SS速

2ch SSまとめ




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


純「ういすき!」

1VIPがお送りします[]:2010/07/17(土) 23:57:06.10 ID:MAqWJ7lqO
キーンコーンカーンコーン

憂「おはよう、純ちゃん」

純「んー…おはよう」

憂「大丈夫?眠そうだね」

純「昨日夜にちょっとね…」

憂「夜に?」

純「…んーん、何でもない」





2VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 00:05:36.66 ID:Z9cPANECO
憂「あんまり夜更かししちゃ駄目だよ?」

純「分かってるって」

純「憂はホントお母さんだね」

憂「あ、あんまり嬉しくはないかも…」

純「褒めてるんだって、お母さんみたいにしっかりしてるなーって」

憂「まぁ…私がしっかりとしないとね(お姉ちゃんが大変なことになるから)」

純「あ~、そっか(唯先輩が大変なことになるからか)」


5VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 00:17:32.05 ID:Z9cPANECO
放課後

キーンコーンカーンコーン


梓「よいしょ」イソイソ

憂「梓ちゃんは今日も部活?」

梓「うん、早く行ってお茶会阻止しないと」

憂「ふふっ、そっか」

純「私も今日はジャズ研だ」

憂「頑張ってね、二人とも」

純「ん、じゃねー」

梓「ばいばい、憂」

憂「ばいばい」


7VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 00:25:25.22 ID:Z9cPANECO
純「軽音部はライブの準備してるの?」

梓「あっ…律先輩のことだから怪しいかも…」

純「相変わらず大変そうだねー」

梓「そこら辺は純の所が羨ましいよ」

純「じゃあ先輩取り替えっこしようよ」

純「澪先輩ちょうだい」

梓「だめっ、律先輩だったらいくらでもいいけど」

純「あっ、後で律先輩に言っちゃおー」

梓「にゃっ!?そ、それはダメ!」

純「あははー」






憂「……」

憂「私は帰らなくちゃ」


9VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 00:31:02.69 ID:Z9cPANECO
スーパー


憂「んー、今日の夕食は何にしようかな…」

憂「あっ、これお姉ちゃんの好きなやつだ」

憂「じゃあこれと、これにしよ♪」

憂「ふふっ、お姉ちゃん喜ぶだろうなぁ…」


13VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 00:36:09.82 ID:Z9cPANECO
憂「すいません、お会計お願いします」

女「はーい……ってあれ?」

女「憂?」

憂「あっ」

女「中学以来じゃん!久しぶりー」

憂「うん、ここでアルバイトしてるの?」

女「そうだよ」

憂「すごいね、アルバイトしてるなんて」

女「えー、そう?」

女「高校生なら普通でしょ?」


14VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 00:39:35.27 ID:Z9cPANECO
憂「あっ…そうかな」

女「そうだよ、憂はしないの?」

女「欲しいものとかあるでしょ?」

憂「うん…でも忙しいから…」

女「あぁ、部活やってんの?」

憂「え?」

女「うん?」

憂「あっ……うん」

女「そっか、それなら仕方ないね」

憂「あはは…」


17VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 00:44:22.55 ID:Z9cPANECO
トントントントン

ジャージャージャー


憂「……」

憂(…なんで嘘ついちゃったんだろう)

憂(部活なんてやってないのに…)

トントントントン…

憂(部活にアルバイトかぁ…)

グツグツグツ


憂(でも私には…これしかないし…)


Prrrr、Prrrr

憂「あっ、お姉ちゃんからだ」


18VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 00:47:14.91 ID:Z9cPANECO
憂「もしもしお姉ちゃん?」

唯『あっ、憂』

憂「どうしたの?」

唯『あのね、今日みんなでデニーズでご飯食べてくるから』

唯『私の分の夕食は作らなくていいよ』

憂「えっ…」



グツグツグツ


19VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 00:51:52.64 ID:Z9cPANECO
唯『うい?』

憂「……う、うん分かった」

憂「じゃあ作らないでおくね」

唯『ごめんね』

憂「別にいいよ、軽音部の皆さんと楽しんできてね」

唯『うん、ありがとう憂』

唯『じゃあね』

ピッ
ツーッツーッ


憂「……」

グツグツグツ

憂(…しょうがないよね)


20VIPがお送りします[sage]:2010/07/18(日) 00:55:05.54 ID:b3V+DgSM0
(´;ω;`)


22VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:00:32.75 ID:Z9cPANECO
憂「いただきます」

シーン…

憂「……」モグモグ

憂(お姉ちゃん…軽音部の人たちと仲良さそうでよかった)


憂「……」モグモグ

憂「……」モグモグ

憂「……」

憂「……」

憂(お腹すかないや…)


23VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:03:33.65 ID:GboGmLDU0
純ジュワ~щ(゚д゚щ)


24VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:04:35.66 ID:Z9cPANECO
ジャージャージャー


憂「……」

憂(いっぱい残っちゃった)

憂(明日のお弁当にすればいっか…)

憂「……」


ジャージャージャー


憂「……」

憂「……」

憂(部活、か…)

憂「……」

憂「……」

憂(お姉ちゃん遅いなぁ…)


27VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:11:42.95 ID:Z9cPANECO
憂「……」

憂「……」

憂「……」

憂「……」

憂「……」


ガチャッ


憂「!」


31VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:16:31.14 ID:Z9cPANECO
唯「ただいま~!」

憂「お帰りなさい、お姉ちゃん!」

唯「あっ、憂にこれあげる」

憂「これは…?」

唯「スティッチのぬいぐるみだよ」

唯「帰る途中にみんなでゲームセンター行って取ったんだ」

憂「へ~、ありがとうお姉ちゃん」

憂「あっ、お風呂わいてるよ」

唯「うん、じゃあ行ってくるね~」トテトテ

憂「ふふっ」


37VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:20:07.31 ID:Z9cPANECO
憂「かわいいな~、スティッチ」

憂「お姉ちゃんがくれたんだし、大切にしないと…」ギュッ

憂「……」


唯『帰る途中にみんなでゲームセンター行って取ったんだ』


憂「……」

憂「……」ギュ~ッ

憂(いいなぁ…)


38VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:28:07.51 ID:Z9cPANECO
翌日

キーンコーンカーンコーン


純「憂ー、お昼食べ…」

純「って、何その量は!?」

憂「昨日夕飯作りすぎちゃって…」

梓「これ一人で食べれるの?」

憂「うーん…」

純「少しちょうだい」パクッ

憂「あっ…」

純「モグモグ…」

純「うん、憂の料理は美味しいね」


41VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:33:28.65 ID:Z9cPANECO
憂「……」ジーッ

純「…憂?」

憂「…本当に?」

純「え?」

憂「本当に美味しかった?」

純「あっ…うん、普通に美味しいよ」

憂「えへー」ニコ~

憂(誰かに美味しいって言われるの久しぶりだな~)

純「憂、どうしたの?」

梓「さぁ…」


42VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:38:23.83 ID:Z9cPANECO
放課後



純「ふぁ~…」

梓「純、ちゃんと掃除しなよ」

純「うぅ…眠い…」

純「ゴロゴロしたぃ~…」

梓「制服汚れるって」

憂「よいしょ、よいしょ」テキパキ

純「…憂はすごいねー」


43VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:44:06.06 ID:Z9cPANECO
憂「え?」

純「だって料理や掃除がすごいできるじゃん」

純「同じ女として憧れちゃうな~」

憂「そ、そうかな…」

梓「なんでもできるしね、憂は」

梓「うらやましいよ」

憂「う~ん…」



キーンコーンカーンコーン


44VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:49:07.94 ID:Z9cPANECO
純「あっ、チャイムだ!」

純「ジャズ研行こっと」

梓「まだ掃除終わってないよ?」

純「もうほとんど終わってんじゃん」

純「それに梓だって、早く行かないとお茶会始まっちゃうんでしょ?」

梓「む~…」

憂「後片付けは私がするから、二人は部活に行きなよ」

純「えっ…」

梓「そ、それはさすがに悪いよ」

憂「いいのいいの、二人は忙しいんでしょ?」

憂「私がやっておくから」


47VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:55:11.23 ID:Z9cPANECO
純「そう?…なんかごめんね」

憂「気にしないで、部活頑張ってね」

梓「うん…ありがと」

梓「行こっか?」

純「…じゃあ憂の好意に甘えちゃう」

純「ありがとね」

憂「うん、ばいばい」



梓「早くしないとお茶始まっちゃうよ」

純「…本当に練習やってんの?」

梓「や、やってるもん!」


49VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 01:58:19.76 ID:Z9cPANECO
憂「よし、片しちゃお」

憂「……」テキパキ

憂「……」テキパキ

憂「……」


純『同じ女として憧れちゃうな~』

梓『うらやましいよ』


憂「……」

憂(私は…二人のことがうらやましいよ…)


50VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 02:04:48.04 ID:Z9cPANECO
帰り道



憂「……」

憂(今日もお姉ちゃん…遅いのかな)

憂(あとでメールしとこ…)

憂「……」チラッ

憂「あっ…」

憂(この服かわいい…)


55VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 02:12:39.61 ID:Z9cPANECO
憂「…」ジーッ

憂(いいなぁ…かわいいなぁ…)

憂(一度着てみたい…)

憂「…」チラッ

憂(……高い)

憂(私のお小遣いじゃとてもじゃないけど買えないよ…)

憂(でも一度でいいから、あれを着て遊びに行ってみたいなぁ…)

憂「……」ジーッ

店員(なんかすごい見てるなあの子…)


56VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 02:24:35.87 ID:Z9cPANECO
唯「うい~、あいす~」

憂「はーい♪」

唯「ゴロゴロ…ゴロゴロ…」

憂「お待たせ、お姉ちゃん♪」

唯「…あれ?今日の憂なんか機嫌がいいね」

憂「そう?」ニコニコ

唯「なんか嬉しいことあったの?」

憂「ううん、別に」

憂(いつかあの服、着てみたいな…)


58VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 02:35:07.70 ID:Z9cPANECO
翌日


憂「う~ん…」パラッ

憂「でも…」

憂「う~ん…」パラッ

憂「これとかどうかな…」

純「わっ!」

憂「きゃっ!?」ガサゴソ

憂「お、驚かさないでよ純ちゃん」

純「ん?なに隠したの?」

憂「えっ…」

純「なになに見せてよー」ガバッ

憂「あっ、だめっ…」

誌「えいっ!」パッ

憂「!」

純「…あれ?バイトの募集誌じゃん」


60VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 02:39:50.11 ID:Z9cPANECO
純「てっきりエッチな本だと思ってた」

憂「うぅ…」

純「どうしたの?」

憂「だって…恥ずかしいし…」

純「恥ずかしい!?なにが?」

憂「私がアルバイトするのって…へ、変でしょ?」

純「えっ?別に」


62VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 02:44:36.38 ID:Z9cPANECO
純「やればいいじゃん、アルバイト」

憂「でも…家のこともあるし…」

純「えー、高校生なんだから一回くらいやればいいじゃん」

純「あっ、このハンバーガーショップは?」

憂「これは…ちょっと時給が」

憂「だったらこっちのファミレスがいいと思ってるんだけど…」

純(結構真剣に考えてたんじゃん)


64VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 02:54:07.53 ID:Z9cPANECO
純「んー…あっ、これいいんじゃない?」

憂「どれ?」

純「ほら、メイド喫茶」

憂「メ、メイド…?」

純「時給高いし、憂にはこういうの似合うんじゃん?」

憂「そ、そうかなぁ…」

憂(お姉ちゃんの方が似合いそう…)

純「楽しそうだしいいじゃん、これにしなよ」

憂「うーん……じゃあそうしてみる」


87VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 12:24:11.21 ID:Z9cPANECO
メイド喫茶


憂「ごめんくださーい…」

紬「あら憂ちゃん、いらっしゃい」

憂「あれ?なんで紬さんが…?」

紬「ここ、父が経営してる会社の系列だから」

憂「そ、そうだったんですか…」

憂(紬さんって本当に何でもありなんだ…)


90VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 12:30:58.26 ID:Z9cPANECO
紬「それで、ご用件は何かしら?」

憂「あ、えっと…」

憂「ここでアルバイトを募集していると聞きましたので、是非面接の機会をいただきます様よろしくお願いいたします」

紬「アルバイト?」

紬「いいわよ、合格」

憂「……あれ?」

紬「うふふ」

憂「い、いいんですか…?」


91VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 12:38:57.96 ID:Z9cPANECO
紬「憂ちゃんなら全然OKよ(写真的な意味で)」

紬「それに今の挨拶だって礼儀正しかったし、文句ないわ」

憂「あ、ありがとうございます!」

紬「うふふ」

紬(いいわぁ…憂ちゃんのメイド姿が見れるなんて…!)

紬(唯ちゃんとは違った可愛らしさがあるのかしら)ハァハァ

憂(なんか興奮してる…?)


93VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 12:48:27.49 ID:Z9cPANECO
トントントン

憂「えへへ」

憂(楽しみだなぁ、アルバイト)

憂(なんだか高校生やってるみたい)

憂(仕事、覚えられるかな…)

Prrrr、Prrrr

憂(あっ、純ちゃんからだ)

ピッ

憂「もしもし純ちゃん?」


94VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 12:54:24.05 ID:Z9cPANECO
純『あっ憂、アルバイトどうだった?』

憂「うん、合格したよ」

純『本当!?凄いじゃん一発合格なんて!』

憂「ううん、紬さんのお父さんの系列のお店らしいから」

憂「たぶん知り合いのよしみで合格できたんだと思う」

純『そんなことないよ、憂だから合格できたんだって』

純『私が店長だったら憂みたいな人材欲しいと思うよ?』

憂「そ、そうかな?」

純『そうだって、もっと自信持ちなよ』

憂「うん…ありがとう純ちゃん」


95VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 13:02:16.50 ID:Z9cPANECO
純『じゃあ今度憂の働いてる所に行っちゃおうかな~』

憂「えっ!そ、それは恥ずかしいよぉ」

純『いいじゃん、そういう憂も見てみたいし』

憂「もう、純ちゃん!」

純『あはは、じゃあまた明日ね』

憂「…うん、またね」

ピッ
ツーッツーッ

憂「そういえば…純ちゃんのおかげだもんね、アルバイト見つかったの」

憂「何かお礼しなきゃ」


97VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 13:17:31.68 ID:Z9cPANECO
翌日



憂「お帰りなさいませ、ご主人様」ニコッ

紬(いいわぁ…凄くいい…)ウットリ

憂「お席はこちらです、どうぞお座りください」

憂(ふぅ…お仕事って思ってたより大変)

憂(大人の人って毎日こういう事やってるんだよね、すごいなぁ)


カラン


憂「あっ、お帰りなさいませご主人様」ニコッ


98VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 13:24:59.13 ID:Z9cPANECO
梓「アルバイト?…憂が?」

純「うん、メイド喫茶でバイトするんだって」

純「あっ、唯先輩には秘密にしてだって」

梓「それはいいけど…あの憂がアルバイト…」

梓「何か新鮮」

純「そりゃあ、憂だって欲しいものくらいあるでしょ?」

梓「まぁ、そうだろうけど…」

唯「あーずにゃん!」ガバッ


100VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 13:33:48.06 ID:Z9cPANECO
梓「にゃっ!?」

唯「何の話してるの?」ギュ~ッ
梓(く、苦しい…)

純「な、何でもありませんよ…あはは」

梓「ちょっと唯先輩、離れてください!」

唯「えー、だって可愛いんだもん」スリスリ

梓「く、苦しいですって…」

純「ホント仲良いね、結婚しちゃえば?」

唯「妻の中野唯です♪」

梓「いやーーーっ!!」


102VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 13:45:16.15 ID:Z9cPANECO
唯「あっ、そうだあずにゃん」パッ

梓「はっ…はっ…」

梓(ようやく離れた…)

唯「ギター教えて欲しいんだけど、今日ヒマ?」

梓「えっ…ギターですか?」

梓「今日部活ないのに?」

唯「うん!なんか今日はギターを弾く日って感じがするんだよ!」フンス

梓「意味分からないですよ…」

梓「…でもやる気があるのは唯先輩にしては珍しいし…いいでしょう」

梓「教えてあげます」

唯「ありがとー!」

梓「ただし、厳しくやりますから覚悟してくださいね?」

唯「はい!」ビシッ


純(これ本当に先輩と後輩?)


104VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 13:52:38.76 ID:Z9cPANECO
梓「じゃあ純、悪いけど私唯先輩に付き合わなきゃいけないから」

純「うん、分かった」

唯「行きましょうか、あなた」

梓「誰があなたですか?!」

唯「じゃあ、あずにゃんが妻役?」

梓「どっちもイヤです!」

純「ははっ、本当に面白い」

梓「む~…他人事だと思って」

唯「じゃあね、純ちゃん」

純「はい、お疲れ様でした」


105VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 14:02:07.03 ID:Z9cPANECO
唯「今度はあずにゃんが妹役ね」

梓「まだやるんですかこれ…」
唯「あーずにゃん!」ダキッ

梓「だ、だからくっつかないで下さい!」







純「……」

純(唯先輩は誰とでも仲良くなれるなぁ…)

純(憂はどう思ってるんだろう…寂しくないのかな?)

純「……」

純(憂、頑張ってるかな…)


115VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 15:43:05.07 ID:Z9cPANECO
憂「ふぅ…終わった」

紬「お疲れ様、憂ちゃん」

憂「あっ、お疲れ様でした」

紬「素敵だったわよ、すぐに仕事に慣れちゃうんだもの」

紬(あとメイド姿もね)

憂「いえ…まだまだですよ」

紬「そんなことないわ、もっと自分に自信を持ってもいいのよ?」

憂「あっ…」

紬「どうしたの?」

憂「…いえ、なんでもありません」

憂「ではこれで失礼します」ペコッ


116VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 15:47:11.67 ID:Z9cPANECO
帰り道


憂「疲れたなぁ…」

憂(お仕事って、こんなに大変なものだったんだ…)

憂「……」テクテク

憂(大人って大変だなぁ…私も将来ちゃんと働けるのかな…)

憂「……」テクテク

純「わっ!」

憂「きゃっ!?」


117VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 15:53:22.70 ID:Z9cPANECO
純「あはは、また驚いた」

憂「じゅ、純ちゃん…」

憂「びっくりした~」

純「ごめんごめん、たまたま姿が見えたから」

純「バイトの帰り?」

憂「うん、そうだよ」

純「なんだ残念、せっかく憂の晴れ姿見ようと思ってたのに」

憂「ふふっ、もう純ちゃんったら」


120VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 16:03:08.14 ID:Z9cPANECO
純「仕事はどう?大丈夫だった?」

憂「うん、まだいっぱい分からないことはあるけど…とりあえずは」

純「そっか、やっぱり憂はできる子だな~」

憂「……」

純「憂?」

憂「ううん…純ちゃん」

純「なに?」

憂「純ちゃん昨日…私にもっと自信を持てって言ったよね」

純「…うん、たぶん」


122VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 16:14:03.37 ID:Z9cPANECO
憂「今日紬さんにも同じこと言われちゃった」

憂「もっと自信を持ってもいいって」

純「ふ~ん…」

憂「でも私…別に自信がないわけじゃないんだよ?」

憂「ただ初めての事ばかりだから…不安で…」

純「そっか…」

憂「うん…」

純「……」

純(憂も…やっぱ普通に悩んでたりするんだね)


125VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 16:26:40.11 ID:Z9cPANECO
憂「……」

純「……」

憂「……」

純「……」

憂「……」

純「憂さ…」

憂「……」

純「憂なら…大丈夫だよ」

憂「うん…」

純「……」

憂「……」


128VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 16:36:19.61 ID:Z9cPANECO
平沢家


憂「ただいまー」

唯「あっ、お帰り憂」

唯「遅かったね、何してたの?」

憂「あっ…えっと…」

憂「友達と遊んでて…」

唯「ふ~ん、そっか」

憂「うん…」

憂(何でだろう…何で隠しちゃうんだろう…)

唯「ういー…」グゥ~

憂「あっ、ごめんねお姉ちゃん!」

憂「今ご飯作るから!」


129VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 16:42:18.29 ID:Z9cPANECO
純の家


純「あー…なんかフォローの仕方間違えたかな?」

純「あの後、ちょっと変な空気になっちゃったし…」

純「う~ん…」

純「……」グゥ~

純「…お腹すいた」

純「あ~、憂のお弁当食べたーい」


135VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 17:36:23.39 ID:Z9cPANECO
翌日


純「おはよー」

梓「おはよ」

憂「おはよう、純ちゃん」

純「あぁうん、おはよう」

純(よかった…普通だ)

梓「そうだ、昨日のバイトどうだった?」

憂「うん、楽しかったよ」

梓「そっか、ムギ先輩喜んでたでしょ?」

憂「う~ん…たぶん」

憂「何でだろう?」

梓「憂のメイド姿見れたからだよ」

憂「え?」


136VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 17:41:31.42 ID:Z9cPANECO
紬「うふふ♪」

唯「ムギちゃんどうしたの?」

澪「なんか機嫌いいな」

紬「なんでもないわよ~」

紬(憂ちゃんには黙っててって言われてるからね)

紬(でもいつか、唯ちゃんと二人でメイド服着てるところを見たいわ~)


唯『お帰りなさいませ、ご主人様』
憂『お帰りなさいませ、ご主人様』


紬「うふふ♪」

唯「?」


137VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 17:48:50.12 ID:Z9cPANECO
放課後


梓「じゃ、私はこれで」タタタッ

純「お茶会阻止頑張ってねー」

憂「純ちゃんは?」

純「ん?ジャズ研はまだ始まるまで時間あるよ」

純「憂は?」

憂「私もまだ大丈夫」

純「そっか」


139VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 17:54:58.89 ID:Z9cPANECO
憂「昨日はごめんね、せっかく相談にのってもらったのに…」

純「えっ?憂が謝らなくても」

純「私がちゃんとアドバイスできなかったのが悪いんだし…」

憂「ううん、聞いてくれただけでも嬉しかったよ」

純「…そう?」

憂「うん」

純「そう…ならよかった」

純「憂の役に立てたなら」

憂「え?」

純「ふふっ、なんでもないよ」


141VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 18:03:29.37 ID:Z9cPANECO
憂「結局ね、お姉ちゃんにアルバイトしてること言えなかった」

純「なんで?」

憂「うーん…何でだろう?」

憂「なんか教えるのが恥ずかしいっていうか…不安っていうか…」

憂「私がアルバイトしてる事…お姉ちゃん良く思わないんじゃないかなって」

純「えー?そんなことないでしょ?」

憂「でも、私が家事とかやってるんだし…」

憂「アルバイトで時間が割いちゃうとできないから…」

憂「お姉ちゃん…良く思わないよ…」


143VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 18:08:17.62 ID:Z9cPANECO
純「考えすぎだって」

純「憂のお姉ちゃん心広いじゃん」

憂「でも…それでも…」

憂「お姉ちゃん一人だと不安になるし…」

純「……はぁ」

純「憂は親バカならぬ妹バカだね」

憂「妹バカ!?」ガーン

純「大丈夫大丈夫、ほめてるんだって」

憂(本当に…?)


145VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 18:13:12.66 ID:Z9cPANECO
純「まぁ、唯先輩は憂がアルバイトすることには反対しないと思うよ?」

純「だって優しいし」

憂「……」

純「…なら私から話そうか?」

憂「……ううん、いい」

憂「やっぱり、自分で話してみる」

純「うん、そうしなよ」

憂「そうだよね…お姉ちゃん優しいもんね」

純「うんうん」


147VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 18:19:08.36 ID:Z9cPANECO
憂「ごめんね、変なことばっかり聞いちゃって」

純「いいって、憂に相談されるのも何か嬉しいし」

憂「…やっぱり、純ちゃんに相談して正解だった」

純「へ?」

憂「こういう話できるの…純ちゃんぐらいだから」

純「あはは…そうかな?」

憂「ふふっ」

憂「そうだ、今週の日曜日ヒマ?」

純「えっ…うん」

憂「よかったらお礼したいの、いい?」

純「お礼…?」


150VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 18:25:13.61 ID:Z9cPANECO
純の家



純「ふぅ…お礼か~」

純「よいしょっと」ドサッ

純「……」

純「憂も私たちみたいに自信がなかったり不安なこといっぱいあったんだ…」

純「私てっきり、憂は完璧超人でそんなことないと思ってたよ」

純「知らなかったなぁ…」

純「……」

純「でも何で私に相談してくれたんだろう…」

純「……」グゥ~

純「よし、ご飯食べよう」


151VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 18:26:33.55 ID:cEVd6hHu0
.  l、    , イ: : : : : : : : : : :\‐-、_
 _斗>―く.: : :/: : :/: : : : : : : : ヽ: : :\
f_: : : : : : : : ト:/: : : :/: /: |: : :ヽ: ∨ ',: : : l
'/: : : : : : : : !::|: : : /: / |: |: : : :|、:l: : :い 」
j: : :, : : : : : :|: l: ::/ ! 厂|: |: : : Л::!|: :!|.:トゝ
7/: : : : : :/: :| : |' |斗_、!:|:|: :/..,|_イ: :|ぃゝ
´ 〉: : : : : :!レヘト、」ィうマヽ` '`' iぅヽ|: /: /
. '‐へ:|: :ハ!l( 〉  辷ノ     じ 从:/
   ` ’ 丶、>       '    } ` 梓と憂って人気あるよね・・・
       _,r-ゝ、    o   ィ
    r~~ ⌒ぅj_> 、 _  <ノヽ
.   マ       '¬、.  | r'~´  `ァ
   人  、_     `ヽイ     }、
.   ′バ丶、ヽ、_    `^   ィ´ ハ
  l  .ハ ∨ >- 、__   _ _ /   ! |
  _|   ハ Ⅵ    ` T~ |    V |
. | `' ー  } l|      | |   |!/ノ
. /    /l|     |   l    | }
.l   /  ||       |  |    | |


153VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 18:32:52.03 ID:Z9cPANECO
日曜日


憂「ちょっと早く待ち合わせに来ちゃったかな」

憂「純ちゃんまだ来てないし…」

純「わっ!」

憂「きゃっ!?」

純「あはは、これで三度目だよ」

憂「うぅ…ひどいよ純ちゃん」

純「だって憂の姿見ると驚かしたくなるんだもん」

憂「むー」

純(あっ、憂が怒った?)

純「ご、ごめんごめん!もうしないから」


156VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 18:44:02.90 ID:Z9cPANECO
憂「…本当?」

純「本当だって」

憂「えへへ、じゃあ許す」

純「ほっ…よかった」

純(憂起こらせたら怖そうなんだもん…)

憂「ふふっ」

純「とりあえずどこ行く?」

憂「そうだねぇー…お茶でも飲もっか?」


159VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 18:53:55.38 ID:Z9cPANECO
喫茶店


純「あっ、唯先輩どうだった?」

憂「うん、アルバイト許してくれたよ」

憂「純ちゃんの言った通りだった」

純「でしょー?」

憂「うん!」

純「そういえばさ、何で急に私に相談してくれたの?」

憂「え?


160VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 19:01:10.65 ID:Z9cPANECO
純「だって相談相手なら他に梓とかもいるし…」

憂「…」

純「ぶっちゃけ梓とかの方が最近…仲いいでしょ?」

純(うわっ…なに聞いちゃってんの私…)

純(私だって憂と仲いい…はずだよね)

憂「うーん…」


166VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 19:12:20.13 ID:Z9cPANECO
純「……」ドキドキ

憂「だって…純ちゃんは一番付き合いが長いし」

憂「やっぱり本音で話せるのは純ちゃんしかいないよ」

純「!」

純「もう大好き憂!!」

憂「えっ!?」


167VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 19:16:11.27 ID:Z9cPANECO
純「感動した、私たちの友情は終わってなかったんだね!」

憂「お、大げさだよ純ちゃん」

純「正直不安だったんだー、憂は私より梓といる方が楽しいんじゃないかって」

憂「うふふ、そんなことないよ」

純「でもさ、最近二人の話に乗れない時もあるし…」

憂「純ちゃんは純ちゃんでいいんだよ」

憂「私はそんな純ちゃんに相談したかったんだから」


184VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 21:19:36.66 ID:Z9cPANECO
純「憂…」ジーン

憂「そろそろ遊びに行こっか?」

純「うん!」

憂「あっ、お会計は私が全部持つよ」

純「えっ、悪いよ」

憂「いいのいいの、今日は私が全部おごってあげる」

憂「お給料前借りしてもらったの」


187VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 21:27:50.93 ID:Z9cPANECO
純「えぇっ!?そんなことしていいの?」

憂「うん、紬さんに頼んだらいいって」

純「でも…欲しいものあるからバイトしてんじゃないの?それなのに…」

憂「いいの、純ちゃんのおかげで仕事が見つかったんだもん」

憂「そのお礼だよ」

純「でも…」

憂「今日は純ちゃんにおごるって決めたの」

憂「だから遠慮しちゃダメだよ?」

純「うっ…」

純(それって脅し?)


188VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 21:36:25.26 ID:Z9cPANECO
憂「そうだ、ゲームセンター行こうよ」

純「うん、いいけど」

憂「この前お姉ちゃんがスティッチくれたからそのお返ししたいんだー」

純「憂はお姉ちゃん大好きだね」

憂「うん!」

純(すごい嬉しそう…まぁ嫌いなのよりはいいと思うけど)

憂「行こ、純ちゃん」

純「あぁ、ちょっと待ってよ!」


197VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 21:47:28.16 ID:Z9cPANECO
唯「うい~、あいす~」

シーン…

唯「うい~?」

シーン…

唯「…あっ、遊びに行ってるんだった」

唯「いいな~、私も遊びたい…」

唯「……」

唯「あづぃ…」


204VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 21:55:46.59 ID:Z9cPANECO
ゲームセンター


ウィーン、ウィーン

純「あっ、あとちょっと!」

ポロッ

純「あ~落ちちゃった」

純「私クレーンゲーム向いてないや」

純「憂やってみなよ」

憂「私?じゃあ…」チャリン

ウィーン、ウィーン
ポトッ

憂「やった!」

純「すごっ!?一発だ!」

憂「えへー」


205VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 21:59:49.42 ID:Z9cPANECO
純「ぬいぐるみいっぱい取れたね」

憂「うん」

純「スティッチ、プーさん、フリーザ、ミッキー…」

憂「純ちゃんにはこれあげる」

純「あっ、ありがとう」

純(フリーザ…)

憂「次は映画館行こっか?」

純「そだね」


207VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 22:00:53.25 ID:J4nRNn9IP
フリーザwwwwwww

208VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 22:01:56.27 ID:ylqgyVhf0
何故フリーザを取ったwwww


214VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 22:10:41.39 ID:Z9cPANECO
映画館


純「なに見る?」

憂「うーん…」

純「トイストーリーは?あっ、ジブリの新作もある…」

純「あれ、踊るの3も上映されてるんだ」

純「むう…どれにしよう…」

純「どれにする?」

憂「純ちゃんが決めていいよ」

純「そう言われると困る…」


224VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 22:20:41.01 ID:Z9cPANECO
Prrrr、Prrrr


梓「もしもし」

唯『あずにゃ~ん…』

梓「先輩?」

唯『オムライスってどうやって作るんだっけ?』

梓「はい?」

唯『憂がいないから分かんないよ~』

梓「憂が?」

唯『あれ?そういえばあずにゃんと遊んでないの?」

梓「えぇ、まぁ…」

梓(誰と遊んでるんだろう…)


229VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 22:26:48.39 ID:Z9cPANECO
純「なんでアンパンマン選んじゃったんだろう…」

憂「いいじゃない、たまには」

純「そういえばフリーザ、お前も出てるんだよね?」

フリーザ「……」

憂「ふふっ、フリーザは答えられないよ」

純「それもそうだね」

憂「あっ、始まるよ」


230VIPがお送りします[sage]:2010/07/18(日) 22:28:22.15 ID:rS5idX97P
フリーザー出演すんなwwww


232VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 22:34:37.07 ID:Z9cPANECO
上映終了


純「うっ…うぅ…」ポロポロ

純「意外といい話だった~…」グズッ

憂「そうだね、私もちょっと泣いちゃった」

純「あ~…泣いたらお腹空いちゃった」

憂「どこかで食事しよっか?」


234VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 22:43:49.20 ID:Z9cPANECO
デニーズ


純「こうやって二人で食事するの久しぶりだね」

憂「そうだね、最近は梓ちゃんもいたから」

純「梓かぁ…梓も誘えばよかったかな?」

憂「んー…でも今日は純ちゃんへのお礼だから」

憂「梓ちゃんは今度誘おっか?」

純「うん、その時はまたアンパンマン見ようよ」

憂「また?」

純「気に入っちゃった…あはは」


239VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 22:50:55.63 ID:Z9cPANECO
純「モグモグ…」

憂「このデザート、お姉ちゃんに作ってあげれば喜ぶかも…」

憂「材料は何だろう…カラメル、グラニュー糖…」

純「モグモグ…んっ」

純「そっちのケーキちょっとちょうだい、これあげるから」

憂「いいよ」

純「うん、美味しいねー」

憂「あっ、これもお姉ちゃん喜びそう…」

憂「メモしておこう…」カキカキ


純(こんな時も研究熱心だなぁ)モグモグ


245VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 23:06:15.93 ID:Z9cPANECO
純「今日は楽しかったよ、憂」

憂「ふふっ、私も」

純「じゃあそろそろ時間だから」

憂「うん、またね」

純「あとでメールするから」

憂「私も」

純「じゃ、また明日」

憂「ばいば~い」



純(今日は憂と久しぶりに二人っきりで遊べて楽しかったな~)


249VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 23:13:34.32 ID:Z9cPANECO
憂「ただいまー」

唯「うい~」ボロッ

憂「ど、どうしたのお姉ちゃん!?」

唯「私一人じゃなにもできないよ~」

憂「一体なにしてたの?」

唯「オムライス作ってた」

憂「えっ」


250VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 23:16:45.05 ID:Z9cPANECO
純「ただいま~」

2号「にゃー」

純「ほ~らあずにゃん2号、お土産だよ」ポイッ

フリーザ「……」

2号「ふしゃー!」

バシッバシッ、ゴロゴロ

純「ふふっ、喜んでる」


252VIPがお送りします[]:2010/07/18(日) 23:18:13.46 ID:95emB5Sm0
フリーザ様ww


264VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 00:54:27.40 ID:0OqUi9kTO
翌日



純「昨日は楽しかったねー」

憂「ねー」

梓「なに?」

純「あぁ、梓」

憂「昨日純ちゃんと遊んでたから、その時の話してたの」

梓「!」

梓「そう…そっか…」

純「梓?」

憂「どうしたの?」

梓「別に…」


266VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 01:03:49.34 ID:0OqUi9kTO
梓「なんでもないよ…」

純「…もしかして、誘ってなかったから怒ってる?」

梓「ち、違うよ…そういうのじゃないし…」

憂「本当は梓ちゃんも誘おうと思ったの」

憂「けど、昨日はどうしても純ちゃんと二人でいたかったから…」

梓「……」

純「まぁ梓には分かんないと思うけど、私たち中学からの付き合いだから色々積もる話もあったんだよ」

梓「……なにその言い方」


270VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 01:11:06.36 ID:0OqUi9kTO
純「え?」

梓「…どうせ私は高校からの付き合いだから二人のこと分かんないよ」

純「あっ…」

憂「純ちゃん…」

純「ご、ごめんごめん…別にそういうつもりじゃ…」

梓「いいよ、もう」

梓「話に入ってごめんね、じゃ」

純「むっ」カチン

純「ちょっと、私はちゃんと謝ってんじゃん!」

純「梓は何が不満なのよ!!」

梓「……」

憂「ふ、二人とも…」オロオロ


271VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 01:18:28.04 ID:0OqUi9kTO
純「文句あるなら言えばいいじゃん!そういう態度、一番ムカつく!」

梓「別に文句なんてないよ…」

梓「声大きいし…周りに迷惑だよ?」

憂「あ、あの…」

憂「純ちゃん…梓ちゃん…」

純「どうせ自分だけ誘われなかったから拗ねてるだけでしょ?」

純「梓ってお子さまだよね」

梓「!」カチン

梓「違うって言ってんじゃん!!なに勘違いしてんの!?」


279VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 01:32:05.49 ID:0OqUi9kTO
純「ほら怒った!やっぱり怒ってんじゃん!!」

梓「怒ってないし!純がウザいだけ!!」

純「ウザいってなによ!?」

梓「そういうのがウザいの!!」

純「意味分かんないし、馬鹿じゃん!?」

梓「うるさい!!しつこい!!」

梓「もう話かけないで!!」

純「ふん、いくら怒鳴ったって私と憂が一番仲良しなんだから」

純「私達からしたら、梓なんて浅い仲なの」

梓「!?」


281VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 01:45:43.52 ID:0OqUi9kTO
純「自分が一番憂と仲良いと思ってたの?憂のこと何もわかってないくせに!!」

梓「ッ…」

純「私たちは中学から一緒だったんだから二人っきりで遊んだっていいじゃん、そんなに悪いことなの!?」

純「それをグチグチと…」

純「高校でいきなり横から入ってきた人なんかに邪魔されたくないし!!」

純「もう私たちに干渉しないでよ!!」

梓「……」

純「だいたい勝手なんだよ梓は!!梓だって憂と二人で遊んだことあるのに…」

憂「もうやめて純ちゃん!!」

梓「…うっぐ…ひっぐ……」ポロポロ

純「あっ…」


287VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 01:52:28.76 ID:0OqUi9kTO
梓「ひぐっ…ふうぅ…っ…」

純「あっ…その…」

純「別に私は…」

梓「…ッ!!」タタタッ

憂「梓ちゃん!待って!!」

純「……」

憂「ひどいよ純ちゃん…どうしてあんな事…」

純「…だって…梓が悪いんだもん…」

純「私はただ…」

憂「……」


289VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 01:57:49.18 ID:0OqUi9kTO
純「……」

憂「……梓ちゃん追いかけてくるね」

純「……」

憂「……」タタタッ

純「……」

純「……」

純「……」

純「……」

純「……」

純「…うっ…うぅ…」

純「ふうぅ…っ…ひっぐ…」ポロポロ


293VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 02:06:25.78 ID:0OqUi9kTO
憂「梓ちゃん!」タタタッ

梓「はぁ…ふぐっ…ひっぐ…」タタタッ

憂「まって梓ちゃん!」ガッ

梓「離してよ!!」

憂「あっ…」

梓「憂は…ヒグッ…じゅ、純のところにいればいいじゃん…ヒッ…」

憂「梓ちゃん…落ち着いて」

憂「とりあえずお話しようよ、ね?」

梓「ウグッ…ウッ…うわああああああああん!!」


298VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 02:14:34.33 ID:0OqUi9kTO
純「……」

純(私…憂に見捨てられちゃったのかな…)

純(そうだよね…あんな事言っちゃったんだし…)

純(失望されたよね…)

純「……」

純(憂に嫌われた…)

純(これからどうしよう…)

純「……」


301VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 02:22:21.72 ID:0OqUi9kTO
唯「あずにゃん遅いねー」

律「いつもなら真っ先に来て」

律「練習だー!、って言うのにな」

澪「もしかして…愛想を尽かされたのかも」

唯「えぇっ!澪ちゃんが!?」

律「いや、どっちかと言うとお前だろうな」

唯「私!?」

律「先輩なのにしっかりしてないからだろー」

唯「ふえぇぇごめんなさーい」

唯「しっかりするから戻ってきてー!」

紬「……」


303VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 02:28:42.38 ID:0OqUi9kTO
梓「うぅ…ヒッ…グズッ…」

憂「もう大丈夫?」

梓「…うん…ウッ…ごめん…」

憂「気にしないで」

梓「ごめん…憂…ヒグッ…」

梓「ごめん…」

憂「ううん、大丈夫だよ」

梓「ごめん…ごめん…グズッ…」

憂「……」


304VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 02:36:13.73 ID:0OqUi9kTO
梓「…ヒグッ…ふぅっ…」

憂「梓ちゃん…」

梓「…グズッ…憂…」

梓「私…もう帰る…ズズッ」

憂「え…?」

梓「一人に…ウッ…させて…」

憂「でも…」

梓「グズッ…お願い…」

憂「うん……分かった」

憂「じゃあね、梓ちゃん…」

梓「……グズッ…」

憂「……」


306VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 02:40:59.63 ID:0OqUi9kTO
教室


憂「あれ…純ちゃんは?」

女「…鈴木さんなら、もう帰ったよ?」

憂「えっ…」

憂(純ちゃん……)

憂「……」

女「えっと…」

憂「ありがとう…私も帰るね」

女「あの、平沢さん…」

憂「……」

女「その…早く仲直りできるといいね」

憂「……うん、ありがとう」


307VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 02:47:14.23 ID:0OqUi9kTO
平沢家


憂「ただいま…」

唯「あっ憂!大変だよ!」

憂「…どうしたの?」

唯「実は今日あずにゃんが部活来なかったの!」

唯「風邪かな?何か聞いてない?」

憂「……」

唯「うい?」

憂「……ごめんね、何も聞いてないよ」

唯「そっか…」


308VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 02:53:10.71 ID:0OqUi9kTO
唯「あずにゃんどうしたんだろう…」グゥ~

唯「えへへ、ごめんごめん」

唯「とりあえずご飯でも食べ…」

憂「ごめんねお姉ちゃん…私今日疲れてるの…」

憂「もう寝ていい…?」

唯「えっ…うん…」

唯「大丈夫?」

憂「……」

唯「憂…?」

憂「……」

唯「……」

唯(もしかして…憂にも愛想尽かされちゃった!?)ガーン


310VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 03:01:08.79 ID:0OqUi9kTO
憂の部屋


憂「……」

憂「…純ちゃん…梓ちゃん……」

憂「……」

憂「結局私…二人に何もできなかった…」

憂「私…やっぱり駄目だよね…」

憂「できた子なんかじゃ…ないよ…」

憂「……」

憂「……」

憂「……グズッ」

憂「うっ…うぅ…」ポロポロ


311VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 03:05:12.07 ID:0OqUi9kTO
純「……」ボーッ

2号「にゃー…」

純「2号…」

2号「にゃー」

純「……私は大丈夫だから…フリーザと遊んでな」

2号「にゃー…」

純「……」

純「……」

純「……」

純(明日二人に…会いたくないな…)


313VIPがお送りします[sage]:2010/07/19(月) 03:05:49.72 ID:SVFTsVmB0
シリアスシーンにフリーザでてくんなwww


361VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 17:28:35.50 ID:0OqUi9kTO
翌日

キーンコーンカーンコーン


憂「おはよう」

女「おはよー」

女「今日暑いね」

憂「そうだね…」

純「……」

憂「あっ…」

純「……」

憂「純ちゃ…」

純「……」

憂「……」


362VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 17:31:36.16 ID:0OqUi9kTO
純「……」

憂(純ちゃん…)

梓「あっ…」

憂「梓ちゃん…」

純「……」

梓「……」

純「……」

梓「……」

憂「……」


364VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 17:37:04.00 ID:0OqUi9kTO
昼休み

キーンコーンカーンコーン


純「……」ガタッ

憂「あの…純ちゃん…」

憂「お弁当…」

純「……」スタスタ

憂「あの…」

純「……」スタスタ

憂「……」

憂(あれ…梓ちゃんは…?)


365VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 17:43:53.21 ID:0OqUi9kTO
憂「……」

憂(二人とも…どこ行ったんだろう…)

憂「……」

憂(いつもなら三人で食べてるのに…)

憂「……」

憂「……」パクッ

憂「……」モグモグ

憂「……」

憂(美味しくない…作り方間違えちゃったかな…)


366VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 17:47:19.22 ID:0OqUi9kTO
音楽室



梓「……」パクパク

梓「……」 モグモグ

梓「……まずい」

梓「……」

ガチャッ

梓「!」

紬「あら?何してるの梓ちゃん」


367VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 17:53:17.69 ID:0OqUi9kTO
梓「ムギ先輩…どうして…」

紬「トンちゃんにご飯あげようと思って」

梓「あっ…」

トンちゃん「…」プカプカ

紬「梓ちゃんもここでお昼ご飯?」

梓「……」

紬「…よかったら、私たちのクラスに来る?」

梓「…いいです…トンちゃんと一緒で」

紬「そう…」


368VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 17:57:37.34 ID:0OqUi9kTO
紬「はいトンちゃん、ご飯よ~」

トンちゃん「パクッ、パクッ」

紬「うふふ、いっぱい食べてね」

紬「食べないと元気でないから」

梓「……」

紬「さてと、私はそろそろ戻りましょう」

紬「梓ちゃんは今日部活に来る?」

梓「…すいません、休ませてください」

紬「分かったわ、みんなには言っておくね」

紬「じゃあ…」

ガチャッ、バタン

梓「……」


370VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:02:08.65 ID:0OqUi9kTO
屋上


純「……」

純「……」

純「……はぁ」

純(もうやだ…帰りたい…)

純「……」

唯「わっ!」

純「きゃっ!?」


376VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:09:58.43 ID:0OqUi9kTO
唯「えへへ、ごめんね驚かせちゃって」

純「ゆ、唯先輩…どうしてここに…」

唯「ムギちゃんに外が気持ちいいから屋上行ってみなって言われたから」

純「え…は?」

唯「風が気持ちいいねー」

純「は、はぁ…」

純「……」

唯「…憂と何かあったの?」

純「!」


378VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:15:15.02 ID:0OqUi9kTO
唯「憂ね、朝から元気なくて…」

唯「あずにゃんも部活休んじゃうし…」

唯「純ちゃんは何か知らない?二人と仲良いんでしょ?」

純「……知りません」

唯「…そっか」

純「……私」

唯「え?」

純「…なんでもないです」

純(私…二人のこと分かんなくなっちゃった…)


379VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:21:40.13 ID:0OqUi9kTO
放課後


紬「今日も梓ちゃんは休みですって」

律「大丈夫なのか?あいつ」

紬「どうかしら…風邪とかではないみたいなんだけど」

澪「心配だな…」

唯「……」

紬「…ねぇ唯ちゃん」

唯「え?」

紬「唯ちゃんに一つ、お願いしてもいいかしら?」


380VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:29:17.03 ID:0OqUi9kTO
帰り道


純「……」

純「お腹すいた…」

純(そういえばお昼何も食べてないんだった…)

純「……」グゥ~

純「うぅ…」

憂「あの…純ちゃん…」

純「!」

憂「……」

純「憂…」


381VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:34:07.82 ID:0OqUi9kTO
純「……」

憂「……」

純「…バイトは?」

憂「今日はないよ…」

憂「ジャズ研は?」

純「…サボり」

憂「……」

純「…じゃあね」

憂「待って純ちゃん…」

純「憂は…梓の側にいてあげなよ…」

純「私なんてどうせ…」


383VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:39:42.67 ID:0OqUi9kTO
憂「純ちゃんだって…ほっとけないし…」

純「憂はさ…どっちが好きなの?」

憂「え…?」

純「私と梓、どっちが大切なの?」

憂「そんな…どっちって…」

憂「決められるわけないよ!二人とも大切なのに…」

純「…嘘だよ」

憂「純ちゃん…?」

純「憂は私より…梓の方が好きなんでしょ?」


384VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:44:48.12 ID:0OqUi9kTO
憂「なに言って…」

純「だってそうじゃん…昨日だって私を置いて梓追いかけたんだし…」

憂「…っ」

純「休みの日だって、よく二人で遊んだりするんでしょ?」

純「軽音部って共通の話題もあるし…」

憂「純ちゃん、それは違うよ!」

純「何が違うの!?そうでしょ!!」


386VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:54:24.44 ID:0OqUi9kTO
純「ど、どうせ私なんて…憂にとってはただの顔見知り程度にしか思ってないんでしょ?」

憂「違うよ、話を聞いてよ純ちゃん!」

純「違くない!!憂は私より梓が好きなんだ!!」

純「私のことはほっといて梓の所に行けばいいじゃん!!」

憂「純ちゃん…」

純「それとも何?憂にとってはやっぱりお姉ちゃんが一番なの?」

憂「…!?」

純「そうだよね、憂はお姉ちゃん大好きだもんね!?お姉ちゃん以外必要ないんでしょ!」

純「どうせ私のことなんか眼中に……」


パシーーーン


純「っ?!」


389VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 18:57:44.88 ID:0OqUi9kTO
憂「ひどいよ純ちゃん…どうしてそんなこと言うの?」ポロポロ

純「憂…」

憂「純ちゃんなんて大っ嫌い!!」タタタッ

純「……」

純「……」

純「…ははっ…嫌われちゃった…」

純「本当に…何であんなこと言ったんだろう…」ポロポロ


391VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 19:04:15.87 ID:0OqUi9kTO
憂「……」

憂(どうしよう…あんな事するつもりじゃなかったのに…)

憂(もう私たち…昔の関係に戻れないのかな…)

憂「……」

憂(全部私のせいだ…私がちゃんとしていないから…)

憂(純ちゃんも…梓ちゃんも…)

憂(二人とも傷つけちゃって…)

憂「……」


ガチャッ


憂「ただいま…」

唯「あっ、憂お帰り~」トテトテ


392VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 19:10:46.94 ID:0OqUi9kTO
憂「お姉ちゃん…」

唯「憂、ちょっと来て来て」

憂「え?」

唯「実は今料理作ってるんだー♪」

憂「料理…お姉ちゃんが?」

唯「うん、いつまでも憂に苦労かけるわけにはいかないしね」

唯「愛想尽かされないよう頑張らなきゃ!」フンス

憂「そんな…お姉ちゃんがすることはないよ…」

憂「私が全部やるから…ちゃんとやるから…」

唯「…憂」

唯「一人で頑張らなくたって…いいんだよ?」


394VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 19:16:53.88 ID:0OqUi9kTO
憂「え…?」

唯「憂、いつも一人で何でも背負おうとするじゃん」

憂「……」

唯「アルバイトのことだってなかなか話してくれなかったし…」

憂「でも…お姉ちゃんに迷惑かけたくないし…」

唯「迷惑なんて全然!むしろ大歓迎だよ!」

唯「だって私は、憂のお姉ちゃんなんだから!」フンス

憂「お姉ちゃん…」


395VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 19:24:54.12 ID:0OqUi9kTO
憂「……」

唯「…もともと私が憂に何でもやらせてたのが悪いんだよね」

憂「ち、違うよ…」

唯「ううん、そのせいで憂に気苦労ばかりかけてた」

憂「……」

唯「なので、今日から私は…」

唯「憂が誇れるような立派なお姉ちゃんになります!」

憂「……」

唯「…だから悩みがあったら何でも言って、全部受けとめてあげるから」

憂「お姉ちゃん…」

唯「憂は私の妹なんだから、甘えたっていいんだよ?」

憂「お姉ちゃん…お姉ちゃん…」グズッ

憂「うああああああああん!!」

唯「よしよし…」ナデナデ


400VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 19:32:57.32 ID:0OqUi9kTO
憂「グズッ…私が…私のせいで…ズズッ…」

憂「純ちゃんと…っ…あ、梓ちゃんが…グズッ」

憂「私のせいで…ウグッ…」

唯「だいじょーぶ、だいじょーぶ…」

唯「憂は悪くないよ…誰も悪くないから」

憂「うぐっ…ふうぅ…っ…」

唯「憂は…今までずっと一人で辛かったんだよね」

唯「今日はたくさん泣いていいから…」

唯「明日は笑えるようにしようね?」

憂「グズッ…ウグッ…うああああああああん!!」

唯「よしよし…よしよし…」ナデナデ


402VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 19:39:18.24 ID:0OqUi9kTO
Prrrr、Prrrr


紬「もしもし、唯ちゃん?」

紬「……」

紬「そう…そうだったの…」

紬「うん…分かってるわよ」

紬「……」

紬「大丈夫、きっと仲直りできるから」

紬「信じましょう、ね?」

紬「…うん、じゃあまた明日ね」

ピッ


403VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 19:43:05.15 ID:0OqUi9kTO
純「……」


2号「にゃー!」

バシッバシッガシッ

フリーザ「…」

2号「ふしゃー!」

バシバシッドシッ

フリーザ「…」

2号「にゃー!」

ザクッ

フリーザ「…」ボロッ

2号「にゃー!?」


純「……」

純「……」

純「……」


406VIPがお送りします[sage]:2010/07/19(月) 19:45:54.51 ID:A0K7f17vO
フリーザァァァァァァァァァァ!!?


418VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 21:02:28.68 ID:0OqUi9kTO
翌日、音楽室


紬「重大発表~♪」

唯「待ってました!」パチパチパチ

律「な、なんだ?」

澪「さぁ…?」

紬「今日は部活を中止して、みんなに頼みたいことがありまーす」

律「えっ、お菓子ないの!?」

澪「頼み事って…なんだ?」

紬「それは私からじゃなくて、彼女から…」

ガチャッ

憂「こ、こんにちは…」


419VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 21:06:22.03 ID:0OqUi9kTO
梓の家


梓「……」

梓「……はぁ」

梓「……」

梓(何もする気が起きない…)

梓(もう学校行きたくないよ…)

梓「……」


ピンポーン


梓「…?」


421VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 21:11:30.01 ID:0OqUi9kTO
ガチャッ


梓「はい…」

澪「やぁ、梓」

梓「み、澪先輩?」

澪「体調はどうだ?みんな心配してるぞ」

梓「すいません…」

澪「…あ、あーそうだ!アイス買ってきたんだったー!」

梓「?」

澪「と、溶けないうちに中に入って食べよう、な?」

梓「は、はぁ…」


424VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 21:18:43.69 ID:0OqUi9kTO
澪「梓の家はCDがいっぱいだなー」

梓「……」

澪「そ、それにしても今日は暑いなー」

梓「……」

澪「こ、こんなに暑いと体調不良になるのも仕方ないなー」

澪「私も気をつけなくちゃー」

澪「あははー」

梓「……」

澪「あ、あははー…」

梓「……」

澪「……」

澪(ムギ!私には無理だ!!)


427VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 21:25:31.43 ID:0OqUi9kTO
さっき



紬「実は憂ちゃん、梓ちゃんたちと喧嘩しちゃって…」

憂「……」

律「喧嘩かぁ…」

紬「それも相当激しい喧嘩だったみたい」

紬「おかげで三人の関係が完全に崩れちゃって…」

憂「……」

澪「そ、そんなにひどいのか…」

唯「だからみんな!私たちが仲良くなれるよう手伝ってあげようよ!」


430VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 21:33:36.03 ID:0OqUi9kTO
律「手伝って言っても…正直余計なお世話じゃないのか?」

紬「もう彼女たち三人じゃどうにもならないのよ…」

憂「……お願いします、みなさん」

澪「憂ちゃん…」

憂「わがままを言って申し訳ありません…でも」

憂「話ができる場を作ってもらえるだけでいいんです…どうかお願いします」

律「んー…」

唯「りっちゃん!」

律「まぁ、他ならぬ憂ちゃんが私たちを頼ってんだし…」

律「やるしかないよな!」

唯「さすがりっちゃん!」

澪「や、やるって…どうやって?」

律「とりあえず外に引っ張り出して話し合いさせればいいんだろ?まずは説得だ」

律「澪は梓担当な」

澪「えぇっ!?」


434VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 21:39:11.22 ID:0OqUi9kTO
梓の家


澪(そんなこんながあって今梓の家にいるけど…)

梓「……」

澪(無理だよ、気まずいよ…)

澪(どうすればいいんだ…)

梓「……」

澪「……あ」

澪「暑いなー」

梓「夏ですから…」

澪「あ、そうだよな…」

梓「……」

澪「……」


436VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 21:46:27.87 ID:0OqUi9kTO
澪「……」

梓「……」

澪(思いきって話しかないか…)

澪「…な、なぁ梓」

澪「憂ちゃんたちと喧嘩したんだって?」

梓「!」

澪「憂ちゃんから聞いて…その…えっと…」

梓「…憂とは喧嘩してません、先輩たちにも関係ありません」

澪「あっ、うん…そうだな…」

澪「……」

梓「……」

澪「…いや、やっぱりこんなの駄目だ」


438VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 21:54:26.93 ID:0OqUi9kTO
澪「ずっと仲良かったんだろ?なのにこのまま喧嘩別れなんて寂しくないか?」

梓「……」

澪「…私も似たような経験があるよ」

梓「え?」

澪「小学生の頃な、律と一緒に生き物係をやってて亀を育ててたんだけど…」

澪「律ったらエサ担当だったのにそれを忘れてて、その亀は結局死んじゃったんだ」

梓「……」

澪「その事が原因で大喧嘩しちゃってな、お互いもう絶交だなんて言って別れちゃって」

澪「…その後かな、心の中に大きな穴がぽっかり空いたみたいに感じたのは」

梓「……」


442VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:05:20.88 ID:0OqUi9kTO
澪「何にもやる気が起きなかったなー…律と喧嘩してからは」

澪「自分にも非はあるのに、なかなか認められなくて…」

澪「それでも、心のどこかでは律と仲直りしたいと思って…」

澪「結局、答えが出ずに黙り込む毎日だった…」

梓「……」

澪「けど、その後ちゃんと律と仲直りできてさ…」

澪「あの時は嬉しかったなぁ、大切なものを取り戻せたようで…」

澪「律がいなくなって暗かった毎日が嘘のよう明るくなった」

梓「……」

澪「…梓も、本当は仲直りしたいと思ってるんだろ?」

梓「……」


444VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:11:38.52 ID:0OqUi9kTO
澪「…何かを変えたいと思ったら、自分が変わらなきゃだめなんだ」

澪「まぁ、私が言えたことじゃないけど…」

梓「……」

澪「梓は…今のままでいいのか?それとも…」

梓「…私だって」

澪「え?」

梓「私だって…みんなと仲直りしたいです…」ポロポロ

澪「梓…」

梓「でも…どうすればいいのか分からなくて」グズッ

澪「…仲直りしたいって気持ちがあるのならできるさ」

澪「私たちだってそうだった…」

梓「……」


445VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:13:14.39 ID:0OqUi9kTO
純の家


純「……」

2号「……」

フリーザ「……」

純「……」


ピンポーン


純「……」


ピンポーンピンポーン


純「……」


ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン


447VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:16:03.73 ID:0OqUi9kTO
ガチャッ


純「だれっ!?」

律「よっ、佐々木さん?」

純「…鈴木です」

律「あっ、そうだったそうだった」

純「…なんですか?」

律「ちょっと上がるよ~」ドタドタ

純「あっ、ちょっと!」


450VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:20:31.64 ID:0OqUi9kTO
律「ふぅ、涼しいなー」

純「あの…」

律「憂ちゃんたちと喧嘩したんだってー?」

純「…っ」

律「早く仲直りしろよ」

純「…先輩たちには関係ありません」

律「梓もおんなじ事言ってそうだな、それ」

純「……」

律「…しょうがない、じゃあちょっと昔話をしよう」


451VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:24:28.24 ID:0OqUi9kTO
律「あれは小学生の時だった…」

律「クラスで亀飼ってて、私と澪は係でそれを育ててたんだよ」

律「けど澪のやつ、水槽をちゃんと洗ってなかったから亀死んじゃってなー」

律「その事があって大喧嘩!あの時はつらかったー…」

律「でも今は仲直りして大の親友!てへっ☆」

純「……」

律「あれー…?」


457VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:32:01.04 ID:0OqUi9kTO
律「ま、まぁ私の言いたいことは…」

純「…いいですよ、別に」

純「仲良くしろって言いたいんですよね?」

律「う、うん…」

純「でも無理です…私二人に嫌われちゃったし」

律「……」

純「最低な人間なんです、私…」

純「二人のこと傷つけて…」

純「それなのに仲直りなんて…今さらできませんよ…」


459VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:35:39.50 ID:0OqUi9kTO
純「……」

律「……」

純「……」

律「…はぁ」

律「ずっと黙ってるけど、言いたい事はそれだけか?」

純「……」

律「なら聞くけど、お前にとって憂ちゃんってなんだ?」

純「憂……」

純「憂は私にとって…大切な存在です」

律「じゃあ梓は?」

純「……」


460VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:41:15.14 ID:0OqUi9kTO
純「梓は…ズルいです」

純「先輩たちの所にもちゃんとした居場所があるのに…私と憂の所にもいて」

純「それでいて、私より色んな人と仲良くて…」

律「……」

純「でも…とういことは…」

純「私も…梓と仲良いってことなんでしょうか…」グズッ

律「…親友なんだろ?」

純「……」ポロポロ


464VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:47:12.42 ID:0OqUi9kTO
律「私さ、澪と仲直りした時気づいたんだ…」

律「澪はかけがえのない親友なんだって…」

律「私は馬鹿だったよ、失って初めてそれに気づいた」

純「……」

律「…ま、気づいてるのに見てみぬフリしてる馬鹿もいるみたいだけど」

純「……」

律「自分がどうしたいか分かってるんだろ?」

純「……」

律「…学校の音楽室行ってきな」


468VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:50:16.81 ID:0OqUi9kTO
音楽室


憂「……」

ガチャッ

憂「あっ…」

梓「憂…」

憂「……」

梓「……」

ガチャッ

純「あっ…」

憂「純ちゃん…」

梓「……」

純「……」


471VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:52:38.43 ID:0OqUi9kTO
憂「……」

梓「……」

純「……」

憂「……」

梓「……」

純「……」

憂「……」

梓「……」

純「……」

憂「あの…」


474VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 22:58:26.07 ID:0OqUi9kTO
憂「今日は二人に…謝りたくって来てもらったの…」

梓「……」

純「……」

憂「私…私が中途半端だから二人を傷つけちゃって…」

梓「……」

純「……」

憂「けど…今さら言葉では伝わらないのは分かってる」

憂「だから…その…」

憂「……セッションしない?」

梓「……え?」

純「……は?」


477VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:01:25.49 ID:0OqUi9kTO
憂「ほら、前みたいにやろうよ」

憂「せっかく音楽室にいるんだし…」

梓「……」

純「……」

憂「…お願い」

憂「一度だけでいいから…」

梓「…えっと」

純「…まぁ……別に」

憂「!」

憂「ありがとう!」


479VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:04:23.00 ID:0OqUi9kTO
憂「じゃあ始めるよ」

憂「ワン・ツー!」

ジャーン♪ジャジャーン♪

梓「……」

純「……」

憂「二人とも上手だね!」

梓「……」

純「……」

梓「……純、ちょっとずれてる」

純「…梓こそ」


480VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:10:15.43 ID:0OqUi9kTO
梓「私はちゃんとやってるよ…」

純「嘘…私の方が正しい」

梓「違う、純が間違ってる」

純「梓が間違ってる」

梓「純」

純「梓」

梓「……」

純「……」

梓「純!」

純「梓!」

梓「純だって!!」

純「梓だって!!」

憂「あ、あの…」オロオロ


484VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:16:20.12 ID:0OqUi9kTO
梓「憂はどっちだと思う?」

純「私があってるよね?」

梓「違うよ、私だって!」

憂「えぇっと~…」

憂「二人ともすっごく上手だよ!」

梓「……」

純「……」

憂「…あ、あれ?」

梓「…ぷっ、なにそれ」

純「……はぁ、まったく憂は」

憂「え?」

梓「…続きやろっか?」

純「…そだね」


485VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:21:15.80 ID:0OqUi9kTO
ジャジャーン♪ジャーン♪


梓「いい感じじゃん」

純「うん、のってきた」

憂「ふふっ、楽しいね」

梓「うん…なんだかずっと演奏してたい気分」

純「ホントホント、久しぶりに楽しくなってきた」

憂(それはきっと……まぁいっか)

梓「純、なかなかやるじゃん」

純「梓も良いね」

憂「ふふふっ」


ジャジャーン♪ジャジャーン♪ジャーン♪


490VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:26:25.47 ID:0OqUi9kTO
律「なんか楽しそうだな」

唯「ムギちゃんの作戦、成功だねっ」

紬「うふふ」

澪「一緒に演奏すれば仲良くなるって…最初なに言ってるのか分からなかったけど」

澪「今ならなんとなく分かるな」

紬「本当は三人とも仲直りしたいんだもの、きっかけがあれば簡単よ」

唯「ムギちゃん天才!」


494VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:30:43.43 ID:0OqUi9kTO
律「でも純のやつ説得するの大変だったぜ」

律「小学校の時の亀が死んじゃった話してさー」

澪「あっ、私も」

澪「大変だったよな、あれ」

律「あぁ、だって…」

律澪「「お前が亀を殺しちゃったせいで喧嘩したんだから」」

律澪「「は?」」

唯「ほぇ?」

紬「あらあら♪」


497VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:35:11.47 ID:0OqUi9kTO
帰り道


憂「今日は楽しかったねっ」

純「うん、久しぶりに生き返った感じだよー」

憂「うふふ」

梓「あ、あの…純」

純「ん?」

梓「その…あの…」モジモジ

純「……」

梓「えっと…」モジモジ

純「…ごめんね、梓」

梓「えっ…」

純「私が悪かったよ、ごめん」


502VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:39:46.03 ID:0OqUi9kTO
梓「そんな…私の方こそ…」

純「ううん、私が悪い!」

純「ごめん!」

梓「ち、違うよ!私が悪いんだよ…」

梓「ごめん…純…」

憂「私からも二人に…ごめんね」

純「憂…」

憂「私たちって…自分が思ってるよりお互いのことよく知らないものなんだね」


505VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:42:49.51 ID:0OqUi9kTO
憂「今回の事で…二人の本心がちょっと分かった気がする」

梓「……」

憂「でも、嫌いなったりしてないよ?むしろ前より好きになった」

純「……」

憂「私…本当は二人のこと羨ましかったんだ」

憂「部活を一生懸命やってて…輝いてて」

憂「二人みたいになりたかった…」


507VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:50:23.53 ID:0OqUi9kTO
梓「わ、私だって憂みたいになりたいよ…」

純「私も!」

憂「うふふ、ありがとう」

純「…結局さ、三人で一年以上いたのに」

純「知らないこといっぱいあったんだね、私たち」

憂「じゃあ…これからもっと知ろうよ、お互いのこと」

憂「時間はいっぱいあるんだし!」


508VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:54:02.75 ID:0OqUi9kTO
梓「……うん、そうだね」

純「ここから再スタートかぁ…」

憂「…今日のこと、私一生忘れない」

梓「…私も」

純「じゃあ私もー!」

梓「…ぷっ」

憂「ふふっ」

純「へへー、ご飯でも食べに行こっか?」

憂「うん、行こう!」

梓「純のおごり?」

純「そんなわけないでしょ!」

憂「うふふっ」


509VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:56:52.07 ID:0OqUi9kTO
数週間後


純「憂、遅いねー」

梓「何かあったのかな?」

純「うーん…寝坊とか?」

梓「純じゃないんだから」

純「そうだよねー…って何か言った?」

梓「べっつに」

憂「お待たせー!」


511VIPがお送りします[]:2010/07/19(月) 23:59:47.50 ID:0OqUi9kTO
純「あぁ、ようやく来た」

憂「ごめんね、遅れちゃって」

純「その服よく似合ってるじゃん」

憂「そ、そうかな?」

梓「うん、似合ってるよ」

憂「ありがとう」

純「さて、早く映画館に行こっか」

梓「え?まずはショッピングでしょ?」


515VIPがお送りします[]:2010/07/20(火) 00:03:40.79 ID:XrswCU9EO
純「は?映画館!」

梓「ショッピング!」

憂「ふ、二人とも…」

純「憂はどっち?映画館だよね?」

梓「あっ、憂に聞くなんてズルいよ!」

純「いいじゃん、憂は私のこと好きなんだから!」

梓「違う!私のこと好きなの!」

憂「っ///」


518VIPがお送りします[]:2010/07/20(火) 00:07:05.12 ID:XrswCU9EO
純「あっ間違えた、私が憂好きなんだ」

梓「わ、私だって好きだよ!」

純「私の方が好き!!」

梓「私の方が好き!!」

純「私の方が大好き!!」

梓「私の方が大好き!!」

純「私の方が大大大好き!!」

梓「私の方が大大大好き!!」

憂「や、やめてよ二人とも///」


519VIPがお送りします[sage]:2010/07/20(火) 00:07:27.49 ID:w/4hZ48n0
(・∀・)ニヤニヤ


524VIPがお送りします[]:2010/07/20(火) 00:17:14.42 ID:XrswCU9EO
純「じゃあゲーセン行って勝負しようよ?勝った方が憂のこと一番好きね!」

梓「望むところだよ!」

憂「もう、二人ったら…」



過去の私たちがいるから、今の私たちがいる

再びゼロから始まる物語、それは一体どうなるのだろう。

たとえ辛くても、また三人で乗り越えることができるはず。

でも、とりあえずこの物語はおしまい。

次の物語に進むために…


憂「あっ、見て!」

梓「あっ…」

純「うわっ、すごっ!」



Fin


540VIPがお送りします[sage]:2010/07/20(火) 00:23:44.70 ID:EF/8pUsV0
おつ!!








はじめに
いつもコメント
ありがとうございます(`・ω・´)

アイテム
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)


魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
魔法少女まどか☆マギカ ねんどろいどぷち 魔法少女まどか☆マギカ エクステンションセット01 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)


初音ミク -Project DIVA- f
初音ミク -Project DIVA- f


俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
俺の妹がこんなに可愛いわけがない(11)
カウンター
アクセスランキング
info
フィードメーター - SS速
ブログランキング・にほんブログ村へ


PING送信プラス by SEO対策



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。