」


46 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:10:18 ID:mSw35dpX
店員「え?今からですか?。」

澪「ええ、一曲だけで良いんですが・・・。」

店員「それでこの前、お見えになってたんですか・・・。ううーん、弦を逆に張り替えるとかして弾いている方もいますが・・・・

レフティの方がむしろかっこいいですし・・・・無理に右にする事も・・・。」

澪「一曲だけでも、右で演奏してみたいんです!。」

店員「確かに、レフティであれだけ弾けている訳ですから、練習次第ではいけると

思いますが、負担も大きいですよ。演奏会はいつなんですか?。」

澪「一週間後なんですけど。」

店員「うう~ん、かなり厳しいですね。あまりお勧めできないですけど・・・。」

澪「・・・・。」


店員「えーと、で、ベースの費用は・・どの位をお考えですか?。」

澪「!!!!!。」


47 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:12:31 ID:mSw35dpX
うぃーん

澪「(ああ・・・馬鹿だ私。何やってるんだろう・・・・。)」トボトボ

澪「(私もネックバンキングして見たいな。三人揃って。・・でも無理か・・。)」

澪「(思い付きで部活休んで、楽器店なんか来て。今更右のベースなんて買えるわけもないし。

こんなんじゃ、部室で練習してた方がましだったじゃないか・・・私の馬鹿馬鹿馬鹿!!。)」シュン

律「みーお~。」

澪「ひっ!!。」

律「用事って、な~に~?。」

澪「あっと・・・え~っと・・てか、律!何でこんなトコにいるんだよ!練習どうしたんだ!。」

律「・・・・澪がいないから一曲やって、切り上げた。」

澪「な!なんでだよ!演奏会もうすぐなのに!。」

律「澪がいないと・・・気合・・入んないよ・・・。」

澪「・・・律・・・。」

律「・・・・澪、どうせ用事ないんだろ?たまには二人きりでお茶していかない?。」

澪「・・・・・・・・・・うん・・・・・・。」


48 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:15:00 ID:mSw35dpX
いい感じの喫茶店


律「此処のケーキセット、美味いんだぜ~。」

澪「へぇ・・・・あ、本当だ。おいし・・・。」

律「へへ~、軽音部の皆にも内緒の、私だけの穴場なんだ。」

澪「そうなのか?。」

律「澪は特別。」

澪「・・・あ、ありがと・・。」

律「澪も唯達とあわせたいんだ。」

澪「!!」

律「左でも合わなくないけど、向きが違うからなぁ。今から右にするのは厳しいと思うぜ。」

澪「・・・どうして、それを・・。」

律「なんだ、あたりか。」

澪「・・あ!。」

律「澪、あっさり引っかかりすぎだよ。」


49 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:20:41 ID:mSw35dpX
澪「なんか・・・ほら、左利きって、いろいろ大変だろ?私だって

皆と楽器店でわいわい言いながら見てみたいよ。でも、私の使える楽器なんて無いもん。」

律「・・・。」

澪「いつも思ってた。右で弾けたらなって。それで・・・唯と梓見てたら・・・そしてムギまで

・・・・で、いつもの思いがこう・・募って・・・・で、居ても立ってもいられなくって・・・・・・。」

律「澪らしいかな、そういうの。でも、私はどうするのさ?。」

澪「・・・・。」


50 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:23:43 ID:mSw35dpX
律「ドラマーって、絶対フロントには出て行けないんだぜ。皆が可愛く演奏したり、歌ったりするのを

後ろから眺めるだけ。」

澪「・・・。」

律「でも、私はドラムが好きさ。皆を後ろから見守るのも好き。私は、私が出来ることを、出来る場所で頑張る。

まぁ、それしか出来ないしね。」

澪「・・・。」

律「澪には可能性があるから、右にするならそれもいいさ。でもね・・。」

澪「・・・・。」

律「私、澪が右弾きになったら困るな。」

澪「?なんでだよ。」

律「後ろでドラム叩いてるとさ、レフティのベースのネックが、右方向に見えるじゃん。」

澪「?うん。」

律「澪のさ、ベースのネックの動きって、リズムに合わせて動いてるんだ。」

澪「?そうか?。」

律「それ見てさ、あ、少しドラム走ってるかな~って、分かるんだ。で、調整したりして。」

澪「・・・・。」


51 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:28:43 ID:mSw35dpX
律「あと・・うん、澪が、其処に居てくれてるって言うか。澪が頑張って演奏してるなってのが

判る気がして、嬉しいんだよ。」

澪「・・・・律。」

律「澪が右弾きになったら、唯とか梓とポジションがかぶるだろ、ネックが見えにくくて嫌だな~・・なんてね!。」

澪「・・・・。」

律「澪は澪のままでいいじゃん。」

澪「・・・・うん・・・・。」

律「左で演奏する澪は・・・かっこいいぞ・・・。」

澪「!な、何だよ、律、気持ち悪いなぁ・・。」

律「・・えへへ~・・。ま、私が言いたいのはそれだけ。」

澪「・・・律・・・。」

律「明日、来るよね?唯達、心配してるぜ。」

澪「うん・・・行く。」

律「待ってるからな。」

澪「・・うん。」


52 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:34:56 ID:mSw35dpX
クテク


律「澪、唯さ、成長したよな。最初はカスタネットとか言ってたんだぜ。うんたんうんたんって。」

澪「ああ、そうだな。めきめき上達してるよ。」

律「澪のお陰だと思うよ。」

澪「いや、梓だろ。」

律「今はそうかも。でも、梓の来る前の一年間、基礎を教わったのは澪からだろ?

それがあるから、今の唯があるんだよ。だから、澪のおかげ。」

澪「そうかな・・・。」

律「澪が嫌な奴で、教えるの下手だったらこうはいかなかったさ。」

澪「・・・・。」

律「私もギターやればよかった。」

澪「え?。」

律「・・・何でもないよ!じゃな、明日!。」

澪「・・・・うん・・・。」


53 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:49:58 ID:mSw35dpX
翌日



澪「皆、昨日はごめんな。」

唯「あ・・澪ちゃん!。」

梓「澪先輩・・・。」

紬「澪ちゃん。」

澪「あれ?ムギ、キーボードどうしたんだ?。」

紬「あれは・・ち、調子が悪くなって・・・。」

澪「ムギ、変な気を使うなよ。私、あの三人の揃うの、ステージで見れるの凄い楽しみなんだ。」

唯紬梓「・・・・・。」


54 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:51:20 ID:mSw35dpX
澪「唯が、軽音部の為に考えてくれた。とっても嬉しいよ。そして梓もムギも応えてくれてるんだ、

凄い良い事だよ。逆に、私に気を使って辞めにするなんてされたら、私の心が苦しいよ。だから、

やろう!今度の演奏会、きっと大成功するよ!。」

唯「グスン・・エグエグッ・・・・。み・・おちゃ・・ごめんなさい・・・・私。」

澪「馬鹿、唯。泣くことあるか。泣くなよ。」

梓「唯先輩・・・。」

紬「唯ちゃん・・。」

澪「昨日さ、軽音部結成の時の事思い出してた。ムギが来てくれて、唯が来てくれて。最初は

どうなるかと思った。でも、最後には素敵な演奏が出来た。唯はギターを全然理解してなかった。

それがこんなに上手くなって。私はさ、凄い嬉しいんだよ。」

唯「・・みおちゃ・・・。」

澪「ちゃんと合わせて、素敵な演奏会にしよう!。」

唯「・・・うん・・。」

梓「はい!。」

紬「そうね、頑張ろう!。」


55 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:53:30 ID:mSw35dpX
がちゃ

律「おいーっす!盛り上がってるところ悪いんだけど・・・・。」

唯澪紬「律っちゃん!。」

梓「律先輩!。」

律「講堂使用許可書、また出し忘れてた・・・・。」

唯澪紬梓「!!!!!!!。」

律「ごめんね!って事で、梓!至急書いてくれ!。・・・ん?・・澪さん?

その震える拳は・・・。」

澪「こーのー馬ー鹿ー律ー!!!!!。」

ぼくしっ


56 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:55:17 ID:mSw35dpX
演奏会当日


唯「うわぁ・・・なんか緊張してきちゃった。」

梓「ゆ、唯先輩、落ち着いて・・・あれ、やるんでしょ?。」

紬「そうよ、唯ちゃんがリードして付いていくんだから。しっかり!。」

唯「ううう~・・頑張る!。」

澪「最後のリハも完璧だから、問題ないよ!。」

唯「澪ちゃん・・・ありがと。」

澪「・・・律。」

律「ん?。」

澪「行くぞ!。」

律「ん・・・よーし、皆、気合入れてくぞ!。」

唯澪紬梓「おー!!!。」

わーわー、ひゅーひゅー

唯「こ、こんにちわ!放課後ティータイムです!!。」

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・


57 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 17:57:00 ID:mSw35dpX
「ふぇ~。おわったぁ!。」

梓「やりましたね、唯先輩!!。」

紬「上手く弾けたわ!。」

律「皆ばっちり決まってたな!大成功だ!!。」

澪「今回はアクシデント無くてよかった・・・・。」

律「サービス不足だったんじゃないか~澪~。」

澪「う、五月蝿いな!。」

澪「(・・・律、ありがと。律は嘘が下手だな。私、ネックはなるべく固定して演奏するから、

私のネックの動き見てリズム調整なんて有り得ないよ・・。)」

澪「(・・・でも、律の優しい嘘、嬉しかったな・・・・。)」

澪「律!。」

律「ん?。」

澪「うそつき。」

律「・・・・へへへ。でも、他は本当の事だから!。」

澪「・・・・馬鹿律・・・・ありがと!。」


おしまい


58 :創る名無しに見る名無し [sage] :2010/03/06(土) 18:26:32 ID:s7XzQLHK
また澪ぼっち回かと思ったけど安心した!乙







はじめに
いつもコメント
ありがとうございます(`・ω・´)

アイテム
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
カウンター
アクセスランキング
info
フィードメーター - SS速
ブログランキング・にほんブログ村へ


PING送信プラス by SEO対策



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。